閉じる


はじめに

本を選ぶ参考に、小説の書き出しだけを集めました。

(なお、必ずしも一文ではありません)

書き出しとタイトルだけで、あらすじなどは省いてあります。

 

書き出しだけでぴぴっと来たものがあれば、よければ本の方も手にとってみてください。

 

 

次回参加予定イベント

2015/5/4 文学フリマ イ64

2015/5/5 コミティア V03a


01

 その桜は、あたしみたいだと思った。

 

 

 

 

『調律師』

 

02

 女は、足下を見下ろした。

 人が豆粒のような小ささで歩いているのが見える。

 スカートの裾が、風でふわりと揺れる。

 一つ息を吸う。

 そして女は、ビルの屋上から飛び降りた。

 

 

『迷い仔猫の居候』


03

「このような理由で、単為生殖の方が生物学的には優れているわけですね。では、何故、雌雄に別れるのか? その理由のひとつに、赤の女王説というのがあります」

 

 

『赤の女王様と椿姫と私』


04

 

 

 

「私と恋仲になって、そして心中して?」

 

 

 

『中曽根心中の心中』



読者登録

小高まあなさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について