twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 マーモン
価格 無料
タグ ガリレオ南方熊楠高嶋康豪複合微生物放射能消去除染技術機械的自然観原子力発電科学方法論必然と偶然原発のゴミエコロジー還元主義近代科学生命的自然観
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

16 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
34ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 本小論では、ガリレオ・ガリレイと南方熊楠と高嶋康豪を機械的自然観による西欧科学の方法論の下で関連付けて論じました。しかも関連付ける際、偉人の考えを過去に捨て去るのではなく、原発を題材に現在へ引き付け考えました。ガリレオ・ガリレイは、”それでも地球は動いている”との地動説を唱えた人です。南方熊楠は、奇人の天才ゆえか歴史上の評価の高い人です。高嶋康豪は、”複合微生物による放射性物質の分解消失”を実現した人です。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧