twitterアカウントでログイン

作品検索


- タグ:命 - 無料本

この本を開く

ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~

ペットショップからある家族のもとへ来た1匹の犬のおはなし。子犬をかわいがる家族の環境は少しずつ変化し、やがて…。現在も毎年16万匹以上の犬や猫が人の手によって殺されています。そんな悲しい世の中で私たちは何不自由なく毎日おいしい食事をして暖かい部屋で眠っています。「命」について今より少し考える時間をも...

kaisei

この本を開く

私がビーガンになった理由

私にとって衝撃的な出来事でした。この年まで何の疑いも無く送ってきた毎日の食事。バランスよく何でも食べるのがいいと思っていました。でも、血圧は高めになり、コレステロール値は上がり、体重も増えてきました。年のせいかと思っていましたが、薬はなるべく飲みたくはないし・・・

baihaku

この本を開く

シアワセのカタチ

27年間で考えたこと。大切だと思う事。美しいもの。忘れてはいけないこと。理想と現実。きっとみんなが言葉にせずとも感じたことのある「おもい」をカタチにしてみました。

yumix0513

この本を開く

A Story of a Dog~A Wish for No More Killing of Animal Companions~

This is a story about a dog that came from a pet shop to be with a certain family. As time passed, circumstances surrounding this family who had love...

kaisei

この本を開く

カゲロウの幻

(以下、ニュアンスで察して頂けると幸いです。2010年12月20日頃に書きました) この小説は、『自殺(しようとした人を止めたが、それが人助けにつながらず)』『命』『SFや笑いの要素もある』という初期に伝え聞いたキーワードを元に、自分ならどう書くか、というチャレンジになっています。 ここしばらくの出...

弦楽器イルカ

この本を開く

いのちのたね

「いのちのたね」が「いのち」について話す物語です。

ななしむし

この本を開く

蜻蛉(とんぼ)

蜻蛉は力の限り生きた

STAYFREE

この本を開く

瀬戸物のポンタ

町の喧噪につられて町にやってきた子狸のポンタは犬に追われて逃げるために酒屋の店先の狸の置物に化けた。でも、幼いポンタは化けたものの元の体に戻る方法を知らなかった。そのまま酒屋の店先にいて、元の体に戻れないことを悲しんだり、行き交う人々に腹立たしさを向けて、人を憎んだり蔑んだり。そんな中で、ポンタは自...

塚越広治

この本を開く

花の精が生まれた

そろそろ皆さんの身の回りで咲き始めている頃です。オオイヌノフグリ。人知れず小さな青紫の花を付けて皆さんの側にいます。そんな小さな植物の小さなつぼみで生まれた花の精のお話です。小さな花と同じく、短い物語ですが、花の精はたった1日の一生の中で、私たちに何を与え、私たちは何を花の精に与える事が出来たのでし...

塚越広治

この本を開く

破滅の足音

 突然の交通事故で両親を亡くし、一人残された少女詩織は、ある大学教授の一家にもらわれ、大事に育てられる。しかし、養父の胸の奥深くにだけおさめられた秘密があった。その秘密とはいったい……? 詩織が美しく成長したころ、海外留学をしていた長男が帰国。そして二人は恋に落ちる。結婚したいと二人が両親に申し出た...

山岡瑞雪

この本を開く

結び目

平成12年、その年の長い雨の日が続いたある日、主人公である中学三年生の北谷徹平は、事故に遭って死にました。死者から見るこの世と、この世から見る死んだ徹平について、淡々と語る物語。あなたの明日へ生きる糧になれたら、うれしいです。

下町系野球っ子

この本を開く

神様が生まれた日

当然元気に産まれてくれると思っていた赤ちゃん。予定日まであと3週間という日に、突然静かに天国に行ってしまいました。悲しみに暮れる私に、前向きな気持ちを取り戻させてくれたのは、友人がくれた1冊の本でした。

ひらかわひろこ

この本を開く

最後の日

母親が父親を裏切り、父親は自殺をした。そのトラウマを抱え、女性を信じられずに孤独な人生を送る男性。ただ、たった一人彼の心を揺さぶる女性の存在があった。彼女もまた、大切な人からの裏切りを受けていた

STAYFREE

この本を開く

人生最期の言葉・改稿版

人が人生最期の時を迎えた時、どんな言葉を発するか その中には声にならない悲しい言葉も存在した。

STAYFREE

この本を開く

輝く宇宙のつくりかた

これからの生き方。僕の出会いたかった言葉。愛。僕たち一人一人が宇宙を創る。光と闇。愛とはなにか。そんな新たな創造のための指南書。スピリットの新たな領域へ。

SORATO

この本を開く

バイバイ赤ちゃん

赤ちゃんが亡くなって数ヶ月後、眠っていた気持ちを呼び起こすために個人的に書いた絵本です。別れの辛さから大切なものをみすみす捨てるところでした。あぶない、あぶない。書いて楽になりました。同じような体験をなさった方が少しでも気持ちを和らげられればと思い、この場をお借りして発表することにしました。子供みた...

阿部ユーカ

この本を開く

続・宗教とはなにか

原始仏教や大乗仏教、キリスト教を素材にして、宗教の出発点が死や苦の自覚、さらに罪の自覚にあることを叙述し、解脱の心境に開かれる世界が宇宙生命の表現世界であり、宗教的救いが自己の無力の自覚からの絶対者への絶対的依存にあることを開き示す宗教論。(〈生命の哲学〉コレクション4.『宗教とは何か』 ミネルヴァ...

小林 道憲

この本を開く

凍えた街の話

社会から孤立する人たちがいます。忘れたふりでいるうちに凍えて朽ちた親子の話です。(「小説家になろう」へ重複投稿しています)

しびよ

この本を開く

かけがえのないものたちへ

大切な人、限りある命、その中で、確かに育まれてきた、愛の形、人の繋がり・・・☆彡どうしても、別れは一時とわかっているのにどうしても、逢いたくなる、大切な大切なあなたたちへ・・・〝 みんなはげんきでいるのかな? 私は相変わらずさ! 〟 きっと伝わる、愛しい想い、かけがえのないものたちへ・・・☆彡☆彡☆...

この本を開く

小さな愛のものがたり

すべての〝 双子の魂 〟に贈る、、、☆彡 お互いを〝 ひとつの命 〟と感じ、共に生きる〝 ふたりの葉っぱ 〟たち・・・彼らが見るものは、いずれふたりが紡ぎだす、永遠という名のものがたり・・・☆彡 私たちは、孤独の先に、再会の喜びがあることを知る、、、何度も生まれ変わり、何度も死に変わり、そうして私た...

« 前のページ 1 2