twitterアカウントでログイン

作品検索


- タグ:孤独 - 無料本

この本を開く

ひとりじゃない

【小・中学生向け図書】 四編の作品に出てくる人や生き物たちは、みんなひとりでは生きられないものばかりです。助け合う。協力し合う。ゆずり合う。手をつなぎ合う――。そうやって、みんなは生きているのです。 自分はひとりじゃない。ほかの人や生き物たちも、ひとりで生きているのではない。みんなが命というもので、...

星野廉

この本を開く

NOT BREAK

孤独を生きたありふれた男がついに手に入れた家庭の幸福。美しい妻。そしてたった一人の娘。けれども、月日とともに妻とのすれ違いは大きくなり、男は娘の涙と微笑みを見ながら愛について独白を重ねていく。

朝森 顕

この本を開く

ダメな男は、いつでも、ハードボイルド

ありふれた二十代の男は何を考えて生きているのだろうか?まるで特別ではない人間の2013年の日記。29才崖っぷちの平凡な男の大したことのないつぶやきと日々の雑感、一覧。まるで無料というのが本当に似つかわしい言葉の一群です。

朝森 顕

この本を開く

人の拠り所

地球上の全ての人は、皆、兄弟姉妹である。キリスト教の神様の下で、人はどのように生きて行くべきか?人は迷うに決ったものである。その迷いを、全て取り去って下さるのは、神様による愛である。概要については、本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

桜の森の満開の下 坂口安吾/Raptor

満開の桜の森、女の美しさ、山の生活、都会の生活、孤独と退屈…。読み手の想像力をかき立て様々な解釈を可能にする、安吾からの挑戦状。果たして男は永遠の孤独世界を手に入れたのか?-桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。坂口安吾(さかぐちあんご)/1906~1955年新潟県出身東洋大学文学部印度哲学...

RaptorBooks

この本を開く

ナタリーの生家

高慢で孤独な「ナタリーの生家」の目の前に、ある日突然「新しい家」が現れて……。総合文芸誌『新樹くらぶ』第47号(2010年5・6月号)、特集「生家」内に掲載の短編。*この作品には、翌年(2011年)3月11日に起きてしまったあの東日本大震災を連想させるような記述が期せずして(予言でもあるかのように)...

せり~ぬ少納言

この本を開く

夢の城

1970年頃のヨーロッパのとある架空の都市・町村を舞台にした、両親のいない孤独な兄と、彼の妹たちの長編物語。あらすじ。孤独で、夢想家の主人公、シレールはドシアンという片田舎で目下一人暮らし。1年前に亡くなった飼い犬のことを思い出したことをきっかけとして、自分の身に起こった様々なことに、取りとめもなく...

sylaire

この本を開く

どんな女性を美しく感じる?

2011年に書いた日記より抜粋。雑文、エッセイなど…。『最後に人を愛したのは』の続きです。あの後の足跡や雑感をまたまとめてみました。愛や孤独や喪失感や生活感…誰もが感じる当たり前のことごく平凡な人間がごく平凡な言葉で綴ります。かつて27才だった普通の男の普通の独白です。もしお時間がよろしければ、よろ...

朝森 顕

この本を開く

夢の城4

失踪したセーラはその後、老人との別れ等、その他苦い経験を経たのち、現在の、穏やかで充実した暮らしに至る。兄は、そんな妹の現在を見たのち、次なる目標に向かって、ルブライラを去っていく。追伸。このたび、この章の一部の朗読アプリができましたので、アンドロイド型スマホをお持ちの方は、Playストアの中のアプ...

sylaire

この本を開く

半身

親友を亡くした私の話(フィクション)親友の死から始まる、女子大生の追悼とモラトリアムとの格闘の日々。全編を通して執筆中はWinoさんの『太陽は夜も輝く』を聴いていました。何故かはわからないけれど、この曲をかけないと筆が進まなかったので、この曲には大変感謝しております。どうもありがとうございました。

K Eriko

この本を開く

夢の城7

猫の死後、レオノールは木こりとなり、リディアが寂しい生活を送っているとき、年上の孤児レオンがやってくる。やがて、リディアは成長し、上級学校に進学するが、そこでトランペット吹きのモーリイと出会う。

sylaire

この本を開く

夢の城10

孤児院に入ったシレールは、やがて不良仲間と出会い、孤児院を脱走して港町セルッカにやって来る。そこで、苦しい生活をしているなか、カリーンと出会う。また、しばらくして、海辺の町で偶然にも、妹たちと再会する。やがて、彼女たちは兄を助けるためにセルッカにやって来るが…不良仲間のボス、レビが招いた抗争事件に巻...

sylaire

この本を開く

鰯の独白

弱い魚、イワシのモノローグ。大海を群れる一匹のイワシは何を思い泳ぎ続けているのか。

朝森 顕

この本を開く

小さな愛のものがたり

すべての〝 双子の魂 〟に贈る、、、☆彡 お互いを〝 ひとつの命 〟と感じ、共に生きる〝 ふたりの葉っぱ 〟たち・・・彼らが見るものは、いずれふたりが紡ぎだす、永遠という名のものがたり・・・☆彡 私たちは、孤独の先に、再会の喜びがあることを知る、、、何度も生まれ変わり、何度も死に変わり、そうして私た...

この本を開く

星と霧

人類亡き後に一人廃墟の町をさすらう青年。その孤独な人生と夢想とを、心境小説風ファンタジーとして描いてみました。

夢遊星人

この本を開く

孤独ならくだ

孤独との対話

大きな水

この本を開く

孤独の仕業

所長選定名言集です。周りの人に言われたこと、本から、自分の高校時代の日記のもあります。人っていいなとか思える本です。

みずたま研究所

この本を開く

リグレット~後悔の夏~

忘れた殺人を犯し、医療少年院に収監されている菊池明生は、見知らぬ少女哀夏に導かれ、あるひと夏をやり直すこととなる。心が壊れた美羽。明るいがどこか影のある由香里。賢い哀夏。三人の少女との不思議で淡い夏が、主人公明生からはじまる・・・・・・

天倉永久

この本を開く

孤独

冷たい雨   

伊藤すいか

この本を開く

昼の酒

静かな時間

伊藤すいか
« 前のページ 1 2