閉じる


<<最初から読む

40 / 79ページ

――遙か昔のことです。

 

村の近くにある大きな沼に、巨大な蛇が住み着きました。

 

村の作物や建物に危害を加えるので、人々は蛇を大変おそれました。

 

それでも勇気を出して、何とか余所の土地へ移ってくれないかと相談を持ちかけたところ、蛇はそれを受け入れる代わりに、ある条件を出しました。

 

「身の丈六尺ある大きな男女を生け贄として寄越せ」

 

村人達は困り果てました。この村には、そんな背の高い人間などいなかったのです。

 

でもこのままでは食べるものが無くなり、皆死んでしまいます。

 

その時、ある若い男が言いました。

 

「わしら夫婦が草木を編んだものを身にまとって、大きくなればいいのだ」

 

男は勇気は勇気がありましたが、その妻は大変な卑怯者で、夜な夜な一人で川を越えて逃げだそうとしたのですが、途中で足を取られ、そのまま溺れ死んでしまいました。

 

村人はその行為に怒り、水を含んでぶくぶくに膨らんだ彼女の亡骸を、武器や農具で何十回も突きました。

 

情けなく死んだその女の代わりに、密かに想いを寄せていた長老の娘が名乗り出て、男と新しく夫婦になりました。

 

かくして、夫婦は互いの身体に草木で作ったぶかぶかの服や、頭がすっぽり入る、人の顔をかたどった帽子を纏って六尺の大きさになりました。

 


そして、蛇に食べられやすくするため、己の身体を様々な武器や農具で何十回も突かせ、立派な生け贄となったのです。

 

生け贄に満足した蛇は何処へと去り、村には平穏が訪れたのでした。

 

その後、村のために命を捧げた一組の夫婦は「着包様(きぐるみさま)」として村の守り神となり、自己の保身のため逃げだし死んだ女は「着膨(きぶくれ)」として忌みの対象となって、その行いが後世まで伝えられるようになりました。

 

「着ぐるみ(ぬいぐるみ)の起源について 包村にまつわる伝承」

 

(昭和5年 村の古老より伝え聞く)


「け、健吾さん、帰ってきませんね……。み、美佳さんも……」

 

日が暮れても一向に帰ってこない二人を、貢達三人は下駄箱の前で待っていた。

 

「や、やっぱり、何かあったんじゃ……」

 

猛は腕を組み考え込んだまま、言葉を発しない。

 

「せ、せ、先生! さ、捜しにいきましょうよ! このままじゃ、大変なことになります!」

 

貢の思い切った言葉に猛が振り返り、そのまま貢をじっと睨んだ。

 

「想田……。お前がそんなことを言うとはな」

 

「ご、ごめんなさい、生意気なこと言ってしまって」

 

「違うよ、褒めたんだぞ?」

 

「……え?」

 

「いっつも怯えてばっかのお前が、自分から勇気のある提案をした。しかも普段自身を邪険にするやつを助けるという、成長したな」

 

「せ、先生……」

 

「わかったよ、捜しに行こう。南は自分の部屋で待っていてくれ。もし俺達が帰らなかったら、村の人達に報せるんだ」

 

「私も一緒に行きます」

 

「ダメだ。二人が戻ってくるかもしれないだろ? それに、全員行って全員が危険な目に遭ったらどうする?」

 

「危険な目……?」

 

「正直言うと、二人の失踪には何か裏がありそうな気がするんだ。ともかく、待ってろ。いいね」


「わかりました……」

 

不安げな表情を浮かべる南を残し、猛と貢は懐中電灯を手に、外へと出て行った。一体、この辺境の小さな村で何が起こっているのか。沈みゆく太陽に、南は自身の虞れを投影せずにいられなかった。そうしていると、子供の頃の忌まわしい記憶がよみがえる。

 

――私を誘拐しようとしたのは、着ぐるみ。そして、今いる場所も、着ぐるみの村。

 

背後に蠢く因縁を感じ取り、彼女は身震いした。


背中に疼く激しい痛みによって、美佳は意識を取り戻した。

 

「ぎひっ、うう……」

 

目を開けるが、相変わらず視界は最悪だ。地面に横になった体を何とか起こそうとするが、痛みと正体不明の痺

れが原因で、思うように動かない。手足を少し動かそうとしただけでも、苦手な腕立て伏せを何度も繰り返した時のような筋肉の疲労に襲われ、更なる痛みが加わる。

 

「いっ……」

 

それでも、残っている力を振り絞って彼女は立ち上がろうとした。一センチ、二センチ、少しずつ背を浮かしていく。じわりじわりと浸食する痛みのせいで、全身から汗が吹き出て、呼吸はますます荒くなる。

 

「い……た……い」

 

おそらくこの行動は、彼女の人生において一番の努力だっただろう。整った顔立ちの美人で、資産家の娘。周りは常にチヤホヤしてくれて、困ったことはなんでも親が解決してくれた。困難も障壁も無縁だった自分が今、何故このような状況に陥らなければならなかったのか。汗に混じって、涙が彼女の頬を伝っていく。

 

長い時間をかけ、ようやく腰から上をまっすぐ立たせることができた。気がつけば、ほんのわずかであるが、痺れも緩和している。立ち上がることこそできないが、四つん這いなら何とか進めそうだった。おぼつかない目の前の光景を頼りに、美佳は手足を板張りの床につけ、ゆっくりと動かしていった。



読者登録

エンジンさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について