閉じる


試し読みできます

1

1.使者

 

 

(神よ! ラズーンの神々よ!)

 神はとうにいないのだ、とユーノは知っていた。遥か太古にこの地を去り、ラズーンの滅びを見越して、なお生き延びろと命じた神々は、既に神話と伝説の中に還り、この地に残っているのは、閃光にも似た儚い命を持つ人々の祈りと、神々の足跡だけ……。

 それでも、ユーノはなおも祈りを捧げずにはいられなかった。

(守りたまえ。助けたまえ。せめて、この私を哀れと思って、私の生命を代償に、期限までに『泉の狩人』(オーミノ)の元へ行かせたまえ)

「は、あっ!!」

 声をかけると、ヒストは、なおいきりたって速度を上げた。

 セシ公の分領地を一路『氷の双宮』へ、ユーノは行程にして一日かかる距離を半日もたたずに踏破しつつあった。流れる汗に明け始めた空から吹いてくる朝風が冷たい。

(そして、できることなら、神よ、私の一撃がアシャの傷に響いていませんように)

 呻いて倒れ込んできたアシャ、乱れ落ちた金の髪、苦痛に寄せた眉。

 ユーノはあのときほど自分を哀しいと思ったことはなかった。

 心の底から想って来た相手が傷ついているというのに、側に居てやれない自分、そして、その傷を抉るようなまねをするしかなかった自分。

(わかってる、ああしなければ、アシャはきっと自分で『狩人の山』(オムニド)に乗り込んだ)

 そして再び冷たい山の中で、或いはまた冷酷無比な『泉の狩人』(オーミノ)の視線に囲まれて、命を落としていたかも知れない。

(そうだ、しっかりしろ!)

 自分をきつく叱咤する。

 確かに、ユーノが身代わりにならなければ、今度という今度は、アシャの命も危うかっただろう。そして、アシャが負傷していたからこそ、その弱みをついたからこそ、ユーノはアシャの身代わりになれた。もし、アシャがぴんぴんしていたら、ユーノごときの拳でアシャが気を失うわけはなかったのだから。

 だがそれは、逆に言えば、アシャがそれほど弱っていたという意味でもあった。

(出血はしなかっただろうか。すぐに誰か見つけてくれただろうか)

 叱咤した後から不安が湧き出でて、ユーノの心を激しく揺らせる。

(もしあのまま、冷たい廊下に倒れていたら? 治りかけていた傷口が再び開いて、ううん、もっと深くまで傷ついて、止められないほど出血していたら?)

 ダイン要城で、アシャが胸元を真紅に染めて倒れていた光景が甦る。

 それは、セシ公のあの回廊で、今どくどくと血を流しながら倒れているアシャの姿となって、ユーノの脳裏一杯に広がった。薄緑色の石に映える鮮やかな紅に浸るアシャ、流れた血がところどころどす黒く固まった頃には、体から温もりは奪い去られており、心臓は既に脈打つこともなく……。

「くっ」

 ぶるっ、とユーノは首を振った。唇をきつく噛みしめる。

(もし、そうだったら……そうだったら、アシャ…)

 流れ落ちてきた汗が目に入り、片手の甲で目を擦った。ひりひりした痛みにしばらく片目を閉じながらも、速度は緩めない。はあはあと忙しく乱れる息を整える間も惜しく、ヒストを急がせる。

「は、あっ! はっ!!」

(ううん、大丈夫だ)

 必死に自分に言い聞かせる。

(ちゃんとセシ公に頼んできただろ? 彼がアシャを見捨てるわけはない)

 風は朝独特の芳香を伴って、ユーノの顔に吹きつけた。草の匂い、微かに香ばしい樹々の薫り、どこか遠い街のざわめきが混じる。セシ公城下は既に遥か後方、目の前には『氷の双宮』の白い城壁が浮かび上がりつつある。

(今は、使者として、全力を尽くすのみ!)

 ユーノがことさら急いだのには、もう一つわけがあった。

 『狩人の山』(オムニド)へ入るには『氷の双宮』から抜けていくのが一番の近道なのだが、『氷の双宮』を囲むラズーンの内壁に作られた門は、四大公の召喚時にしか開かれない。その他の時は、よほどのことがない限り、外部から開くことはできない門だ。

 だが、幸いにも、セシ公は、今日の朝、ジーフォ公が『太皇(スーグ)』に召喚されているという情報を手に入れていた。

『それに間に合えば、「氷の双宮」に入る事ができるだろう』

 自分の主の住居に不法侵入するような勧めをぬけぬけと口にしたセシ公の声が、ユーノの耳の奥で響く。

「はいっ!」「わっ」「何だ!」

 『氷の双宮』を囲む内壁の周囲にたっていた小さな市の中を、ユーノはヒストを蹴立てて走り抜けた。目指す門まではもう少し、壁に沿って回り込まなくてはならない。

「この…っ!」「乱暴者っ!!」「ごめんよっ!」

 怒号の中を謝る間ももどかしく馬を駆けさせる。

(あそこだ!)

 だがそれでも、ユーノが門に辿り着いた時は既に、ジーフォ公らしい騎馬が入り終え、扉が閉まろうとする直前だった。

「ヒストッ!」

 掛け声一声、たじろぐ間もあらばこそ、強引にその隙間に飛び込んでいく。

「何者っ…」

 ぎりぎりで扉の間を擦り抜けたユーノに、はっとしたように前に居た武者が向きを変えた。短い髪は細かく縮らせてあり、その下の太い眉、いかつい口許とともに、一目見て武官とわかる。これがジーフォ公だとすれば、ラズーンの四大公というのはかなり各々違った容貌が揃うのだろう。

「火急の用事、『太皇(スーグ)』にお会いする!!」

「ならんっ!」

 間髪いれず、相手は叫んだ。ぎらぎらと闘志に燃える焦げ茶色の瞳がさっと彼女を一瞥する。年若い顔だが、その目には場数を踏んだ自信が伺える。

「貴様のような得体の知れぬ小僧を黙って通したとあっては、ジーフォ公はアギャンの腰抜けよりも阿呆と嗤われる!」

 すらりと抜き放った剣は、朝の光を猛々しく跳ね返して、ユーノの目を射た。

「ここは俺を倒して通るがいい!」「!」

(くそっ)

 ユーノは歯噛みして相手を睨みつけた。

 構えからしても度胸からしても、相手はおそらくかなりの武人、剣を合わせれば貴重な時間を徒に食うだけだ。かと言って、ラズーン四大公の一人を切り捨てて通るというわけにもいかない。釈明するにしても、ユーノのことを頭から不法侵入者と決めてかかっている相手に、どこまでことばが通じるか…。

 と、その時、もう一つの声が届いた。

「お待ち下さい、ジーフォ公。その方は怪しい者ではありませんよ」

「うむ?」「っ」

 振り向くユーノの目に、短い直毛の金髪、深緑の目を輝かせた男が映る。

「視察官(オペ)ジュナ・グラティアス…」

(視察官(オペ)…?)

 ジーフォ公の声に、ユーノは眉をひそめる。

 一瞬、何か妙な感じを受けた。だが、それは捉えようとしたとたんに消え失せ、後にはどうにも説明し難い不快感だけが残る。

「その方はユーノ・セレディス。『銀の王族』で、ラズーンの『正統後継者』候補…」

「何?」

 ジーフォ公がぎょっとしたようにユーノを振り返る。

(変だ…)

 だが、ユーノは再び湧き上がった違和感に気をとられた。

(だけど、一体何が?)

 答えは目の前にある。なのに、どうしても掴めない。

「そのような方が『太皇(スーグ)』に火急の用事とあれば、引き止めるわけにはいきますまい」

「む…」

 納得し切れない表情で不承不承頷いたジーフォ公から、ジュナはくるりとユーノを振り返った。

「ユーノ様、どうぞ、お早く」

「っ、ありがとう!」

 我に返り、ユーノはヒストの手綱を握り直した。一声高く声をかける。

「行くぞ、ヒスト!」

 待ってましたとばかりに走り出すヒストの背のユーノの頭には、既に『狩人の山』(オムニド)のことしかない。見送るジュナが執拗に見守っている気配はしたものの、その懸念も置き去って、ユーノは『氷の双宮』へとヒストを駆り続けた。


試し読みできます

2

 

 ………それは不思議な感覚だった。

 寒いのに暖かい。四肢の先は凍えて痺れているのに、体はどこか仄温かく、その温もりはユーノを寛がせると同時に、なぜか不安にさせた。

(あ……あ…!)

 唐突な恐怖が湧き上がって身もがく。声にならない悲鳴を上げて身悶えし、のたうち、闇雲にその場から逃げようとしたが、その恐怖は脚に絡みつき、体を縛り上げ、手首に食い込み、自由を奪い取った。激痛が心を切り裂いていく。ぐったりした四肢は、ユーノの意思に反応しない。

(あうっ…!!)

 右肩に、背中に、脚に、目の眩むような灼熱の感覚が襲う。焼きごてを押しつけられたように、痛みはそこから体の隅々まで響き渡り侵していく。呼吸ができなくなる。必死に唇を開いても声が出ない。

 ふっ、と視覚が戻ってきて、ほっとしたのも束の間、その視覚は青ざめたゼランの姿を捉えた。

(ゼラン…)

『恨みますぞ……幾度殺しても飽き足らぬほど…』

 血に塗れた破れ衣の下の腕がぐっと盛り上がって、ぎらぎらとした剣を抜き放った。剣はしとどに紅に濡れ、濁った光はユーノの眼を鈍く抉る。

『幸いに……今……あなたは一人……』

 ゆっくりと剣が振り上がっていく。逞しい腕が怒りに筋肉を震わせて差し上げられ、剣が逆手に持ち変えられる。左手が握りしめた柄を右手が支える。その右手は焼き焦がされたように煤けて、みるも無惨な傷を負っている。

 その右手の様相に気づくと同時に、それまで単に青ざめていただけの顔の半分が、どろりと溶け崩れた。引き裂かれたように広がる口から蛆が零れる。

(っ!)

 硬直するユーノの体はいつの間にか大地に貼りつけられ身動きならず、剣の真下の体を覆うのは裂けたチュニック一枚、その下には既に朱に染まった仄かな膨らみが弱々しく脈打つだけだ。相手の千切れ落ちそうな眼球がきょろりとそれを見下ろし、歯を剥き出しながら、

『これ以上の……機会が……あろうか!』

 亡者の叫びが闇を突いたと同時に、両刃の広い剣がユーノの胸を深々と刺し貫いた。

(はあぅっ!!)

 頭の中が空白になる。乾き切った喉が残っていた肺の空気を無理矢理押し出す。直後、引き裂かれ破れた喉が血を噴き出し、呼吸ができなくなってむせ返るユーノの胸に、なおも剣を突き立てたままのゼランが、にんまりとほくそ笑む。

『すぐには……死なせぬ……』

 その顔は、ゼランからギヌアに、そしてカザディノの脂ぎった醜い笑みに次々と変わった。剣に力が籠る。ずぶっ…ずぶっ…と胸の奥深く背中めがけて食い込んでいく刃先が捻り込まれるように動いて苦痛を広げ、気を失うこともできない。誇りにかけて悲鳴を上げるまいと食いしばった口も、激痛に頼りなく開いていく。

(あ……ぅ…)

 朦朧とする意識は体の制御力を放棄した。咽せてごふりと吐いた血は生暖かく、冷えた口許を濡らした。胸の剣はついに背中に到達したのだろうか、流れ続ける血が全身を濡らしている。

 亡者の姿はもうなかった。剣に串刺しにされたユーノが悶え苦しむ姿を、どこかの闇で眺めているのか。

(寒いのに……暖かい…)

 ユーノは夢と現の間に漂っていく自分を、他人事のように眺めていた。四肢の先には感覚がないのに、鮮血に塗れた体幹だけは暖かい。凍えていきそうなのに、次第に遅くなっていく拍動が絞り出す血液が、無駄に体を温めていく。

(死ぬんだな…)

 それは不思議な感覚だった。心のどこかがほっと吐息をつく。不安に揺れながらも、その底、心の微妙な襞の奥には、微かな安堵があった。

(いいん……だね……)

 どこへともわからぬ問い。

(もう…眠っても……いいね……? …私……ずっと…眠り……たかった……んだ……何も知らずに………何も考えずに………そうだ……ずっと眠りたかった……)

 ほんの少し溜め息を吐く。眼を閉じる。

 だが、意識を手放しかけたその瞬間、ふっと耳元に聞き慣れた声が響いた。

「ユーノ」

(アシャ?!)

 はっとして眼を見開く。予期していないほど間近にアシャの顔があって、一瞬息が止まった。

「俺を置いて行く気か?」

 形のいい唇がゆっくり、そうことばを紡いだ。呆然と相手を見つめているユーノの感覚が、今までと違った情報を流し込んでくる。

 体の暖かさは血のせいではない、アシャが素肌のユーノを抱き締めているのだ。手足が冷たいのは、アシャに両手首を押さえつけられ、脚も絡まれているからで、胸の拍動が鳴り響くのは触れ合ったアシャの鼓動のせい、口許が暖かく濡れたと感じたのは、アシャの唇がそっとユーノの唇に重ねられていたせいだ、と。

(これは夢だ)

「ユーノ」

(これは夢だ)

「俺を見忘れたのか」

(こんなことがあるはずがない)

「今まで抱いてただろう?」

(これは夢…だ)

「ユーノ…」

 ふっ、と悩ましげに口を閉じ、眉を潜め、アシャは紫の瞳を曇らせた。たゆとうような色をたたえ、長い睫毛を伏せて、ユーノの頬から耳へと唇を滑らせ、低く囁いてくる。

「どうしたんだ…? ユーノ…」

「あ…」

 ふつり、とどこかが切れた。

 それこそは、ずっと待ち続けていたことばだった。ただ一回、それで良かった。ただ一回、ユーノの顔を真摯に覗き込み、「どうしたんだ」と尋ねて欲しかった。そうすれば、この、心を縛った縛めが切れるのだとわかっていた。

「あ…あ」

「ユーノ?」

「ア…ア…シャ…!」

 自由になった両手を引き抜き、涙をぽろぽろ零しながら、ユーノは一声、その名を呼んだ。自分を抱き締めるアシャにしがみつこうと相手をかき抱く。

「た…すけ……っ!!」

 ざくっ…。

 両腕に痛みが走って、ユーノは息を呑んで仰け反った。強く閉じた両目、閉ざされた視界でもわかった。両手は中空に浮いたまま、そればかりか仰け反ったせいでなお、ずぶ…っ、と胸に刃が突き刺さる感覚があった。

「ぅ…」

 喘ぎながら薄く目を開け、相も変わらず胸に深々と突き立った剣と、それを抱き締めかけて、刃に食い込まれた両腕が映る。

(ま……ぼろ……し…)

 どこからか、耳を覆いたくなるような哄笑が聞こえてくる。

 何を望んだ。

 哄笑は、そうことばになった。

 何を夢見た。

 嘲り笑いながら、誰かが尋ねる。

 分不相応なその身で。

「ふ…ふっ…」

 ユーノは微かに嗤った。閉じた瞼の下から、流れ損ねた涙が血に汚れた頬へと伝い落ちる。

「は、はは…っは……」

 自分の嗤い声は響く哄笑と入り交じり、痛いほど鼓膜を叩き続けた………。

 

「、ふっ…」

 詰めていた息を吐いて、ユーノはぼんやり眼を開けた。

 冷えきった額の『聖なる輪』(リーソン)がきつく締めつけてきて我に返ったらしい。ぶるっ、と小動物のように頭を振って、ユーノは辺りを見回し、どこに居るのか思い出した。

 周囲は雪、さらさらと風に舞い散る雪の斜面で、雪溜まりに脚を突っ込んで体勢を崩し、そのまま転げ落ちてしばらく眠り込んでしまっていたらしい。

(『狩人の山』(オムニド)…)

 ユーノは凍てついた四肢をのろのろと引き抜こうとした。チュニックも羽織っていたマントも既にびしょぬれになっている。怪我はしていなくとも、このままぼやぼやしていれば、凍死するのは目に見えている。

「……」

 ユーノはそっと『聖なる輪』(リーソン)に指を触れた。吹きつけてくる風に目を閉じ、意識を遮断する。心を指先に集めて、『聖なる輪』(リーソン)の中へと循環させる。

 風の冷たさを感じなくなってくるのと入れ代わりに、脳裏には二日前の出来事が甦ってきていた。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

segakiyuiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について