twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格216円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 高田康利
価格 216円(税込)
タグ 邪馬台国、古代史、ヒミコの墓、卑弥呼、邪馬台三国志、畿内説、大和朝廷、天孫降臨、天照大神、高千穂宮、伊奘諾、素戔嗚、倭国大乱、高皇産霊、神武、神武東征、倭奴国、倭国、魏志倭人伝、瑞穂、高天の原、日神、邪馬台、葦原中国、オロチ退治、饒速日、瓊瓊杵、磐余彦、日本武尊、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 120ページ (Web閲覧)
121ページ (PDF)
試し読み:58ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。
古代史の常識や通説を歴史的観点から検証していくと、戦前から信じて疑うことのなかった皇統万世一系も、戦後に「百余国を束ねる王朝など存在しなかった」と教えられたことも、誤りです。邪馬台国史の全貌がとんと解明できない原因は、ここにあります。一から考え直して、再構築する以外にありません。
大陸の古い歴史を背負ってきた渡来人たちが築きあげる上古の歴史は、魂の再来・古の善政再現・孫子の「戦わずして勝つ」の実現に挑戦した歴史でもありました。それらが織り重なって流転する様子は「三国志」をはるかに凌駕して、世界中に誇れる歴史だったのですが、記紀系譜は、
神武―崇神―応神とあるべきところに、神武―崇神の間に大日本家八代(綏靖~開化、大日本王)を挟み、崇神―応神の間に垂仁・景行・成務・仲哀の邪馬台国(日本朝)王四代を割り込ませて、万世一系に改ざんされてしまいました。
本書の王系譜は、これを本来の姿に正したもので、国宝に指定された海部氏系図と合致します。これに沿って事跡を並べ替えると、一世紀前半に始まる倭奴国王朝すなわち天地(あめつち)の誕生秘話、大乱前後の状況、女王ヒミコの生涯、大和朝廷誕生の経緯がくっきりと浮かび上がってきます。本書は、そのダイジェスト版です。

この本には試し読みが 58 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

神奈川県内にある「かながわの名木100選」国や県による指定天然記念物を含む大小の名木たち。山岳山林、...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

もっとみる