twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , SF 作者 不二子
価格 無料
タグ シリーズスパイ歌劇団女戦士新作アクション
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

180 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 18ページ (Web閲覧)
294ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 舞台は日本、警察組織に新たな課が設立されることになる、主な業務内容は密偵活動、今までの警察組織とは異質の存在であった。新しい課が立ちあげられた理由として、機密情報漏えい、テロを未然に防ぐためである。
 名は〝警備部暗躍係〟公安課の管理下のもと、日本版スパイ機関として日々活動することとなる。職員(エージェント)はほとんど本部(警視庁)にいることがなく、日本各地の身近な場所に潜伏、潜入して生活している。
 エージェントの一人であるリカは、女性だけで構成された大手歌劇団に所属して、表舞台で華やかな舞台人として活躍していた。勿論、彼女の正体を知る者は限られていた。そんなリカは、歌劇団での自分の役目を終えてひとまず表の世界から姿を消した。その後の彼女の消息を知る者は少なかった。このまま平和な時間が思われたが、それを望まない者が潜んでおり、暗い場所で足音を立てていた。第2章突入!新感覚スパイ小説!!

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる