twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:現代語訳

32円
1

試し読みを開く

【あらすじ】私が十七歳だった秋の初めのこと、寄宿していた塾で、ぱらぱらという小石が打ち付けるような音...
32円
2

試し読みを開く

【あらすじ】金沢市の郊外に位置する黒壁は、魔境として国中に知られている。そこには一つの山の集落があり...

この本を開く

 父である帝によって臣下に下った「光源氏」。その栄華と衰退。

この本を開く

源氏は、「中の品の女」を求め、ある「女」を手に入れる。その名は「空蝉」。。。
32円
5

試し読みを開く

【あらすじ】昔の屋敷町の、荒れ果てた土塀が今もそのままになっている裏小路。桃も桜も、真紅の椿も濃い霞...
270円
6

試し読みを開く

泉鏡花の代表作の一つ「春昼・春昼後刻(しゅんちゅう・しゅんちゅうごこく)」の現代語訳。【あらすじ】夢...
32円
7

試し読みを開く

【あらすじ】ある年の初秋、帰省先の金沢から東京へ帰る際のこと、汽車の駅のある敦賀へ通じる新道が崖崩れ...
43円
8

試し読みを開く

【あらすじ】二階で机に向かっている家の主人のところへ、女が一枚の葉書を持ってくる。それは主人の親類に...
43円
9

試し読みを開く

【あらすじ】あまり通る者もない山越えの路、栃の木峠に、蔵屋と鍵屋という二軒の旅籠が向かい合って立って...
162円
10

試し読みを開く

泉鏡花の名作「義血侠血(ぎけつきょうけつ)」の現代語訳。【あらすじ】ある夏の日、馬丁とは見えない男の...
65円
11

試し読みを開く

【あらすじ】お通は、従兄にあたる謙三郎と相思相愛の仲であったが、親の遺言により陸軍尉官近藤の妻となる...
32円
12

試し読みを開く

【あらすじ】銭湯松の湯の脱衣場に女が一人、亭主と子どもの入浴の様子を眺めながら座っている。猛者のよう...
162円
13

試し読みを開く

泉鏡花の名作戯曲「夜叉ヶ池」の現代語訳。【あらすじ】文学士山沢学円は、見物学問の帰り道、三国ヶ岳の麓...
32円
14

試し読みを開く

【あらすじ】夫の少尉が病を得て、経過も良くないとの知らせを受け取った民子は、冬の日の午後、老僕を供に...
162円
15

試し読みを開く

泉鏡花の名作怪談「眉かくしの霊」の現代語訳。【あらすじ】境賛吉は、旅の途中、奈良井の駅で急に泊まりた...
32円
16

試し読みを開く

【あらすじ】かるた会、氷柱、花見船、蛍、夕涼み…一月から十一月、各月の風物に季節の花々を散りばめた背...
32円
17

試し読みを開く

【あらすじ】いろいろな雛がある。どれもしおらしくいとおしいものだ。北国では、三月はまだ雪が消えないか...
32円
18

試し読みを開く

若菜のうち‐泉鏡花 現代語訳集別冊14【あらすじ】彼岸もかなり前に過ぎた暖かい春の日、修善寺の新井と...
76円
19

試し読みを開く

【あらすじ】紅色の雪が一面に降り積もったような躑躅の丘に上り、きらきらとした羽虫を追いかけて道を見失...
32円
20

試し読みを開く

【あらすじ】夏の初めの、ある夕方、我が家の出窓の外を美しい声の苗売りが通りかかった。それを呼び止め、...

« 前のページ 1 2 3 4