twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 マーモン
価格 無料
タグ ガリレオ南方熊楠高嶋康豪複合微生物放射能消去除染技術機械的自然観原子力発電科学方法論必然と偶然原発のゴミエコロジー還元主義近代科学生命的自然観
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

19 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
34ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 本小論では、ガリレオ・ガリレイと南方熊楠と高嶋康豪を機械的自然観による西欧科学の方法論の下で関連付けて論じました。しかも関連付ける際、偉人の考えを過去に捨て去るのではなく、原発を題材に現在へ引き付け考えました。ガリレオ・ガリレイは、”それでも地球は動いている”との地動説を唱えた人です。南方熊楠は、奇人の天才ゆえか歴史上の評価の高い人です。高嶋康豪は、”複合微生物による放射性物質の分解消失”を実現した人です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる