twitterアカウントでログイン

カテゴリー コミック ファンタジー , ヒューマンドラマ 作者 影待蛍太
価格 100円(税込)
【#11】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#12前編】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#12後編】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#13】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#15】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#16】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#17】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#18】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 GROUNDLESS-アリストリア改国戦記-#01 』 『 【#19】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 GROUNDLESS-アリストリア改国戦記-2 』 『 【#20】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 『 【#21】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記- 』 を購入した方は 80円(税込)
タグ GROUNDLESSアリストリア改国戦記カゲリザカの戦い戦車狙撃兵内戦政治佳境
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

279 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 79ページ (Web閲覧)
80ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
#22.豚の鉄槌
----------------------------------------------
架空世界を舞台としたミリタリー漫画、#22。
進軍の中で離反部隊を特定しようとする島軍幹部。
前日の鎮火活動の時と違い、思い切った動きができないレジーナ。
自分達の置かれた状況の中で、来るかすらわからないチャンスを待ち続けるダシア狙撃班。
それらを尻目に、開放軍側参謀ハッシュが勝負に出る。
(※残酷描写にご注意ください)

【お知らせ】
双葉社様よりGROUNDLESSの単行本が発売されております。
既刊4巻(#18まで収録)が発売中で、
各巻加筆修正、カバー下に描き下ろし4コマを加えております。
気に入っていただけたなら、書店や通販店などでお買い求めいただけるとありがたいです。
よかったら是非紙の本でも手に取って頂ければと思います。


※本文1p目(カラーの表紙の事ではありません)が左頁になります。

公開・修正履歴
2015.7/15__パブーで公開
(事前に当方のサイトで連載)

サイト
http://www.coldturbine.com/
ツイッター
https://twitter.com/kagemachi

■漫画の頁
http://www.coldturbine.com/manga_ppv.html
■玄関頁、リンク等はこちらへお願いします
http://www.coldturbine.com/


推奨閲覧ツール:
PCの場合
(ビューア)
Leeyes Ver2.6.1
http://www3.tokai.or.jp/boxes/leeyes/

(プラグイン)
axpdf.spi-1.10
http://mimizunoapp.appspot.com/susie/

上記二つのzipファイルをダウンロードしていただいてそれぞれ解凍。
axpdf-1.10フォルダ内のaxpdf.spiファイルをleeyes261フォルダにコピー。
Leeyes本体を起動し作品PDFファイルを開いてください。見開きで読めます。
画面構成は色々いじってもらってお好みで(F11で全画面表示)。
キーボード上下キーで2pめくり(推奨)、
左右キーで1pめくり(巻物的な感覚)になっております。

iPadの場合
(ビューア)
「i文庫HDでいい感じに読めるよ」との報告を頂いています。

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる