twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ホラー・オカルト 作者 yuuma
価格 無料
タグ 連載妖怪ちょっとホラーミステリーエンタメ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

22 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 11ページ (Web閲覧)
67ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
高校を卒業し、地元の数少ない会社に就職した伊賀冬矢。
就職した会社は、「訳有モノ」という、特殊な廃棄物を処分する会社だった。
「訳有モノ」とは、奇怪現象を起こす「妖怪化した物」なのだが……
「訳有モノ」を処分すると謳っていながら、「株式会社骨川廃棄物処理会社」は、妖怪または物の怪の類は存在しない事実を証明する、世界妖怪協会裏付け国際機関に認定されていた。

「訳有モノ」は存在せず、奇怪現象には全て原因が存在すると。

じゃあつまり、俺がやる仕事って何なんだぁ~
 

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる