閉じる


死のじゃんけん

 目の前には黒い扉がある。

 向こう側には俺とじゃんけんをする相手がいる。お互い、『じゃんけんぽん』という掛け声で扉が上に開かれ、持っている武器で勝敗が決まる。

 グーが鉄球、チョキが巨大ハサミ、パーが毒が染み込んだ布きれ。

 負ければ鉄球で殴り殺されるか、巨大ハサミで刺し殺されるか、毒が染み込んだ布きれを被され毒殺される。

 あいこなら二人とも死ぬ……。

 相手も人間。俺も人間。

 これほど何を出すか迷うじゃんけんは他にないだろう……。

 じゃんけんというゲームは心理戦。

 普通に考えれば布きれを顔に被せるのがまだ気が楽だろう……。

 ではパーか?

 いや、相手も同じ事を考えているなら俺はチョキか?

 刺し殺したくない。 血は見たくない。 でも死にたくない……。

 相手がパーを出すとは限らない。

 俺がパーを出すと読んで相手がチョキなら、俺はグーか?

 殴り殺したくない。

 でも死にたくない……。

 こんな恐怖感と緊張感が混ざり合ったじゃんけんは嫌だ。

 究極の三択だ。

 何を出せばいいのか分からなくなった。

 よしっ、パーだっ!

 これでいこう。余計な事は考えるな。

 俺は目を閉じて震える手で布きれを持った。

 「じゃんけんぽん」

 扉が開く音がした。

 俺はまだ目を開けていない。

 「ん? 妙に静かだ……勝ったのか?」





 

 

 目の前には黒い扉がある。

 向こう側には、私とじゃんけんをする相手がいる。お互い、『じゃんけんぽん』という掛け声で扉が上に開かれ、持っている武器で勝敗が決まる。

 グーが鉄球、チョキが巨大ハサミ、パーが毒を染み込ませた布切れ。

 負ければ鉄球で殴り殺されるか、巨大ハサミで刺し殺されるか、毒が染み込んだ布切れを被され、毒殺される。

 あいこなら二人とも死ぬ……。

 普通に考えれば、これほど何を出すか迷うじゃんけんは他にないだろう。布切れを顔に被せる方が、まだいいだろう……と相手は思っているはずだ。

 死にたくない、血はみたくないと悩みながら、恐怖感と緊張感が混ざり合った心境で、何を出すのか考え込んでいるのだろう……。

 人間は独りになると、とても弱い生き物になっていく。

 集団になると、人間は人間ではなくなっていく。

 結局は自分の事しか考えていないのだ。

 こういう状況なら、尚更だ。

 自分の中で恐怖というものを勝手に作りだして怯えている。目の前には存在しないものを見て動こうともせず、もがき苦しんでいる。

 実際、恐怖というのは存在しないのに……。

 人間という生き物は本当に哀れだな。私が負ける、というより死ぬことはない。

 私は何も持たずに扉の前に立った。

 「じゃんけんぽん」

 黒い扉が上に開いた。

 相手は、やはり布切れを持って恐怖で目を閉じている。

 哀れだな……。

 私は静かに、そっと巨大ハサミを手に取った。

 相手は人間……私は人間ではない……。






 グサッ

 完


この本の内容は以上です。


読者登録

井ノ上學さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について