閉じる


<<最初から読む

6 / 79ページ

「牧場でもあるの? でもアタシ、そういう場所やだなあ。臭いし、お肉嫌いだし」

 

「俺も美佳さんと同じく嫌いだ。先生、つまんねえ村だったら二人で帰るぜ」

 

健吾の唐突な言葉に、美佳がツっこんだ。

 

「どういう意味よ、二人って?」

 

「いや、それは……」

 

「あーだこーだ言うなってば。あんなものはここでしか見られないんだよ。まあ、楽しみにしててくれ」

 

猛の明るい言葉を以てしても、南の一抹の不安はぬぐい去ることができなかった。

 

なんだろう、この心の奥底からせり上がってくるような、おぞましくて執念深い悪念は……。

 

「み、み、南さん、だ、だ、大丈夫ですか……」

 

後の席から、今にも死んでしまいそうな声で貢が気を配る。南は笑顔を作ってそれに応えた。

 

「大丈夫です、ちょっと酔っちゃっただけで……」

 

「み、み、南さんも……?」

 

「ええ、あんまり好きじゃないんです、車。お仲間ですね」

 

「あ、あはは、なんか、嬉しいなあ」

 

「あんたとは違うわよぉ! バッカねえ!」

 

「きめえこと言ってんじゃねえよ!」

 

二人が大声で会話を切ったため、結局南は一人でこの不安を紛らわさなければならなかった。大自然に囲まれた素朴な田舎の村を見れば、幾分か心は休まるだろう。そう、彼女は考えていたのだが……。


長い長い山道を走り続け、大岡大学民俗学サークルの面々を載せた車は目的地に着いた。

 

「さあ、ここが包(つつみ)村。俺の故郷だ」

 

北関東の雄大な山々の強烈な絶壁に隔たられ、埋もれているも同然なこの村は意外と広く、田畑と小川、そして年代を感じさせる幾つかの建物が、山に閉ざされた土地にへばりつくように存在している。これだけなら日本各地、どこの山里とも変わりはないかもしれない。

 

「先生! ペンギンが歩いてるわ! ペンギンペンギン!!」

 

窓からこの田舎の風景に似合わぬ金髪を覗かせながら、桐原美佳がけたたましく叫ぶ。

 

実際その視線の先には、桶を片手に野道を歩く、巨大なペンギンがいた。正確には、本物のペンギンではない。

丸っこく、そして可愛らしくデフォルメされたペンギンの着ぐるみを着た村人である。美佳の黄色い声に後ろを振り向くと、そのペンギンは愛想よく手を振り返して答えた。

 

「いやーん、かわいい!」

 

「中身はじいさんだぞ。作造って言ってもうすぐ70になる」

 

「ゲッ……!」

 

猛に突っ込まれ、美佳は舌を出して大げさに顔を歪めた。この村の人間は、皆着ぐるみを着て生活しているのだ。

 

田圃の横の丁度いい大きさの場所に止め、一行は車を降りた。

 

「うわ、あそこにもいやがる!」

 

水車小屋の側で世間話をしている日本猿とニワトリに、健吾が大げさに驚いた。

 

 


「ありゃあ村役場の松美さんに重虎さんだなあ。もうすぐ80にもなろうに、元気なこった」

 

「80であんな着ぐるみを!? すげえなあ……」

 

二匹の着ぐるみに声を掛けながら、健吾は両手を突き出して、だらんと前に下げた。すると、二匹は全く動作でそれに応えた。

 

「これはこの村独特の挨拶でね」

 

すっかり驚いている健吾の腕の側を、ぱんぱんに腫れた袋がかすった。

 

「貢! 気をつけやがれ! ばっちいだろうが!」

 

青い顔をしてふらつきながら後部座席から出てきた貢に、健吾は怒鳴った。貢は曲がりくねった山道にとうとう耐えられず、酔い止めを飲んだにも関わらず気分が悪くなり、弁当ついでに買ったおにぎりの入ったコンビニ袋に吐いてしまったのだ。おかげで車内には酸っぱい臭いが漂い、何とも言えないムードになってしまっていたが、目的地の到着によって更なるトラブルからは救われた形となった。

 

「先生、これどうすれば……」

 

貢がゲロ袋を見せるように掲げる。それを見て美佳がひいっ!と声を上げ、すごい勢いで後ろずさった。

 

「破けたらどうすんのさ! 少しは考えなさいよトロマ!」

 

「す、すみません美佳さん……」

 

 


「トロマ」とは貢のあだ名である。日頃の行動が「トロくてマヌケ」であることから名付けられた。一応、健吾達とは同じサークルに属しているが、その性格からいつも下に見られている。

 

「まあまあ、相田も悪気があったわけじゃないんだし……あれ? 吉川は?」

 

酔いが残った青い顔で貢が車内を振り返る。後部座席の隅っこで、南が何かに怯えるようにして震えていた。

 

「まさか、く、車、酔っちゃったんですか?」

 

「おめえのゲロがくせえからだろうが!」

 

皆が口々に勝手な推測を言い合う中、南は一歩ずつ、震えながら車から降りた。

 

「いえ、違うんです……。ただ寒いだけ……。ごめんなさい」

 

「おい吉川、大丈夫か?」

 

「だいじょうぶ、です……」

 

その時、彼らの側の繁みが突如ガサガサと音を立て揺れはじめた。

 

「ひ、ひぃ!?」

 

「な、なんだぁ!?」

 

健吾はとっさに美佳をかばうような体勢をとったが、当の美佳はさして危機感を覚えていなかった。

 

やがて、繁みの中から現れたそれは、何とも奇妙な物体だった。

 

「ひひひ、ひぃー!」

 

「なんだこりゃあ!?」

 


 成人男性が両手を広げたぐらいの、大きなしわくちゃの真っ赤な顔から直接、両手足が伸びた異様な着ぐるみが姿を現したのだ。

 

貢と健吾は突然のことにア然としており、美佳は極めて脳天気にギャハハと笑った。

 

「ちょっ何こいつ! へんなのー! まんじゅうのお化け!?」

 

彼女の言葉に、「まんじゅうのお化け」は皺枯れたような老婆の声で返答した。

 

「これはとんがらし大王と言ってな、江戸時代のとんがらし商人が宣伝のために作らせたもんじゃ」

 

先ほどから笑いをこらえていた猛が、ようやく彼女について紹介をはじめた。

 

「この人は縫原栄。この村の村長で、俺のばあちゃんさ」

 

「何だよもう! 先生も人が悪いぜ!」

 

「そ、そ、そうですよ。ねえ、南さん……南さん?」

 

南は顔を青くし、唖然としたまま一言も口に出さなかったが、やがてその場にへなへなと崩れ落ちてしまった。



読者登録

エンジンさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について