閉じる


<<最初から読む

5 / 5ページ

最後の一つだからゆっくり味わって食べたかった、と、少し惜しい気持になりながら、僕は瓶を流しに片付けようと立ち上がった。

 

そういえば「返す」って何のことだ?

 

今日子が瓶を渡すときに発した不可解な言葉。一瞬疑問符が頭に浮かんだが、瓶を見てすぐに思い直す。この瓶は料理が好きな今日子に、僕が以前雑貨屋で買ってあげた物だ。そのことだろう。

僕は瓶を流しに置いた。

 

その時、不意に携帯が鳴った。

 

今日子の勤め先の産婦人科からだ。

 

ああ勤め先。そういえば今日子が居なくなったとき、勤め先への確認はしなかったな。

 

そんなことを考えながら電話を取る。

 

「はい、春日です」

電話の向こうの声は切羽詰っている。

「春日英彦さんですね?実は先日の、吉崎今日子さんの手術のことで――」

 

電話の声は早口で捲くし立てる。それを聞いているうちに、自分の顔から血の気がどんどん引いていくのが分かる。

 

僕は思わず流しの方を見た。まだ赤黒い汁の残った鍋も見た。

 

腹の中で無花果が動いた。

 

 

 

-終劇-


この本の内容は以上です。


読者登録

liliput / aliliputさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について