閉じる


試し読みできます

もくじ

直ぐにウンチ座りが出来る

 

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●方法


試し読みできます

のうがき

直ぐにウンチ座りが出来る

 

 

【のうがき】

 

 

昔の日本はどこでも和式トイレだった。

毎日ウンチ座りをしていたのである。

幼い頃からウンチ座りをしていたから、足首の軟らかさは誰もが持ち合わせていたのである。

 

ウンチ座りをすれば、フクラハギや太ももなどの筋肉が大きく伸縮し、血流を大きく促す働きをしていたのである。

普段から脚の筋肉伸縮が容易に出来るため、軟らかな脚の筋肉であり、それも血液をスムーズに流すのに役立っていた。

人や動物は血流が活発になると元気になり、前向な意欲が旺盛になるのは誰もが知っている。

 

現代社会では生活様式が一変し、洋式トイレが幅を利かせている。

幼い頃からウンチ座りする必要が無くなったのである。

そんな大きな要因で小学生でもウンチ座りが出来ない子供たちがかなりの割合で居る。

 

若者達では、更にその数が増えている。

年齢と共に身体が硬くなり、ウンチ座りをする機会もなくなり、出来なくなってしまうのである。

 

私は拳法の指導を長年しているが、ウンチ座りが出来ない者ほど運動神経が良くない。

拳法が上達しにくいのである。

身体も硬い場合が多いし、筋肉や関節が硬いのである。

そんな人は精神的にも緊張しやすいようだ。

だから、指導した内容通りに身体を動かせない場合が多い。

 

足首が硬いと全身の血流が悪くなり、必然的に股関節が硬くなる。

股関節が硬いから、そこでも血液が止められてしまい、全身の血流が更に悪くなる。

そんな悪循環を生みだしている。

 

日ごろからウンチ座りをして慣らしていけば良いのだろうが、ウンチ座りが出来ない人は、敢えてウンチ座りしようとはしないのが常のようだ。

出来ないウンチ座りを実践するとしんどいからね。

続けられないのである。

 

足首を軟らかくするためにストレッチも良いのだが、これも直ぐに戻ってしまう。やり過ぎると痛めてしまうし。

足首回しも良いのだが、ウンチ座りが出来るようになるまでは、かなりの日数が必要である。出来るようになるまでに足首回しをやることを忘れなければ良いのだが。

 

『この方法』は片足3分でウンチ座りが出来るようになる。

これまでに足指を揉んだり、巻くだけをしたりして足首の軟らかさを生みだしては来ていたが。

 

治らない難儀な患者さんが居たのである。

股関節痛、足首痛、腰痛、肩の痛み、手首の痛み等を左右に持つ40代の男性を指導していて、「股関節ゆるめ」でもイマイチ「足指ゆるめ」でもイマイチの効果しか得られなかった。

だが、『この方法』で足首を軟らかくすると、ウンチ座りがラクに出来、様々な症状も一気に取り去れ、劇的に効果があったことから面白いと感じた。

この患者さんの場合、原因は足首だったのである。

 

その後、ウンチ座りが出来ない人には『この方法』で指導して確かな効果を得ている。

脚が軽くなり、足指にも力が入り、股関節の柔軟性も得られ、諸処の痛みや不快感も取り去れ、拳法にもスポーツにも向いた身体に変身している。

 

私自身も『この方法』を実践しだした。

足首には異常はない。

ウンチ座りも難なくできるが。

足がとても暖まる、足指がしっかり大地をとらえる、歩行時につま先が良く上がり、脚が軽い。

階段の3段上がり4段上がりをしてもラクに上がれる、以前は股関節や膝に違和感が出ていたんだが。

便が良く出るようになった。

目がラクになる、ショボショボの疲れ目などにも、『この方法』をやれば解消する。

左右の足をくっつけ、左右膝をくっつけてウンチ座りしても難なくできる。

「股関節ゆるめ」をやっても痛みがあまり出ない。

足指を揉んでも、痛みがあまり出ない。

足裏のガサガサが出なくなった。

そんな効果があり、足首が健全でなかったんだ!!! なんて反省している。

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について