twitterアカウントでログイン

作品検索


- タグ:月 - 無料本

この本を開く

『赤のミスティンキル』 第一部

これは、アリューザ・ガルドという世界において紡がれる物語の一つ。大いなる魔法の力、 “魔導”を巡る物語。そして膨大な赤い魔力持つ龍人の若者、ミスティンキルの物語。彼が月の世界で、恋人の有翼人ウィムリーフと共に、魔導の封印を解き放ち、すべてが始まる。気高き龍が、鮮やかな魔法が、そしていにしえの魔導師が...

大気杜弥

この本を開く

空と雲と、ときどき月

真下魚名の写真集 その1

真下魚名

この本を開く

イーデルト・クローデリアと夜のおはなし

イーデルト・クローデリア。 それは神子の目を持つ異形の娘に与えられた名前。目が覚めると待っていたのは、とこしえの夜だった。 これは、忌み嫌われ愛される娘と、夜の現身の邂逅の一幕。【本編4頁+おまけ】

ihura

この本を開く

月の裏で逢いましょう

ただ・・・想いのままに←毎日更新中ですが下書きなしで書いてます。後で訂正入れるかも・・・ど素人なのでコメントいただければ嬉しいです→引き続き『月の裏で逢いましょう2~彗星の乾いた悲鳴』にて更新中です☆☽☆

弥馬都_YAMATO

この本を開く

月の裏で逢いましょう2~彗星の乾いた悲鳴~

『月の裏で逢いましょう』の続き本です。ページが増えたので2冊目作りました。相変わらず自由に想いのまま不思議な感覚で綴り続けています☆☽☆覗いてくれて ありがとう。感じたままコメント下されば幸せです☆☽☆

弥馬都_YAMATO

この本を開く

月にレインボー 前編

1センチほどの小さなアリが、月をめざして一生懸命に頑張ります。とにかく無茶苦茶頑張ります。どうやっていくつもりなのか? 果たしていけるのだろうか?

sennmi

この本を開く

月にレインボー 後篇

真夏の厳しい日差しの中を、七匹の小さなアリが、大切な夢を持って、月をめざします。ところで狼男は存在するのだろうか?

sennmi

この本を開く

月の裏で逢いましょう の囁き~青い炎~

初作品の『月の裏で逢いましょう』の作品から生まれました。キーワードになる言葉をゼヒ呟いて下さい。その言葉を織り込んで作品を創ろうと考えています☆☽☆不定期更新です

弥馬都_YAMATO

この本を開く

十一月の月を君は見たのか

気になる存在が意味するものとは?

mikatuki98

この本を開く

十三夜の蒲公英

 月の光で照らされた野原で、ウサは男の子を見つけた。それは月から来たタンポポの子だった。----- 十五夜や十三夜では昔から子供たちがお供えものを貰って歩く風習があります。 「お月見泥棒」とも言われる行事です。これは、そのお月見泥棒の夜を舞台としたお話です。

孤楽人

この本を開く

或は天心にて

パブー試し

みつ。@twitter充

この本を開く

月狂華

書き溜めていた言葉たち。

星野 澄華

この本を開く

JIT STREAM じっとストリーム

「バプー航空が…、お送りするラジオ番組…、JIT STREAM じっとストリーム皆様のご案内役は、ジョー・ミヤビです…。」

Miyabi

この本を開く

砂漠の夢

月の砂漠を旅する俺は、全てを奪った者に復讐するために、生きている。月に九つ存在するオアシスと呼ばれる楽園と、月の難民たち。予想外に始まった、奪われ続ける人々との旅路の果てにあるものは…。

月花

この本を開く

冬の月-手紙 ある懺悔のかたち-

冬の月、ある北国の街で起こったある事件の顛末。

青島耀子

この本を開く

梵[SFP0241]

2月28日公開。書きながら泣いちゃいました。これ、個人的にツボなんですが、みなさんはいかがでしょう? 宇宙船の船外活動中の事故で一人宇宙空間に投げ出された男の話です。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしま...

hirotakashina

この本を開く

梔子

そっと愛でる日常のこと。

この本を開く

短歌集 追憶

今までに折にふれてつくっていた短歌を集め、まとめた歌集。春夏秋冬、月、時代、異国、京都、旅、大和路、乙女、新生、鎮魂、懐旧、老境など、人生のその時々を、短歌に託した。(第17版)(〈生命の哲学〉コレクション10.『ヘーゲル哲学を研究するー付、断片集、句歌集、評論』ミネルヴァ書房 2017年 所収、お...

小林 道憲

この本を開く

鬱々した短編集です。白昼夢・ファンタジー系です。メンタル強い方だけどうぞ。以上の説明は、現時点の状態です。本としてはまだ未完成です。一連の短編がいくつか揃ったところで、完成とします。収録:『満月』『リルケ』

K Eriko

この本を開く

花散りて。

 前に携帯コミュニティのイベントで書いたもの。夜桜の妖しくも物悲しいイメージを念頭に一息で書いた気がします。月が綺麗です。

秋乃
« 前のページ 1 2 3