twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , アクション 作者 不二子
価格 無料
タグ シリーズスパイ原点サスペンス歌劇団
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

156 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
161ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 舞台は日本、警察組織に新たな課が設立されることになる、主な業務内容は密偵活動、今までの警察組織とは異質の存在であった。新しい課が立ちあげられた理由として、機密情報漏えい、テロを未然に防ぐためである。
 名は〝警備部暗躍係〟別名は秘密警察。公安課の管理下のもと、日本版スパイ機関として日々活動することとなる。職員(エージェント)はほとんど本部(警視庁)にいることがなく、日本各地の身近な場所に潜伏、潜入して生活している。
 エージェントの一人、リカは女性だけで構成された大手劇団に所属していた。彼女が秘密警察の一員であることを知る者は限られていた。彼女は死と隣り合わせの日々を送り、葛藤しつつ、あらゆる危機や難事件に立ち向かうという使命を与えられたのであった。新感覚スパイ活劇シリーズ番外編!

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧