twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:無知 - 有料本

試し読みを開く

~アジトの炎~

人にはそれぞれ、やんわり包み込まれる「アジト」がある・・・空間、宇宙、人との団欒・・・いくらかある人の輪の中で、これほど褥に満ちた空虚はない。この未知に繋がる孤独の流れ火は、人の生き血に本性を見る。

天川裕司

試し読みを開く

~過去からの風~

風が吹くのは自然のこと。緑豊かな夢の内には、模造が飛び込む虚ろがあった・・虚無と光の幻想から見た、遠い宇宙の広さは、人の鼓動に膨大なる呼吸を呼んだ。

天川裕司

試し読みを開く

~怪物~

人が持つ「怪物」とは何なのか?カイブツ、、、その言葉通りに姿を追えば、つくづく、自分の内にも居るような気がする。あなたが怖がるカイブツ、またはあなたが居てほしいと思えるカイブツを思い描いて、読んでみて下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~琴~

琴に込められた無性の哀しさ・・・それはある女性から出た、春琴にみられた哀しさでもある。無秩序に並びたてられた「人の孤独」というものは、また無秩序を装い、人の見知らぬ「宇宙の果て」まで帰還していく。男と女。男女に塗られた木漏れ日から得た残像は、ふっと、命を知らない乳児を生んだ・・・

天川裕司

試し読みを開く

エメラルドのつめ

ある英国の片田舎。令嬢が住む家では「ある計画」が進められていた。それはもう令嬢の家では伝統的な計画。ある日、令嬢の元恋人がその家を訪れ、令嬢にある脅迫をしてきた。令嬢のつめは「スター効果」を表し始める・・・

天川裕司

試し読みを開く

~賜物の怪(け)~

奇怪な森の中に入り込み、出口を見つけられなくなった男と女。けれど二人は見知らぬ間柄。気まずい雰囲気の中、ふつうは女の方が恐怖するのに、なぜか男が恐怖を知った。そんなとき、突然二人を襲う怪しい生き物が闇の中から飛び出した・・・!

天川裕司

試し読みを開く

~修道の悪女~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~生~

勇気と無謀はどこが違うのか?生きることと死ぬことはどこが違うのか?人と動物とはどこが違うのか?人はいま目に見えている自然を、本当に把握できているのだろうか?信じることと知っていることは果して同一のものなのか?生きる上での覚悟が如実に語られる。

天川裕司

試し読みを開く

~続・ハリー・ポッターの世界~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~エンパイア~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~有美(ありみ)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~言葉限りの白紙の祭り~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~集大成~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~相人(あいじん)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

『思記』より~『現代日本人』から~

前作の『思記』に同じく、90年代前半から、ずっと書き認めてきた内容です。もの思う葦のように、生活していて思った事を気持ちにそよがせ、そのままを書き綴っています。あなたの気晴らしや、もの思う時に、傍らに置いてやって下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「正直」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「灰汁」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「六月の自立」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「『あこがれ』(改行法・行間、字間のスペース等は原文儘)」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

僕の愛した彼女

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司
« 前のページ 1 2 3 4