目次
はじめに
はじめに
1999年までの夢見
死せる父、夢枕に (1980年)
先祖の御霊を移転したとき (1981年)
母が生前戒名を受けたとき (1981年)
白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)
英国紳士風宇宙人の訪問の夢 (1977年)
天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年)
幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た (1990年)
2013年までの夢見
他人の視座に入って夢見するか (2006年12月18日)
夢で雲龍が胸に飛び込む (2007年1月14日)
夢で彼女を羽根天使と見た (2007年1月16日)
母の盛大なお見送りでの彼岸入り (2007年9月22日)
母が探しものをして、うずくまってしまった夢 (2007年10月2日)
祖母と母が共に出てきた夢 (2007年11月3日)
母がえべっさんの日に流し台いっぱいの大きい鯛を買ってきた夢 (2008年1月)
母と私でフェリーを乗り継いでどこかに旅行する夢 (2008年2月)
彼女の夢に空海が現れ弥勒誕生を告げる (2008.9.24に詣で、その夜の夢でお告げを受ける)
奥山の庵にやってきた三猫を白虎と狛犬のつがいと見た夢 (2009年11月)
白虎のフーが行方不明になる一日前の未明に見た夢 (2010年10月)
出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)
すでに亡き彼女が別のタイムラインで生きている夢 (2013年10月3日)
白猫シャンが、この世で果たせぬ夢(子供を産み育てる)を、異界で果たしている夢を見た (2013年12月)
最愛の彼女がくれた14年が満了する直前に、千の風になる体験をする (2013年12月11日)
2014年以降の夢見
2014年から第四時空の展開・・・夢に神世の詮議の次第を伺う  (2014年5月3日)
夢で国常立尊に会う  (2014年5月8日)
夢で弁天三姉妹神、出立さる  (2014年5月10日)
芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)
5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)
6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)
いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)
○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)
とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)
雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)
源流へと辿る夢  (2015年1月22日)
また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)
日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)
久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)
奥付
奥付

閉じる


はじめに

私は、夢見で啓発されることを多く体験しておりまして、けっこう特殊な能力なんだろうと思っていたのですが、ヘミシンクという方法によって非常に簡単に夢見体験ができることを知りました。その方たちは、夜の眠りの時間帯を、レム睡眠、ノンレム睡眠の一周期ごとに、明晰夢で異界体験をして、そのたびに日記をつけるごとく、夢の内容を記述していかれているそうです。いや、実にすごい時代になりました。

 

やはり、明晰夢というのは、肉体ではない別の身体での体験であるようで、現実を総合的に別世界からの視点で捉えることのたいせつさを教えてくれるように思います。

ヘミシンクは夢見世界の体験ツールとして体系づけられていますが、私は長年にわたる人生の中で、不意にやってくる夢見の機会を大事にして、しっかり記憶し、何らかの書物にしたいと思っておりました。よって、夢見は数少ないです。

しかし、とても示唆に富んでおりまして、私がこの一生を謎解きに充てたと仮定しますと、謎解きのヒントを提示してくれたのが夢見の内容だったことが多いのです。しかもそれが後で線形の繋がりを見せてくるものですから、希少な経験ではあっても、その時点で逐一、分析を自分なりにしておくことが大事になり、その謎解きをするのがまた面白いという繰り返しでやってまいったような次第です。

 

私は自ら夢のコントロールをすることはあまりできません。しかし、おそらく守護霊といいますか、何者かが、啓発すべきことの必要に応じて私を特殊な視座にいざなうもののようです。

ノーコンなれどけっこう的確な夢見。これが私の夢見のモットーになっているように思います。

 

よく夢で大災害の夢をご覧になる方がおられます。ほんとうにそれが起きてしまった場 合、つまり正夢だった場合、ご本人もそうとう苦しまれるのだろうと思います。 私の場合は、大災害の夢は、そう、一度だけ大津波がやってきて、私自身が呑み込まれてしまう夢を見たことがありますが、自分自身は何の恐怖もなく、おお、やってきたという感じでぼおっと見ていたのを憶えています。

むろん今までそれが正夢になった経験は無いのですが。 (すでに死んでますわな) しかし、選択肢の中のパラレルワールドでのタイムラインの出来事なのかもしれないことなどをつらつら思ってみたりするのは、奇人の私ぐらいかも知れませんね。

 

事が私事に関する夢では、多く正夢になった経験があります。正夢というより、同時並行的に私の知らない事象が進行していて、それを知らないはずなのに、象徴夢として見てしまうといったものがあります。中には予知夢もあります。
主だったものは憶えているので、備忘録として、なるべく時系列を期して挙げていくことにいたします。

 

 


死せる父、夢枕に (1980年)

父が死に至る症状で倒れたとき、ちょうどその時刻に、下顎の臼歯がひとつ、前後に真っ二つに割れて、内側が取れてしまうという出来事が発生しました。
病院で、父の臨終の間際、ベッドの向うになにやら揺らめきのような、ちらつきのようなものが立ち上るのを目撃。
父の死の二日目の未明に鮮明な夢を見て、そこに父が現れました。その内容をむかし書いたものがあるので、参照願えたらと思います。
「死せる父、夢枕に立つ」
そこでは、父がうちの家系の菩提寺にいて、赤銅色の丸柱の横の黒電話から電話してきたわけでした。(電話している父の様子がこちらには見えている)
私が「今どこに居るん」と問うと、「しんしょうじに居る」という父の返事。それが、母も私もその時点では知らないはずの父の田舎の菩提寺の名前であることは、実際に関わることになって初めて分かったことでした。丹後伊根町の振相寺がそれです。住職はしんそうじと呼んでいましたが、しんしょうじと呼べなくもなく、 父は若い頃にそう呼び習っていたのかも知れません。赤銅色の柱は実際にありましたが、そこに黒電話はありませんでした。

それから数か月後に、今度は母が、「やっとお父ちゃん、夢に出てきたわ」と話してくれるに、父は「今晩の七時半からテレビに出るから見といてくれ」と言ったそうです。

さっそく私は、朝刊を持ってきてテレビ番組欄を見ると、メジャー局ではそれらしい番組はなかったですが、ローカル局のサンテレビで夜の七時半から「丹後の伊根はパラダイス」という別荘地分譲会社主催の番組が載っていたのです。

これだれこれだと、母に説明すると、「それなら今晩見とくわ」とのこと。私もポータブルデッキ型の録画機に録画予約して仕事に出ました。(この録画機・シャープのマイビデオは、小西六カメラとセットで初めてUFO撮影して成功した機材です)

さて、仕事から帰って母に問いますと、母は「じっくり見とったけど、出てこんかったよ」と言います。

まあたぶん、幽霊だから無理だろうとは思いつつも、録画機を再生しますと、やはり発見できませんでした。

霊能者ならば見えたりもするのでしょうが、そんな資質もなく、しょうがないなあ、またお父ちゃん、夢に出てきてや、で終わったわけでした。

父は、たぶんいちばん懐かしい故郷の地に戻っていったのでしょう。そこは父がまだ子供の頃に、野山を駆けたり海に潜ったりして、友達や兄弟や両親や村の人と過ごした土地でした。

その後、墓は神戸市のほうに移転しましたが、父には故郷が離れられなかったのではなかったでしょうか。

父よ、ご苦労様でした。ゆっくりしててください。

 


先祖の御霊を移転したとき (1981年)

私は名古屋で仕事していたため、それを理由に神戸の家のことはほとんど母と妹に任せていました。

母は、父をねんごろに弔うために、先祖の墓を神戸に移転することを計画。

私にはそのようなことを内緒にしていたのではなかったかと思うのですが、私は墓の移転する直前の未明の夢に、青黒い空間に、芋とその 根のつながりのようなシルエットが、横たわっていた状態から縦に起き上がり、それが何体か連なって立ち昇るという気持ちの良くない夢を見ています。
むろん、芋と根のつながりというのは、あちらでは土葬のゆえに頭蓋骨と脊柱がこのように見えたという次第だったかと思われ、魂抜きが抜かりなく行われたことを示すものであったと分かりました。

現実には土葬された実体を掘り起こして持って行ったりはしません。墓所の移転に伴う、形而上的な観念世界における儀式上の魂抜きなのです。それを実体的夢として見てしまうとはいかなること。夢とはいえあまり気持ち良くないものでした。


母が生前戒名を受けたとき (1981年)

父が亡くなったときの戒名を、神戸に先祖の御霊を移転した際に、新しい菩提寺にもう一度付け替えてもらったのですが、そのとき、母も生前戒名を作ってもらったのでした。
ちょうどその頃のこと、私は名古屋にいて、未明の夢に、浄円月を右肩に載せた白衣両翼の天使が、きれいな群青色の空に満天の星とバックコーラスを背景に出てきて、その肩の満月で私をピカピカ、ピカピカと照らしたのです。

天使の顔を見れば、まぎれもなく母の顔でした。
私はその頃から、インスピレーションが頻々と沸くようになったことを覚えています。
母の生前戒名は「智円妙定大姉」です。それを知ったのは、私が4,5年経って神戸に舞い戻ってからのことでした。
ちゃんと戒名どおりの現れ方をしていることになりませんでしょうか。名は体を現すとは、私の実名においてもそうでしたが、母もそうです。名は「禊」というのですが、まさに親、夫、子の三代に身を尽くした、カルマを消すような人生でした。

さらに戒名にいたって、月の天使として現れたこと。まだ母は当時ぴんぴんして生きていましたが、私に前もって正体を見せてくれたに違いないと思っています。と同時に、戒名さえも(霊)体を顕すのではないかと思ったことでした。

そういえば、よく「月よりの使者」を小さな 声で口ずさんでいた母でした。きっと本人が月よりの使者だったのでしょう。(母は倍賞千恵子にも似ています)



白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)

白球UFOがすいすい出てくる夢は、実際にUFO観測会に参加して、初めて実際に目撃した赤いブーメラン型UFOの"続編"として見ています。

UFOを初めて目撃したときの、きっかけとなったと思われる行為は、中天の夜空に向かっての「私を友達にしてくれますか」の問いでした。その相手は大きな赤橙色 の三日月形UFO(ブーメラン型UFO)で、視野のど真ん中に現れました。

その数日後の就寝時から、夢に白球型UFOが登場するようになりました。たいがい夢に出てくるときは、満天の星の夜空を、複数機でみずすましのようにすいすい飛び抜けるシーンでした。それはまさに、私を友達として誘うかのようでした。

 

詳細は「奥人のユーホー体験」をご覧ください。

また、ホームページにもあらましを載せています。 ⇒ UFO撮影同道記

 

また、この話には後日譚があります。夢で見た白球UFOが実在することがわかり、またそれに関わることになるのです。

 

その後の展開

 

白球UFOが本当に存在していることを確認したのは、同じようにすいすいとまではいかないまでも、ゆっくりと群れて飛んでいる映像や写真を見てのことです。 中でも、身近なところでは坂本廣志さんが、フジテレビ系の「100年後の超偉人伝」の取材ロケ日の前日の午後3時過ぎに白球UFOの大群を撮るという快挙をし、番組で放映されています。
彼は当時、武良さんと私の二人でやっていたUFOビデオ撮影友の会に新入会した人でした。UFOや宇宙人、伝説上の話題たっぷ りの人でしたが、これで彼の真実味が格段に増したことは言うまでもありません。

 

いかに夢の白球UFOが私たちの傍に現実化してきているか。むろん自分でも単体でなら目撃しながら撮影していますし、撮りっぱなしのビデオカメラになら8機の白球UFOが写っていたこともあり、目撃だけなら六甲山におけるGの嵐のロケの最中に、終盤で多数の白球UFOの出現 (私の肉眼では肌色に見えたが、テレビカメラには白球UFOとして写っていた) を目撃しています。

 

そして、最近では、武良さんが、たけしの番組で白球UFOを呼び寄せ、「UFOを呼べる男」として、マスコミデビューされるようになりました。

 

追記

2016年には米国でコーリー・グッドとデビッド・ウイルコックのテレビ対談によって宇宙的情報開示が開始され、2017年にはその邦訳がネット上に出されて、「よくある質問」コーナーにスフィアビーイング(球体存在)とのファーストコンタクトがいかなる手順で行われるかが載せられておりました。

質問者に対するコーリー・グッドの解答によると・・・

------------------------

Q47  スフィア・ビーイング・アライアンスは地球上の人達と夢を通じてコンタクトを始めるのですか?

A47  はい、それが彼らからの「ファースト・コンタクト」のプロトコル(手法)です。

どんな場合であれ、夢を通してコンタクトを受けます。未知のソースからチャネリングやテレパシーでのコンタクトを受けることはまずありません。

潜在意識・ハイヤーセルフレベルでコンタクトや交信を受け入れると、さらなるもしくは拒絶すると、さらなるコンタクトが他のプロトコルや標準的な活動プロセスに従って確立されます。

これはいかなる場合であろうと例外はありません。
2015年8月22日

------------------------

とのことで、私はどうやらスフィアビーイングとのファーストコンタクトをしてしまい、さらに後年に瞑想中に眉間から飛び込まれるという衝撃的なセカンドコンタクトをしてしまったようです。

 



読者登録

奥人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について