twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー , 文芸 作者 星野廉
価格 無料
タグ 文学私小説純文学インターネットブログ日記規制心境小説ケータイ小説風刺
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,095 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
かつて「純文学の規範」と呼ばれた、いわゆる「私小説」と「心境小説」を彷彿(ほうふつ)させるだけでなく、過去の作品群と並べても遜色(そんしょく)がないものが、ネット上で毎日生み出されている。一方で、出版物として「私小説」が販売されるのがほぼ不可能になっている現状がある。この現象に光を当て、新しい「純文学」の書き手たちにエールを送る。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

子ども達との出会い、子ども達と過ごした時間、たくさんの出来事は、私の人生を大きく変えました。 同じ時...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
3000円
『仏道の真実』

この本を開く

本書は、仏道の真実について如来である私(=SRKWブッダ)が直接記したものである。覚りの真相、覚りの...

この本を開く

長引く手術をひたすら廊下で待つ女。その女の元に一人の入院患者が話しかけてきて…。

この本を開く

『熊』、『長い下りエスカレーター、及び哲学的なゴリラ』、『閉鎖回路』、『西暦2999年』、計四篇の短...

もっとみる