twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 , ファンタジー 作者 井手陽一/松舘文子
価格 無料
タグ 絵本児童教育環境保護ツバル
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

104 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 33ページ (Web閲覧)
34ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
小さな南の島に住むアガサは、海の友達と遊ぶのが大好き。あるとき、土地を広げようと浜辺を掘り起こすサニパラトのせいで、嵐の日に島は大きな波に襲われます。アガサたちは助かるのでしょうか?
これはサンゴや有孔虫でできた南の島の成り立ちや環境保護の大切さを伝えるための絵本です。ツバル語版は、沢山の方たちの善意で、土地の存続の危機にあるツバルの首都の住民全世帯分が、届けられています。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる