閉じる


試し読みできます

もくじ

200%鍛えられるトレーニング方法

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

●テニスボールを使って行う股関節ケアー方法

 

●ゴルフボールを使って行う股関節ケアー方法


試し読みできます

のうがき

 

 

200%鍛えられるトレーニング法

 

 

【のうがき】

 

●「膝痛を改善したい」から見つけた方法

私の右膝、30代の頃より持っている。

日常生活では困らないのだが、ハードな筋トレや拳法の稽古では痛めてしまう。

痛めては、改善するという繰り返しである。

 

なんとかもっと大きく改善したいと願っていた。

最近では股関節が効果的であることが判り、股関節の血流を促す方法、しかもズボラな方法での改善をしていた。

 

筋トレは良いのだが、ハードな筋トレをすれば確実に膝に悪影響が来る。

重いベンチプレスをしても後から膝に来るのである。

これは上半身の筋肉が疲労して硬くなり、股関節の血流及び膝周辺の血流も悪くなる

のが原因である。

 

下半身の筋トレをした後は、なお一層、膝や股関節の血流が悪くなり、それらの痛みが生じやすくなる。

そんな理由で、下半身の筋トレはやらない時期もあった。

でも、やらないと下半身の筋肉が小さくなっていき脚も細くなる。

ジャガイモに割りばし二本刺したような体形になり、不細工でもある。

それに右股関節が痛む場合も多くなっていた。

 

筋肉が小さくなると何かと支障が出てくるもんだと実感していた。

 

最近では、股関節の血流をテニスボールやゴルフボールで促すことで、股関節痛をはじめ、腰痛、坐骨神経痛、肩こり、五十肩、疲れ目、肘手首の痛み、膝、足首の痛み、胃腸改善、それに脊髄小脳変性症、原因不明のめまいふらつきまでが直ぐに良くなっている。

また、スポーツ選手の筋肉痛、パンチ力&キック力アップ、軸足の安定性などにも股関節は大きな効果を直ぐにあげている。

 

この直ぐに効くが最大の関節である股関節の血流を促すことで改善出来る大きな特徴であり、効果の強さを感じることが出来る。 人体で最大の関節は、やはり大きく血流を止めてしまうダムの働きがとても大きいのである。

同時に、「健全な股関節」は身体改善に大きく貢献する部位であることを痛感させられていた。

 

膝の痛み以外にも、様々な個所の痛みや症状改善には「健全な股関節」が大切、それと共に大きな筋肉も大切である。

筋肉が痩せると、それだけ血流が悪くなり各部位の血流も悪くなってしまうからである。

 

●合わせ技が必要

強い肉体を築いていくには「健全な股関節」に保つこと、そして「筋肉を鍛える筋トレ」の二つの方法を合わせて実践していくことが大切なのである。

「筋肉を鍛える筋トレ」は一般的な常識としてだいたいのニュアンスは掴めると思うが、「健全な股関節」に保つように、いつ、どのような時に、どんな方法で実践すれば良いのか?

 

●「健全な股関節」に戻すように筋トレ時に使う

 バーベルやマシンを使ってハードな筋トレを行えば、筋肉疲労を生じ筋肉や各関節に疲労物質や痛み物質が溜まり痛みや違和感が生じてくる。

そんな違和感が生じたら、股関節に老廃物が溜まり股関節がダムの役目をしてしまい血液が止められている。だから老廃物を取り去り「健全な股関節」に戻すように実践するのが必要になる。

 

◎例えば私の場合、ベンチプレスをすると左肩、左肘が痛くなる、それを左股関節の血流を促すことで、左肩肘の痛みは消える。

すると、荷重を更に上げてベンチプレスをしたいとチャレンジする気持ちになる。

左腕も力が入りやすい状態になっている。

 痛みを抱えたままだと、精神的にも弱気になり荷重を上げようなんて思わない。

 

このような場合、疲労で特に左半身の血流が悪くなっている。

左股関節や左肩肘に疲労物質が溜まり、私の弱点である左肩肘の痛みが生じるのである。

再度ベンチプレスを上げて再び肩肘が痛くなったら、諦めずに更に股関節ケアーをする。

そのようにして重いウエイトをクリアーしていく。

 

また、右股関節の血流も良くしてやると、右腕にも血流が良く流れ力が入りやすい状態になる。

荷重ウエイトの記録を更新するには、このような方法も面白い。

 

 

 ◎例えばデッドリフトをする場合

ベンチプレス、スクワットそしてデッドリフトはBIG3と言われ大切な筋トレである。

主に体幹の背面、脚、お尻等を鍛えてくれる。

股関節が健全でないと腰を痛めやすいので、やりたがらない筋トレマニアも多い。

何故、腰などを痛めやすいのか?

鍛える部位は脊柱起立筋、広背筋、僧帽筋、大殿筋、ハムストリングス、大腿四頭筋など主に背面を鍛えてくれる反面、背面側に大きな負担が掛ってしまう。

股関節の血流が悪く健全でないと腰などの血流も良くないので痛めやすいのである。

「健全な股関節」にすれば、腰などを気にすることなくデッドリフトをガンガン上げることが出来る。

 

痛めそうだと感じたら、股関節ケアーをする。血流を促してやると、脚、股関節、腰がしっかりと安定して力強くデッドリフトをすることが出来る。

デッドリフトを一度したら、休憩時に股関節ケアーをする。

そして再びチャレンジする。すると記録が伸びていくのである。

 

 

◎例えばスクワットをする。

スクワットは手軽に出来、太ももやお尻筋肉を強くしてくれるので良い筋トレ方法だ。

やれば腰、股関節、太ももの付け根、膝などに痛みや違和感を生じる人が多い。だからハードには出来ない、そのため大きく強い筋肉も付きにくい。

私もそんな人間だった。

だが、例えば30回のスクワットをして、股関節ケアーを1分する。

それを5セットでも、10セットでも繰り返し実践しても、痛みが生じにくいのである。

もし、30回のスクワットでどこかに痛みが出ても、股関節ケアーで直ぐに消し、再びスクワットが容易に出来る足腰になる。

そのうえ股関節ケアーをすると足腰がとても軽くなるから再びスクワットをしようと思う気持ちが強くなる。

だから、5セットでも、10セットでも続けられる。

足腰がとても鍛えられ大きく強い筋肉が付いてくる。

 

 

●自転車を漕ぐ時にも使える

 自転車を漕ぐ競技や、自転車を漕いで鍛えるトレーニング時にも股関節をケアーしながら漕ぐことが出来る。

筋肉を鍛えると同時に「健全な股関節」に向けて進行できるので、面白い方法である。

腰痛や膝痛などの身体の不具合も解消される場合も珍しくなく、リハビリ運動としても活躍出来る方法だ。

 

●様々なトレーニングでも

 水泳は全身運動であり、小さなお子さんからご老人まで幅広い層の人々から親しまれている。

水泳でも疲労すれば股関節に悪影響を及ぼす。

あるオリンピック選手も練習後は股関節が痛くなり、股関節を正常に戻すように心掛けたと言っていた。

水泳中は股関節のケアーは出来ないが、一旦陸に上がり、股関節ケアーし、再び泳ぐ方法を用いれば、長時間泳ぐことが出来る。

 

 

ランニングは、あらゆるスポーツの基本的なトレーニングであるが股関節を酷使する。

ある説によれば体重の8倍もの荷重が股関節に掛るそうだ。

股関節を痛める、或は弱らせることで、腰痛、脚の痛み、膝の痛み、足首の痛み、足裏の痛み、肘の痛み、肩や背中の痛みなど、あらゆる箇所に故障が生じてくる。

 

どこかに違和感を感じたら股関節ケアーを行うことが不可欠である。

いつでもカンタンにケアーでき、効果が高いから違和感も直ぐに改善する。

 

野球のピッチャーでは肩や肘を痛める選手が多い。

野球選手は全体的に身体が硬い選手が多いようだ。

つまり股関節が硬い選手が多い。

股関節が軟らかくて180度開脚する、それが健全な股関節だとは言わないが、とりあえずは軟らかいことにこしたことがない。

あれだけランニングや様々なトレーニングをして脚やお尻の筋肉を鍛えてはいるんだが、「健全な股関節」ではないのである。

肩や肘を酷使しているから、股関節をケアーしてあげれば飛び上るほど痛い、つまり硬くなっているんだが。

気づいていないんだ。

勝つために、長く一流の選手生活を送るためには「健全な股関節」がとても重要なのだ。

 

 

●ウォーキングや登山で使えば 

歩くことも立派な筋トレの部類に入る、歩くことで全身の筋肉を鍛えるので、健康につながると考えウォーキングや登山を実践している人は多い。

だが、ウォーキング中に、登山中に脚が痛みだす、膝が、腰がなどと不調を生じてくる場合も珍しくない。

痛みを我慢して歩いていると、早く疲れるばかりでなく、嫌な思いが脳にインプットされ、歩くことがマイナーイメージを持ってしまうこと、不得意部類になってしまうことも珍しくない。

 

登山の下山中に膝や股関節を痛めると脚に力が入らなくなり、転倒、滑り落ち、踏み外しなどを起こしやすくなってしまい、とても怖いものがある。

 

不調が出てきたら直ぐに解消してしまえば、再び快適な身体で楽しく歩くことが出来る。

テニスボールやゴルフボールで股関節を1分ほどケアーすれば、直ぐにラクになってしまう。

上手くケアーして、再び歩いて鍛える、楽しむ、笑う、喜ぶが味わえるのである。

そうすることで脚力はもちろんのこと身体も強くなり、長距離ウォークも、3千メートル級登山楽しめるようになる。

 

 ●ハードな運動後は、しばらく経ってから筋肉痛や故障が生じるが

股関節をケアーしながら筋トレなどをすると、痛み等が消えている状態なのでかなりハードに筋トレをしてしまう傾向になる。

後から筋肉痛や痛みなどの後遺症が出てくるのは仕方がない。

だから、最初からあまりテンションを上げずに実践する必要がある。

 

後遺症が出てきたら、或は後遺症が出る前にも股関節ケアーをするのをお勧めである。

車を運転していても出来る、パソコンに向かっていても出来る、…、この方法ではケアーする時間は沢山取ることが出来る。

血流を良い状態に保つことで後遺症は最小限に抑えられるし、早く解決することが出来る。

 

※ 股関節ケアーをやると調子が良くなるので、ついついやり過ぎることになる場合がある。

やりすぎると、やった時点では調子が良いのだが、後から脚が重い、股関節がだるい、身体が重いなどの症状が出てくるので注意が必要。

 

マッサージを長時間受け過ぎると、身体がだるいなどの異変が出るのと同じで、後から後遺症が出るのである。

 

※この方法、人によっては返って痛める場合もあるので慎重に行うこと。

 各自の自己責任において実践の事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格2,000円(税込)
リファカラットで腰痛、坐骨神経痛、股関節痛を消す 』 『 500mlペットボトル一本あれば1分で肩関節の稼働域を広げる巻くだけ筋トレ 』 『 使い捨てカイロ2枚で花粉症は消える 』 『 太ももを揉めば花粉症は直ぐに消える 』 『 便秘、過敏性腸症候群解消は肩コリ解消から 』 『 フクラハギを痛みも無く軟らかくする方法① 』 『 リファカラットで5分撫でるだけで膝痛は消える 』 『 美顔ローラーで五分撫でるだけで膝の痛みは消える 』 『 静脈瘤は美顔ローラーで消せる 』 『 洗濯バサミで目、肩は良くなる 』 『 酷い肩コリは洗濯バサミ4個で1分で良くなる!!! 』 『 洗濯バサミで目を良くする 最強編 』 『 足底を軟らかくすると柔軟アップする 』 『 洗濯バサミで柔軟アップ!! 』 『 顔頭から足底から血流改善したら諸症状改善効果は数倍 』 『 カンタン!足甲の腫れを取り去る方法 』 『 足裏で膝の痛みを取り去る方法 』 『 ハムストリングスを電子ローラーで攻める驚異 』 『 膝の痛みを取り去る足裏のポイント 』 『 料理ばしでハムストリングスを攻める驚異 』 『 太ももを料理ばしで攻めると腸は強くなる 』 『 太ももを料理ばしで攻めると腰痛は消える 』 『 たった五回で直ぐにパンチと蹴りが強くなる腹筋方法 』 『 太ももを料理ばしで攻めると股関節痛は消える 』 『 左右の腹筋五回ずつで直ぐに走りが速くなる 』 『 太ももを料理ばしで攻めると股関節は軟らかくなる 』 『 運転時の目の疲れを解消する筋肉ポンプ療法 』 『 たった五回で直ぐにパンチと蹴りが強くなる腹筋方法アドパーンスト編 』 『 筋肉ポンプ療法 ベーシック編 』 『 筋肉ポンプ療法 アドパーンスト編 』 『 腰、肩、膝、そして腸を良くする不思議な寝方 』 『 太ももは最強の万能薬! 料理ばしと小皿で出来る凄~い!健康法 』 『 テニスボールで直ぐに!腰痛改善 』 『 テニスボールで直ぐに胃腸を強くする 』 『 ソファーは寿命を縮める 』 『 花粉症は股関節で簡単直ぐに自分で治せる! 』 『 股関節スイングで股関節を鍛える 』 『 股関節にテニスボールを付けるだけで身体の不調は取れる 』 『 たった1個のテニスボールで蹴りを強くするのは簡単直ぐに出来る 』 『 たった1個のテニスボールでパンチの威力アップを簡単直ぐに実現出来る 』 『 たった1個のテニスボールで筋肉痛が直ぐに取れる 』 『 ゴルフボールに座るだけで冷え、腸、小便、腰痛、肩こり、…、膝痛改善 』 を購入した方は 1,500円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について