twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー , 文芸 作者 星野廉
価格 無料
タグ 文学私小説純文学インターネットブログ日記規制心境小説ケータイ小説風刺
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,095 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
かつて「純文学の規範」と呼ばれた、いわゆる「私小説」と「心境小説」を彷彿(ほうふつ)させるだけでなく、過去の作品群と並べても遜色(そんしょく)がないものが、ネット上で毎日生み出されている。一方で、出版物として「私小説」が販売されるのがほぼ不可能になっている現状がある。この現象に光を当て、新しい「純文学」の書き手たちにエールを送る。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧