twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - タグ:AGE OF PROPAGANDA - 無料本

この本を開く

氷の世界・灼熱の世界(12)

四 FAN

阿門 遊

この本を開く

君のイマジネーション

風間育子は何か物を書く仕事に就きたいと考えていた。育子とフリーライターの姉・風間徳子の交流を描く。

雨音多一

この本を開く

魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女 43

ポピーは魔法の世界に住む少女。その世界では「キャビッチ」という、神から与えられた野菜で魔法を使う――「食べる」「投げる」「煮る」「融合」など。13歳になったポピーは、新たに「シルキワス」という伝統の投げ魔法を会得し、充実した毎日を送っていた。そんなある日ポピーは母親に頼まれて、祖母の家までおつかいに...

葵むらさき

この本を開く

かつて「3200億円」を考えたことがある

「3200億円」は如何な貢献の対価なのか。 その莫大な利益は社会に如何な便益を提供したことの、社会に如何な貢献をしたことの対価であるのか。

野島明

この本を開く

らくだ図書館(90)

常木らくだの小説投稿ブログ、2019年9月1日~30日掲載分です。

常木らくだ

この本を開く

「獰猛」はヒトにこそ

このヒト、獰猛極まる「動物食派」であろうな、思わせてくれる御仁がいた。

野島明

この本を開く

日本の城めぐり ~城郭遺構探訪記~

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土地の土豪の邸址、実戦向けに造られた中世の砦、ひっそりと碑だけが残る遺構など、それぞれの時代の様々な人々の歴史の史跡と面影を訪ねます。

田中 賢史(たなかまさふみ)

この本を開く

新しい本を書いてます。1st Trilogy  【Final theorem】

プログラミングの知識は不要です。ワンクリックで実装していく。数学の知識必須。(知識なくても、実装はできます。)

vladmir&yuna

この本を開く

あらかじめ、ごめんなさい

イスラムのどこにどう触れれば涜神になるのかなんて全く分からないほどイスラムのことなんか何も知らないから、……

野島明

この本を開く

「ウルフガイ」シリーズの大ファンであった私だ

「ウルフガイ」については敢えて触れない。知る人ぞ知るで十分。

野島明

この本を開く

魚類を気遣う

私が魚類に向けてきた眼差しと、サイやチーターといった稀少動物に向けてきた眼差しとは、著しい対照をなしていたことを私は認める。

野島明

この本を開く

エロ坊主が大手を振って犯罪的エロごとに励むカトリック教会

神父が子供に性的虐待をしていたなんて話しを耳にしても今さら驚くわけのものではない

野島明

この本を開く

ホラーマンション

連載マンガ

T出版

この本を開く

引用不可? 引用不可能?

聖書からの引用(反吐が出るほど陳腐)とポール・ハーヴィー[Paul Harvey] (注1)の"News and Comment"からの引用

野島明

この本を開く

投票 常に究極の選択

私の居住する選挙区では、どうにも投票意欲をそそらぬ候補者二人のうちから否が応でも一人を選ばねばならない(国政選挙では棄権しないことにしている)。

野島明

この本を開く

対照群10名(男児7名、女児3名、平均年齢6歳10ヶ月、SD2歳4ヶ月)に無作為に割り付けられた。

対照群10名(男児7名、女児3名、平均年齢6歳10ヶ月、SD2歳4ヶ月)に無作為に割り付けられた。

euq003

この本を開く

風狂(第63号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

運動機能の高い対象者ばかりであったこともあり、等張性筋力について検討をしなかった。

運動機能の高い対象者ばかりであったこともあり、等張性筋力について検討をしなかった。

eup003

この本を開く

運玉ギルー(少年探偵団3)編集済みバージョン

華やかな美貌を持ち合わせた少女と伝説的盗賊との出会いをパラレルワールドにて二面性を持ちつつ壮大に描いたシリアスでいて痛快作。小説家で詩人の滝川寛之二期作品において代表作といえる少年探偵団シリーズ第三弾。

小説家で詩人の滝川寛之

この本を開く

オーミチャー(少年探偵団2)編集済みバージョン

容姿に恵まれない少女の皮肉な生涯を描いた衝撃作。偽りの幸せとは何なのか?そしてまた、どうすれば人生を変えることができるのだろう?混沌とした闇社会の中でたくましく生きる姉弟。行き着いた結論とは?小説家で詩人の滝川寛之、二期作品における代表作、少年探偵団シリーズの第二弾(2018年作)を、とくとご賞味く...

小説家で詩人の滝川寛之
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10