twitterアカウントでログイン

作品検索


- タグ:インド - 無料本

この本を開く

老沙門ヤサは急いでいた。夜通し歩いてきたのに、目の前に横たわるのは荒れ狂う河の流れであった。無理にも渡ろうとするヤサだったが、あえなく波に飲み込まれる。河岸に流されたヤサを助けたのは、村人に追われていた一人の少女・・・。※2012年9月1日更新(ルビ体裁訂正)

Fumon

この本を開く

ぷぎゅぷぎゅ チンチラ編 小野まゆら

◉「カポネ・カポネち」等で知られる、ペット&育児のギャグエッセイコミックの旗手・小野まゆらの単行本未収録作品です。◉本作は15年ほど前に飼っていたアンデスの野ネズミ・チンチラを題材にしたショートギャグ。◉PG14 ※一応少し下ネタ含みますので、お子様の閲覧には気をつけてください。◉この作品は...

K&M(小野まゆら/さいとう克弥)

この本を開く

インドスパイスカレー(野菜)

インドスパイスを使って作るベジタブルカレー(肉を使わないカレー)のレシピ。

ゆーた

この本を開く

ヨガとアーユルヴェーダの旅@リシケシ

伝統医学を訪ねる鍼灸師の一人旅(インド・リシケシ偏)セルフケア・メソッドのヨガとインド伝統医療であるアーユルヴェーダをヨガの聖地と称される北インドのリシケシで体験吟味。街の様子や、食なども画像と共に紹介。

稲毛ヨガ

この本を開く

日本人インドIT企業奮闘記

インドのIT企業に勤め始めた日本人の奮闘記。日々様々な事件が起きたり、衝突があったり、笑いが起こったり、喜びがあったり。マイノリティの日本人がいかにインド企業の中で奮闘してきたかを、時には面白おかしく語り、時には大真面目に論じます。

toku

この本を開く

Brali Vol.7<テキスト版> 旅人(バックパッカー)が書き、旅人が読む、旅人のための旅ライフフリーペーパーマガジン 【創刊一周年記念号】

Braliは旅人(バックパッカー)が書き、旅人が読む、旅人のための旅ライフフリーペーパーマガジンです。もちろん旅をしたことのない人を旅に誘う狙いもあります。旅での情報や体験(インプット)を表現(アウトプット)するためのメディアです。旅先の情景や出会い、感じた多様な価値観、世界遺産、秘境、食べ物や飲み...

kurinobu

この本を開く

Brali Vol.7 旅人(バックパッカー)が書き、旅人が読む、旅人のための旅ライフフリーペーパーマガジン 【創刊一周年記念号】

Braliは旅人(バックパッカー)が書き、旅人が読む、旅人のための旅ライフフリーペーパーマガジンです。もちろん旅をしたことのない人を旅に誘う狙いもあります。旅での情報や体験(インプット)を表現(アウトプット)するためのメディアです。旅先の情景や出会い、感じた多様な価値観、世界遺産、秘境、食べ物や飲み...

kurinobu

この本を開く

非暴力

ガンジーの著書「非暴力」の現代訳版です。「非暴力」・「ヒトラーへの手紙」他5作品収録、ガンジー入門に最適!

小浜 葉落

この本を開く

きっと屋 kitchen ★ インド ゴア報告ノート

沖縄県名護市にある、きっと屋 kitchenの料理担当TENKOのインド旅報告ノート。楽しくて美味しいご飯を作るために、旅に出る。その旅を報告するためのノート。そのノートは実際、店に1冊だけ存在します。その報告ノートをこの度、電子書籍としてアップ!

kittoya

この本を開く

ガンジス川でナマステ~インド旅行のプライベート写真集~

「ガンジス川で、サリーをきて写真を撮りたい」。2008年11月、そんな思いでゆっくりとインド旅行した時のプライベート写真集です。

rankoshi

この本を開く

飛行(1話)

 人生に行き詰って、人生を投げ出すつもりで来たインド。 インドで彼を待っていたものは、 そんなことを忘れてしまうほどの人間のエネルギーだった。 自分の中にある、生への執着と、それを許せない自分の葛藤。 最後にたどり着く意思とは。

つかさ すぐる

この本を開く

別冊かく 第1号

詩と小説の小冊子「かく」の別冊版はインド旅行記です。

乙脇康彦

この本を開く

別冊かく 第2号

詩と小説の小冊子「かく」の別冊版はインド旅行記です。

乙脇康彦

この本を開く

2017

2017年間全記事集合体本!

heart-o

この本を開く

デリー旅の思い出

 30年前、はじめて行った海外旅行が1週間のインドだった。 たった1週間のインド旅行を、200ページ以上、挿し絵もほぼ毎ページに描いたというその旅行記は、作者本人でさえ読み返すのが難儀なほどの分量となった。が、インターネットもなかった時代に、ポラロイドカメラで数枚撮っただけなのに、よくもこれだけ挿し...

まるど88

この本を開く

カルパタル No.120 「真実な響」

現代人が忘れてしまった人間としての「真実な響」。その「真実な響」とは一体どんなものなのか?どこにあるのか?そして私たち現代人はどうしたらその「真実な響」を取り戻すことが出来るのか?その問いにナーラーヤン内垣が迫ります。

ナーラーヤン内垣

この本を開く

2018

2018年間全記事集合体本!例外以外の発気まぐれ文+年間全記事集合体本とは別の単独更新本の更新内容は除く!

heart-o

この本を開く

インドの切手

アジアの大国であり、仏教発祥の地でもあるインドが発行した郵便切手を素材にして作成されたトートバッグ・ノート・スウエット・マグカップ・サコッシュ・Tシャツなどのグッズコレクションです。ローマ字のほかにデーヴァナガリ文字も印刷されています。

奈良正美

この本を開く

2019(6/11 update=last 1 title ! / 6/11 更新=末尾1タイトル)

2019年間全記事集合体本!随時更新!単発気まぐれ文+年間全記事集合体本とは別の単独更新本の更新内容は除く!

heart-o
« 前のページ 1 次のページ »