閉じる


まえがき

          ここは、某県の田舎、とある中学校。
    どこからともなく聞こえてくる、幸せそうな笑い声。
          その中に、突然とびこんできた罵声。
                           
                  「お前なんか死ね!」
      女は、落ち葉を集める箕を蹴っていいました。
          「この箕に落ち葉を集めんと殺す!」
      薄汚れたスニーカーとぼろぼろのジャージの裾。
                           
              女は、私を睨みつけました。
                  「早くやれ、クソ!」
                           
                           
        私には感情というものがなかったのです。
          いつの間にか、消えてなくなりました。
          私は言われたとおり、ロボットのように
          無表情で淡々と落ち葉を集めました。
                           
                    「この馬鹿!!」
女は叫んで、私が落ち葉を集めた箕を勢いよく蹴りました。
            「早く集めろ!ぶっ殺すぞ!!」
            カラカラと音をたてて転がる箕。
              そこら中に散乱した落ち葉。
                           
        私には、感情というものがなかったのです。
                           
                           
                           
              中学校の頃から、私は少しずつ
                心を病んでいきました。
                           


まえがき

            それから10年以上の歳月が流れ、
    私は大人になっても心の病気に苦しんでいました。
                           
      些細なことで怒ったり、物に暴力をふるったり。
                           
          2015年、病気の悪化を感じた私は、
                  2度目の入院を決意。
                           
                この詩集はほとんどが、
          入院中か入院前後に書かれたものです。
                           
                           
      25になっても、正社員でも公務員でもなく、
          学校にも行けず、何の資格もない私。
          焦る気持ちがないわけでもないですが、
                           
            詩を書いている間は忘れられるし、
          もう生涯詩でやっていけないかな、と
                    考えています。
                           
                           
          詩なんて所詮自己満足かもしれません。
        しかし、この詩集をあえて公開することで
      何かしら共感したり、前向きなパワーをあなたに
            与えられるといいと思っています。
                           
          まず読んでくださるみなさんより前に、
  入院中の自分が前向きになれるような詩を書きました。
                           
                           
                           
          平成27年 4月 19日 おけちよ


Oh! Hah! Yo!

Oh! Hah! Yo!
英語の勉強中に
なんとなく思いついたあいさつ
でもね
そんなこと言えないよ
わたし 小心者だから…

 

言えたら 楽しいだろうな
世界は逆さになってしまうな
きっとスッキリするだろうな

 

溜め込んだ モヤモヤ

 

ベッドに潜り込んで
枕元のライトだけつけて
手鏡見て声はなく口だけ
Oh! Hah! Yo!

この不思議な口のうごき
楽しいな
言えたら楽しいな
Oh! Hah! Yo!
一人でにんまり
冴えない少女の一日が終わる

 

絶対明日の朝
言ってやろう
恥ずかしいけど
まずはあの子に
Oh! Hah! Yo!

 

 

Oh! Hah! Yo!
わたしが元気になると
家族も元気になるんだ
Oh! Hah! Yo!
家族が元気になると
近所の人まで踊り出すんだ
Oh! Hah! Yo!
わたしが元気になると
日本も元気になるんだ

Oh! Hah! Yo!


水の妖精

妖精さんたちが奏でる水面は 喜びと悲しみが出逢う場所
光と影が手をとって 再会を祝ってる
ただの小さな、「大浴場」とは名ばかりの風呂場
さらさら キラキラ もやもや ゆらゆら
シャワーから勢いよく「Hello!」が飛び出して
「最初はちょっと冷たいけど ごめんね」って言うんだ

 

「私は人間だよ 
いつか地球を壊してしまうかもしれない人間だよ」って言った
妖精さんは足に半透明の腕をからめて
「人間かどうかなんてどうでもいいの 
あなたを癒したいだけなの」

 

外に降り始めた2月の雪と 湯気が舞っている
私は誰もいない浴場で一人 髪を洗ってる
滴はドレミで歌って 私の髪からいらない汚れを
洗い落としてくれる
水面がカクテルみたいに揺れて 注がれた優しさをそこに知るんだ
聴こえるのは水のうごき、脈打つ音だけ
さらさら キラキラ もやもや ゆらゆら

 

誰もいない時だけね、洗った後でタオル持って
「ありがとう」って言って戸を閉めるんだ

 

妖精さんたちの待つ大浴場は
やさしさと、それを待ち続けてきた人の出逢う場所…

 


小鳥と猫の小話

私は生まれてきたんだよ
君の役に立ちたかったから
君と修学旅行で
同じ部屋になりたかったから
生まれてきたんだよ

 

小鳥でも猫でもいいし
首輪でも檻でも構わない
ただそばにおいて

 

君の回復の
手助けができたらいいのに
笑うとかおしゃべりとか
医者じゃない私は
そんなのしかできないけど

 

生まれる前からずっと
君を捜していた
君と一緒になるために
生まれてきたんだ


大丈夫
どこへもいかないから
目が覚めてしまったんだね
このまま朝まで
お腹の上にいてもいいかな

 

君の役に立ちたかったから
同じ部屋で袋入りチョコをつまみたかったから
生まれてきたんだ
ただそれだけのために



読者登録

雨野小夜美(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について