閉じる


<<最初から読む

8 / 9ページ

ありがとう

いずれこの子たちも、大きくなって、

だいすきなザリガニができて、

お父さんになったり、お母さんになったり。

そしておじいちゃんやおばあちゃんになったら、

ざりおのように、

きっとねむるように、しんでいくのでしょう。

その子たちもまた、おなじように、

お父さんになったりお母さんになったり。

 

この子たちもきっと、

ざりおにそっくりな子や、

ざりこにそっくりな子がいるのでしょう。

 

いのちはいつだって、

さいしょとさいごは、「ありがとう」だよ。

 

「ありがとう」が おおむかしからつながって、

ふうたくんやこうたくん、

そしてちびザリガニたちが、今いるんだよ。

 

ざりお、ありがとう。

たくさんのことを、おしえてもらったよ。

 

 

これは、げんきな子どもたちと、

そんな子どもたちがだいすきなお母さんと、

そんなお母さんがだいすきだった、

お父さんのおはなしでした。


奥付


ざりお


http://p.booklog.jp/book/98999


著者 : taketomono
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/taketomono/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/98999

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/98999



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

友野 剛行さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について