目次
前置き
目次
はじめに
第一章 封印された地上絵
第一章 封印された地上絵
(1)幾何学的に配置された古代祭祀霊場
畿内の聖数比の直角三角形
祭祀霊場の配置にみる距離規格
元伊勢と出雲は2緯度長構図のカナメ
祭祀霊場を布石した方法
エジプト起源の驚異的な天文知識
(2)隠れていたカバラの祭祀曼陀羅
カバラとは何か
浮かび上がる畿内の生命の木の図式
畿内の生命の木マンダラの効用
古代地図「ヤタノカラス」
(3)日本に来たユダヤの民
苛酷な新天地でのエルサレムの創造
エゼキエルの影響下の遺物、習俗
ユダヤ人渡来に関する諸論
カバラ祭祀を担った天狗、先修験者
第二章 古事記と超古代史
第二章 古事記と超古代史
(1)シュメールの良識
古代卓越文明をもたらしたもの
(2)オリエント知識の伝承
知識存続の情報工学的手法
古事記には何が書かれているか
(3)古事記の科学知識
古事記の伝える科学知識(宇宙論)
古事記の伝える科学知識(地質学)
(4)失われた超文明
一つ前の時代の終焉、超古代核戦争
超古代ハルマゲドンの様相
(5)大変災
科学力は自然の暴乱に勝る
天体の衝突が招いた太陽消失
(6)死からの再生
古代の死と再生観
第三章 渡来前秘史
第三章 渡来前秘史
(1)古代陰謀幻想
霊的進化のための神の計画
神の計画推進者の登場
(2)オリエント秘史
シュメール文化とともに浸潤した神官層
神官に逆らった王とバビロンの末路
バビロンからの解放
(3)東洋での展開
秦への浸潤
日本への流入と倭人の動き
第四章 カバラに誘われた日本の古代史
第四章 カバラに誘われた日本古代史
(1)日本最初の革命
神武天皇東征の舞台裏
古代日本は異邦人のるつぼ
物部氏はフリーメーソンか?
物部氏の所作らしい遺物と隠蔽工作
大和朝廷成立の経緯
日継ぎの役割は大和に引き継がれた
(2)贖われた秘儀成就
飛鳥時代、古代政道はゆらいだ
大化の改新は古代政道の改革を意味する
ニニギ預言の成就
ユダヤ結集政策の顛末
(3)寄道的雑考
卑弥呼と大和朝廷の関係を推理する
日の巫女の制度、鬼道とカバラ祭祀の類似
鬼道はカバラ祭祀の変化形
異端の民を救った宗教改革者
酒呑童子もカバラ行者
秦、藤原と菅公の影にカバラ
(4)最後の成就に向けて
第五章 現代への預言
第五章 現代への預言
(1)預言書古事記はかく語りき
預言の終結に向けて
空白を埋める黙示録
預言を超克するには
読者に贈る究極のメルヘン
後置き
あとがき
付録 選定地と距離計算結果
[参考文献]
奥付
奥付

閉じる


目次






           目次


はじめに

第一章 封印された地上絵

(1) 幾何学的に配置された古代祭祀霊場

九州の直角二等辺三角形
畿内の聖数比の直角三角形
祭祀霊場の配置にみる距離規格
元伊勢と出雲は二緯度長構図のカナメ
祭祀霊場を布石した方法
エジプト起源の驚異的な天文知識

(2) 隠されていたカバラの祭祀曼陀羅

菱十字形と五芒星形の判明
カバラとは何か
浮かび上がる畿内の生命の木の図式
畿内の生命の木マンダラの効用
古代地図「ヤタノカラス」

(3) 日本に来たユダヤの民

失われた十支族を求めて
新天地でのエルサレムの創造
エゼキエルの影響下の遺物、習俗
ユダヤ人渡来に関する諸論
カバラ祭祀を担った天狗、先修験者


第二章 古事記と超古代史

(1) シュメールの良識

シュメール文明
古代卓越文明をもたらしたもの

(2) オリエント知識の伝承

メソポタミアと日本神話の類似
知識存続の情報工学的手法
古事記には何が書かれているか

(3) 古事記の科学知識

古事記の伝える科学知識(宇宙論)
古事記の伝える科学知識(地質学)

(4) 失われた超文明

一つ前の時代の風俗、歴史の成り行き
一つ前の時代の終焉、超古代核戦争
超古代ハルマゲドンの様相

(5) 大変災

汚土脱出と大洪水
科学力は自然の暴乱に勝る
天体の衝突が招いた太陽消失

(6) 死からの再生

世の建て直し(地球蘇生)と今時代の開始
古代の死と再生観


第三章 渡来前秘史

(1) 古代陰謀幻想
バベルの塔の事件とは
霊的進化のための神の計画
神の計画推進者の登場
(2) オリエント秘史
人工的な神々
シュメール文化とともに浸潤した神官層
神官に逆らった王とバビロンの末路
バビロンからの解放
(3) 東洋での展開
バビロニア的な古代日本
秦への浸潤
日本への流入と倭人の動き

第四章 カバラに誘われた日本の古代史
(1) 日本最初の革命
古代人の行動の原動力だったカバラ
神武天皇東征の舞台裏
古代日本は異邦人のるつぼ
物部氏は秘教組織だったのか?
物部氏の所作らしい遺物
大和朝廷成立の経緯
日継ぎの役割は大和に引き継がれた
(2) 贖われた秘儀成就
神の計画成就にかける情熱
飛鳥時代、古代政道はゆらいだ
大化改新は古代政道の改革を意味する
ニニギ預言の成就
ユダヤ結集政策の顛末
(3) 寄道的雑考
歴帝在位を推理する
卑弥呼と大和朝廷の関係を推理する
日の巫女の制度、鬼道とカバラ祭祀の類似
鬼道はカバラ祭祀の変化形
異端の民を救った宗教改革者
酒呑童子もカバラ行者
秦、藤原と菅公の影にカバラ
(4) 最後の成就に向けて
歴史を成就した古代皇室

第五章 現代への預言
(1) 預言書古事記はかく語りき
預言は現代におよび
預言の終結に向けて
空白を埋める黙示録
預言を超克するには
読者に贈るメルヘン

あとがき

付録 選定地と距離計算結果

参考文献





はじめに

 

本著は、今から20年前、1995年5月に市販流通本として刊行された「古代日本にカバラが来ていた」(鹿砦社)の著者自炊版電子本です。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

 神話は、どのような国でも祭祀の中に取り入れられて、古代人の信仰の土台となり、思想的な拠り所となっていた。
 日本の神話は古事記に代表される。古事記は上、中、下の三巻から成り、この前に古事記成立の動機などを示す序文が付けられている。その序文には、「過去の時代は暗く遥か昔のことであるが、前々からの教えによって国土を生み出したときのことを知り、先の物知り人によって神を生み人間を成り立たせた世のことが分かる」とあるように、特に神話部分は、古い過去から先賢によって伝えられてきた古代の知識、ないしは事実と考えられていたものであったことが分かる。

 そのような古事記の神話には、本質的に何が書いてあるのか、近年、暗号化文献とみる立場から、ユニークな説が出されるようになった。筆者の知る限りでは、山田久延彦氏や辻村三氏が活躍されている。
 山田氏は宇宙考古学(古代史解明の糸口を宇宙文明へと広げる)という新境を開かれたが、その発想の卓抜さを可能とするほどに、古事記が驚異的な未来知識をその中に秘めていることは確かなことである。
 だが、筆者も時同じくして研究を始め、独自のやり方で一説を持つに至った一人であり、むろん諸氏の説とは観点が異なり、結論もまったく異なったものとなっている。

 古事記の神話は、一つ前の時代の相当に程度の高い文明の歴史を語り、それが変災で滅び、再生して今の時代に至る過程を大掴みに伝承していると考えられる。それゆえ古代にあってもなお、古事記との命名はすこぶる妥当なわけであるが、これに加えて、今の時代の終わりに至るまでの預言らしい記事もみうけられるので、特筆しようと思う。

 過去の程度の高い文明とは伝説上のアトランティスを物語るものかも知れない。もしそうならば、古代の為政者にとってその名残りを保持することは、家柄の先古に遡る事実を示すに足る有力な証しとなり得たであろうし、自国に知識資産の存在するを以て、対外的に誇れるものとなったに違いない。かつてのアッシリア、バビロニア、ギリシャなどの優れた文化が、国と民族の優秀性を物語った例をみるべきだろう。

 ならば、筆者の見出した解釈は正しいと言えるのか、確たる証拠があるのかという段になると、海外の洪水伝承などに関する著物を参考にしたり、謎めいた遺物へのこじつけ的解釈を施すくらいがやっとのことであった。 ところが今回、まったく偶然にテキストである古事記の指し示す土地の側から証拠立てる方法が見付かったのである。その方法とは、まったく途方も無いけれども、発想を少し変えれば実に単純なものであった。

 古事記に語られる地名は、今でも最古の部類の祭祀霊場として西日本を中心に分布し、禁忌の地を形成している。もしも古事記が予想どおりの文献なら、そうした土地の間に何らかの相関関係が存在しても不思議はないという脱常識的な発想から、複数の祭祀霊場を点として与え、これらを線で結んでみることにしたのである。すると、それらは相当見込みの有る精度で、シンプルな幾何学図形上に配置されていることが判明した。

 図形には、数十ないし数百キロにおよぶ巨大な直角二等辺三角形や辺比5、4、3の直角三角形、黄金比率の採用らしき大小の構図、半径2緯度長の円の構図などがあり、長さには規格が認められ、当時識られていないはずの地球のサイズさえ考慮されているようであった。それは従来の歴史観では、およそ解釈のしようのないものである。

 だが、それらの地点群はさらに重畳的に、特別な祭祀シンボルを描き出したことから、何者が、また何を目論んでいたのかについても推論の展開が可能となった。それは、ユダヤの神秘思想、カバラの祭祀に使われるシンボルであったのである。

 このことから、本論では、謎の超古代を窺い、古代中東に始まる民族の変遷を考え、中心となる古代日本史を推理し、カバラの真骨頂である現代にまで及ぶ預言に言及するという広範囲を扱うこととなってしまった。
 糸口になった古事記は、摩訶不思議な古文献であった。その中には古代人では想像もつかないはずの未来知識が語られている。

 顕著な例を一つ挙げてみよう。さし絵は古事記上巻、国譲りの段の一節「建御雷男神、十掬の剣を浪の穂に逆に刺し立てその先に趺み坐て」をイメージしたものである。この時、天鳥船が伴われたが、これはまさに戦闘機から投下された核爆弾の炸裂の光景なのである。その意味については本論で考察することにしたい。


第一章 封印された地上絵

 本邦初公開の日本のオーパーツともいえる巨大地上絵が見つかった。この章は、その全貌を要約してお届けするものである。



 まず、日本の国土をキャンバスとする見えざる地上絵、精妙な幾何学図形について御紹介しよう。

 その前に、距離の計算法についてお断わりしておこう。結果からの逆推理であるが、古代人は数十、数百キロ離れた祭祀霊場を巧妙な位置に配置するのに、先文明の遺物を引き継いでいた可能性を想定し、手元に何らかの精巧な地図があり、そこで線描を行い、地形を確認しながら各地に布石していったものと仮定する。

 その線描の際、古代人が正確な距離計算をしたかどうかは知れない。ともかくこちらはなるべく正確を期すため、距離計算にあたってはオリエントで多用されたピタゴラスの定理を用いるも、球体による補正のため二地点間を多分割して詳解を出すやり方でコンピューターにかけてみた。(付録参照) 
 ただし、元より広がりのある祭祀霊場を便宜上、点で与えたことにより、多少の誤差が否めないこと。また、場所によっては後世の移転が否めず、原理の側から位置を理想化した場合もある。こうしたことを予めご承知願いたい。




(1)幾何学的に配置された古代祭祀霊場

 
九州の直角二等辺三角形

 古事記上つ巻の「天降」の段には、あたかも高空から鳥瞰するかのように、ニニギノミコトが天降する様子が書かれ、同時に九州のいくつかの地名の記載がある。

「かれここに天の日子番の迩迩藝の命、天の石位を離れ、天の八重棚雲を押し分けて、伊都の道別き道別きて、天の浮き橋に、浮きじまり、反り立たして、筑紫の日向の高千穂の霊じふる峰に天降りましき。・・中略・・ここに詔りたまはく、『此処は韓國に向ひ、笠紗の御前にまき通りて、朝日の直刺す國、夕日の日照る國なり。かれ此処ぞいと吉き地』と詔りたまひて、・・」
「筑紫の日向の高千穂の・・」のことを一般には、太陽信仰に基づき、筑紫からみて高千穂が太陽の昇る方角にあるという意味であろうとしている。ところがこれらを独立した三つの地点としたとき、三地点は一線上に並ぶのである。

 日向は現在の日向市、高千穂は宮崎県の高千穂峡と想定。筑紫は古来北九州を指すとされるが、その語源は「着く州」すなわち船の着く河口の土地の意味。となると、さしずめ古代玄関港の博多の那珂川河口が候補で、最古の部類の祭祀霊場、住吉神社によって地点が特定できる。この線上には、金印の出た志賀島もある。

「此処は韓國に向ひ、笠紗の御前にまき通りて」も重要である。笠紗は鹿児島県の野間崎の笠沙のこと。向ひは日向のつづりを逆転したもの。韓国は霧島山系の韓国岳と仮定すれば、同山頂を線分(笠沙―日向)の真中点に置いて三地点が一線に並ぶのである。そればかりか、筑紫―日向―笠紗は、短辺172Km 、長辺243Km(=172Km X √2) の直角二等辺三角形となる。(図1・1)
これは不思議なことでありはしないだろうか。



「まき通り」も「巻き通り」もしくは「曲ぎ通り」とすれば、日向の地点における線描の書き方を暗示しているようでもある。(日向の地点設定は、その謂れの転化かも知れぬ日向市の「切通」で経緯度を与えた)

 これらは単なる偶然だろうか。直角二等辺三角形は、意図的に準備されており、解読法を神話の形で用意していたとは考えられないだろうか。もしそうならば、巧妙に隠された地上絵と言える。神話がいみじくも表現するように、高空から鳥瞰するのでなくては描き表わせない地上絵である。それはナスカなどの比ではない技巧的かつ壮大なものだ。

 線分(筑紫―日向)のラインを「天降ライン」と呼ぼう。このラインと平行し、補助するようにして、スサノヲ神の三姫神を祭る、宗像の奥宮(沖の島)、中宮(大島)、辺宮(宗像大社)が、やはり一線に並ぶが、これも何かのヒントのように思える。

 つまり、神道では、神々の霊力は上位(奥宮、荒魂)から下位(辺宮、和魂)へと天降るものとされるが、この時の入射角度は、神霊降下の方位を表わすものとして認識されていた可能性がある。また同時に、民族と文化がやって来たルートを暗示するかのようでもある。

 さて、古事記は皇祖の九州鎮座の神話を載せ、皇室はそこを発して畿内にやって来たとされるので、次は畿内に目を転じてみよう。すると、天降ラインに沿ってみられる地名と地形が、まるで模写されたかのようなラインが近畿にみられる。明日香を通る南北のラインである。(図1・2)



 地名の読み、地形の対応に、かなりの類似がみられることは、九州、畿内のどちらも同じ民族が根拠したことを物語っていようか。

 この時には、先程の神霊降下の方角が北から南となって、都市造りなどに採用されたらしい。もし、九州の幾何学図形が本物なら、畿内にもこの南北ラインの関わった何らかの幾何学図形が存在していて然るべきであろう。



 


畿内の聖数比の直角三角形

 イザナギノミコトの御陵には、古事記の伝承本によって、「淡路の多賀」と「近江の多賀」の二説がある。学説的には一方の誤伝であろうとされているが、それぞれの地に伊弉諾神社、多賀大社が設営され今日に伝えられていることをみると、双方とも重要なのは確かなことであろう。古事記を暗号化文献とみる立場からは、そこにも作為性を汲み取るべきなのである。

 淡路と近江(淡海)は古語で「あはぢ」、「あふみ」であるが、語義を分解して考えると、表1・1のような対応になることが分かる。この二者は、陰陽の対立を刻明に表わした言葉であり、阿吽は開始と終了を暗示し、地(土)と水は、国生みにおいて対立する二つの要素である。それが「逢ふ」というのだ。



 古代人は、和歌の掛詞や縁語などにみるよう、一つの言葉であっても表情豊かに複数の意味を込めて表現した。淡海はもともと琵琶湖のことだが、淡路島とは外観上似ている。古代人はいつしか両者の形の類似を知り、呼び名で両者が身と蓋のような関係にあることを表現していたらしいのだ。それは、今様に言えば、相似の関係にあるということになる。ここに一つ、古代的な幾何学的発想を垣間見ることができる。

 次は多賀である。これは、今でも「タガが外れる」などと言うように、古語「たが(束)ぬ」(複数の竹木を組み合わせる)に語源があるとすれば推理に弾みがつく。つまり、多賀とは「ものの組合せの要」を意味するとみるわけである。それを古代人が与えたヒントと考えるなら、幾何学的に組み合わせて(結んで)みようという気になるのは、何も筆者ばかりではあるまい。そこで試みる段になった。

 ところが、淡海の多賀のポイントは湖東陸上にあり、淡路島の多賀の相似の位置に対応づけられない。そこで、淡路の多賀の対称点を琵琶湖に求めると、そこには沖島がまるで都合良くある。このため逆説的ではあるが、初源的には沖島こそが多賀大社の奥宮ではなかったかと考え、理想化して沖島を第二の多賀と仮定してみる。もう一つ、淡路の多賀の等緯度線上、東の彼方に伊勢の内宮がある。式年遷宮が繰り返されたとはいえ、古来よりこの辺り一帯が伊勢の霊場であった。これもまるで都合良すぎる感があるが、第三点に選ぶ。

 このようにして三点を結んでみると、不思議なことに、伊弉諾神社―沖島―伊勢内宮は、ほぼ正確に5対4対3の直角三角形を形成するのである。(図1・3)



 この比率は古代日本では類例がみられないが、オリエントやギリシャでは神聖比率として尊ばれていたという。また、伊弉諾神社―伊勢内宮の距離は、171Km 強と計算され、九州の直角二等辺三角形の短辺の距離と一致しているとみてよいほどである。これは九州と大和が同じ原理で線描されたことを、ほぼ完璧に示すものではないか。

 なおも、裏付けとしては、伊弉諾神社―伊勢内宮の中点が明日香となることである。しかも、ここを通る南北ラインこそ、先にした天降ラインを模写したものなのである。それは明日香、奈良、京都といった重要な祭祀都市の設営位置に基準を与えているものとみられる。奈良東大寺の等緯度上においては「尼(天が)辻」(天の道の意味に解せる)の地名さえ遺されている。

 さらに、伊弉諾神社―沖島の線上には京都御所、北東への延長上には荒ぶる神の山、伊吹山頂、その間を隔すように和魂の霊所比叡山頂がちょうど載る。殊に京都御所は比叡山と下賀茂神社で北東(鬼門)からの荒ぶる力から守られているという伝えが古くからある。その初源的原理がここに潜んでいるとみてよいのではないか。

 また、二つの多賀(伊弉諾神社―沖島)の中点になるのが箕面の六箇山であるが、これは「向こ」すなわち古代の幾何学表現「対向」の意味からきている呼び名とみられる。周辺の武庫川、六甲山(古名、むこの山)、向日市も同様であろう。日本国中探しても、対向にちなむ地名は他に四例しかなく、うち広島県尾道市と山口県防府市の向島の場合は、客観的に島が本土に対して近接し向かい合っている理由から付けられている。二つの多賀を結ぶライン沿いの一帯に多い、由来の定かでない謎の地名群は、淡路島と琵琶湖の相似図の対向を言ったものでしかあるまい。

 また、イザナミノミコトの御陵である比婆山は、何も島根広島県境の比婆山と特定することはなく、比婆=ひは=琵琶と転じたとも考えられる。それが山でなくてはならないなら湖上の山、沖島かも知れない。ならば、この場合の「向こ」とは、国生みの男女神の対向の構図を示すというわけだ。比良や坂本という神話上の地名も琵琶湖周辺にみられるのはそのためか。とにかく、神話の構図が地上に幾何学的に反映されているわけである。オリエントでは星空に神話を描いたが、古代日本では周囲の地形環境に神話を描いたと言えるだろう。





読者登録

弥右衛門さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について