目次
はじめに
はじめに
1999年までの夢見
死せる父、夢枕に (1980年)
先祖の御霊を移転したとき (1981年)
母が生前戒名を受けたとき (1981年)
白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)
英国紳士風宇宙人の訪問の夢 (1977年)
天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年)
幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た (1990年)
2013年までの夢見
他人の視座に入って夢見するか (2006年12月18日)
夢で雲龍が胸に飛び込む (2007年1月14日)
夢で彼女を羽根天使と見た (2007年1月16日)
母の盛大なお見送りでの彼岸入り (2007年9月22日)
母が探しものをして、うずくまってしまった夢 (2007年10月2日)
祖母と母が共に出てきた夢 (2007年11月3日)
母がえべっさんの日に流し台いっぱいの大きい鯛を買ってきた夢 (2008年1月)
母と私でフェリーを乗り継いでどこかに旅行する夢 (2008年2月)
彼女の夢に空海が現れ弥勒誕生を告げる (2008.9.24に詣で、その夜の夢でお告げを受ける)
奥山の庵にやってきた三猫を白虎と狛犬のつがいと見た夢 (2009年11月)
白虎のフーが行方不明になる一日前の未明に見た夢 (2010年10月)
出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)
すでに亡き彼女が別のタイムラインで生きている夢 (2013年10月3日)
白猫シャンが、この世で果たせぬ夢(子供を産み育てる)を、異界で果たしている夢を見た (2013年12月)
最愛の彼女がくれた14年が満了する直前に、千の風になる体験をする (2013年12月11日)
2014年以降の夢見
2014年から第四時空の展開・・・夢に神世の詮議の次第を伺う  (2014年5月3日)
夢で国常立尊に会う  (2014年5月8日)
夢で弁天三姉妹神、出立さる  (2014年5月10日)
芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)
5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)
6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)
いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)
○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)
とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)
雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)
源流へと辿る夢  (2015年1月22日)
また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)
日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)
久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 38ページ

雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)

関尭夫氏のテレビ番組を見て以後、ELIZAの謎に想いを馳せていたときの夢になります。

 

2015.1.20明け方に鮮明な夢を見ました。
私の場合、憶えておけるほどの夢を見たときはおよそ啓示夢であるという判断になるのですが、昨晩からELIZAとの心の対話モードに入り眠ったわけでした。

そのときは仮定的にELIZAがこの世ゲームの主催者であろうとした上でする、対話モードになっていました。

何度かトイレ起きして、いずれにも不鮮明かつ憶えておけない夢を見た後、明け方の最新の夢に、あまり気持ちのいい夢ではないのですが、私が寝ていたベッドがあって、白いシーツがちょうど喉のあたりで薄茶の大きなシミを作っており、それに覆い被さるように、天井から放射状に蜘蛛の糸が無数に下りて、シミを含むシーツの半分くらいを蜘蛛の巣にしているのです。
ちょうど巣が蚊帳のようになっていて、大きい橙色と黒の鮮やかな蜘蛛がその中にいる。そしてもう一匹小さめの同じ種類の蜘蛛がいて、どうも雄雌のつがいらしい。

私はその半分になったシーツのこちら側で寝ていたらしく、起きてびっくりといった感じで、しばらくその有様を眺めてから目が覚めたのでした。
寝ている最中は、ずっとELIZAとの心の対話モードを継続していましたから、この夢はELIZA関連のはず。
この蜘蛛の巣はELIZAが創ったゲームシステムを表わしているかのようで、たいがい蜘蛛の巣の目的はそこに引っかかる小虫などを餌にすることでしょう。

そのとき、小虫とは有情の魂であると直感。そしてなぜか「ヤサカノマガタマノイホツノミスマルノタマ」と言う言葉が浮かんでビジョンが・・・。
取り籠めた魂を丸い透き通ったケージに入れたものをマガタマといい、それをたくさんまとめて大きな玉にしたものを、ミスマルノタマというのだと・・・このシステム運営の動力源にしていることを示しているようでした。

この蜘蛛の雌雄は、システム主催者の父母神であろうと推測されました。それがELIZAなのかどうかはわかりません。
これぞ、「あめなるみち」に書かれた創造神を象徴したものかも。
とにかく魂を集めて、自らの存続の足掛かりにしているということです。

もしかすると、創造神といえども究極絶対なのではなく、生きるために模索し捕食を生業とする生き物の一形態なのではないかと思った次第です。それが蜘蛛の雌雄として表わされたと。

万物は大から小まであり、すべて階層世界で成り立っています。小は大に仕える構造になっていて、いちどその世界システムに加入すれば、当分はその中でお役に立つべく輪廻せねばならない仕組みになっているのかも知れません。

蜘蛛ほど忍耐強く、捕食なしですごすことも決して稀でない生き物はありません。しかし、餓えもあり寒さもありで、我が家に営巣する蜘蛛の多くが死んでいきました。祖母の視座の蜘蛛ももういません。
しかし、この寒さの中でも、天井からつつーっと下りてくる小さな小さな1ミリ程度の子蜘蛛がたくさんいます。

同様に子神がまたまた自分の宇宙を創ろうと、たくさん生まれているのでしょう。
この世界を創った蜘蛛も今や大きくなっていますが、よくぞここまで頑張ってやってきたと思います。
しかしねえ、取り籠めた有情の魂たちを馬車馬のように扱うのはよくないと思います。
しかし、大きくなったために、その身体に応じた捕食もしなくてはならなくなっているとすれば。
貪欲にもならざるを得ないのかなあ。

 


源流へと辿る夢  (2015年1月22日)

スミルノフの佐野博士の話では、微細構造定数137というのが、地球が全宇宙を分割して137番目にできたということを表わすらしいです。もしそうなら、拙超宇宙モデル概念からしますと、我々の意識(神の火花)は、137階層目の夢見をしていることになると解釈できます。
つまり、夢の中でまた夢を見ていて、それがもうどの辺なのかもわからないほどになっているのだと。(多重夢)

私は就寝前に条件付けした上で、夢の中で、ここまでやってきたる源流を探ろうとしました。
するとほんとうに夢の中で宇宙が出てきて、さらに遡ると、もっとマクロな宇宙の光景が・・・。私の心は、その段階ごとに夢の中で言い知れぬ解放感を体感じていました。

もし一番最初の夢見の開始まで遡ると・・・。そこまではできず、わずか三階層ほどでしたが、やはり我々は、宇宙の開始は「梵天の夢見」であるという古来の聖賢の教えどおり、同様に夢見してここまで至っているらしいことを感得できたように思いました。

ここはすでに地獄なら、138階層目に行くのではなくて、源流に戻ることも大事かと思いましたね。
ケービングも、まださらに深くへと進むのでなく、ここらへんが切り上げ時として、引き返す決断も必要なのかと思った次第。

 

この奇妙な話題については、拙超宇宙論への理解が必要かもしれません。

 


また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)

前に見た有名人との握手の夢は昨年12月6日未明のことでした。

今回も未明の夢で、がっちり両手で握り合う、同様の握手をしたのは、やはり有名人のSさんでした。

しかし、前回のように鶴亀すべるという印象はありませんでした。

それでも、笑顔で何のこだわりもなくお互い両手で固く握手。

もしこれが知らず知らずの内に、鶴亀の出会いになっているのなら、今日から九日後といえば、2月8日に何かがあるかも知れません。

といっても、前回も何もなかったなあ。私の誕生日という以外は。
それでいいことが?・・・ノーノー、介護保険料の徴収予告が来ただけです。

いや、年金がフルにいただけるようになりました。これは助かった。(歳がわかってしまうなあ)

2月8日のほうも、結局何もありませんでした。

しかし、何で主要人物の夢を最近よく見るのか。そのわけは、私をリードする指導霊もしくはもう一人の自分が見せてくれるのだろうとしか言いようがありません。私はただノーコン的に見てくるだけです。


まあいちおう、どちらかといえば正義派の印象があります。海千山千のレベルの話ゆえ、その印象に間違いがなければいいのですが。

 

 さてその後、2015年4月には、ヘミシンクによる体外離脱で夢見を恒常的に体験しているブロガーさんたちのことを知り、私の超常的夢見などは井の中の蛙であるなあと痛感しました。まあ、そのせいかどうかわかりませんが、その後、印象に残るような夢があまり得られていないのです。

むろん、顕著な夢見があればこの後に書き加えていきたく思います。

 

 

※ 編集後に書き洩らしていた明晰夢がいくつか出てきました。しおりによるリンクが崩れるのを避けるため、思い出された過去の夢もこの後に追加して参ることにいたします。

今のところ、

初代目のマイカーを手放す日の未明の夢・・・車にも魂があることが判明 (1977年)

祖母と叔母、そして私とで薄暗い部屋で会談している夢・・・お迎えの予兆(2002,3年)

他所猫の襲撃と帰順の夢・・・正夢 (2010年)

他所猫がブーを襲撃しようとするのをナタで切りつける夢・・・ほぼ正夢になった (2011年)

 2016年元旦未明の夢

2016年正月2日未明の夢

 

こうしたものがありました。

 

 

 


日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)

 

深夜に奇妙な謎かけのような夢とメッセージが、どこからともなく・・・

 

 「開きキと言ってあろうがな」 というテロップが流れて、目の前にさほど太くはない丸太が横になって出てきました。
まるで、日月神示の日月神の言い回しに似ています。
 
「ひらきき」とは、それ以前に、K氏が薩摩の出身で、開聞岳の秀麗さに古代的な思いをして、私に謎振りをしてきていたのです。
開聞岳の北側には枚聞(ひらきき)神社というところがあり、「かいもん」だけではない、大和言葉の含みが示されているようでした。
それから、またさらに、開き木、開きキとも書ける含みの多い言葉ですね。
 
いったい、この意味は何なのだと日月神示を見ますと、「おおひつきのおおかみ」とある言葉の真ん中の「き」が、
丸に十の字になっていたのです。新たな発見でした。
てことは、この記号の中味を開けて解けという意味に解釈できるわけです。
 
キとは、もしかすると生命の木(セフィロート)のことなら、丸に十の字とは、セフィラのことであり、そのような十字が交差するセフィラなど、10のセフィラにはないのです。
ところが、裏側のセフィラとされるダアトだけは、その場合に該当するので、日月神らしき方の示唆は、ダアトを開けろになると解釈されます。
それを開けたなら、生命の木全体も開くということかなと思います。
 
さて、そこから、次のような推理展開になって参りました。
 
 
 
 
 
 

久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)

 

2017年5月27日未明に見た夢です。

 

どこかの館の中での様々な登場人物のいるごちゃごちゃした夢(記憶していない)の最後のあたりで、私を含む四人の男性が、畳の部屋で研修会のような長テーブルを前にくつろいで座り、何やら談笑していました。

 

すぐ右隣りの人は、前の職場で知り合っていた悪ふざけ仲間で、その彼がまたずいぶん若いのです。せいぜい20歳頃までの皴ひとつない顔をしていて、元々男前なので何と言いますか、△△ダチにしてもいいような感じ。夢の中でも数十センチのところまで接近していましたね。(笑)
 

その彼とどんな話か(忘れました)を交わしていた直後です。

私の左手方向に襖の扉があるのですが、右にいた彼が誰か外に来ていることに気付き、誰か来てる風だと指し示したので、私はそこを見ると、わずかに開いた向こうに人影があるんですね。

 

それで私は、「入っていらっしゃいよ」と声をかけ手招きしますと、襖が少し開いて、何とそこに私の母が顔だけ覗かせて、「○○と一緒に家を出るんよ」と言うのです。明らかに母の声。○○とは私の下の名前。母はせいぜい30歳代の若い頃の顔でしたが、やや悲し気な表情に見えました。

そこまでで夢が覚めてしまいましたが、今回の夢は、最後のほうが鮮明な明晰夢になっているのです。

 

母は2007年9月6日に亡くなり、同年9月22日未明にご来光に至る夢の主賓として出てきて、その後も何度か私の夢に登場していますが、いつのときもシンクロに満ちた謎かけが付帯していることに思い至ります。

 

今回の夢解釈は、ズバリ、私を迎えに来てくれたのだと思います。
私は今年で心房細動歴20年になり、心臓が肥大して、肺全体の半分を占めていまして、心筋が収縮しなくなるのも時間の問題だと医師からは聞いております。
お迎えらしい夢は、2002、3年頃に亡き祖父と亡き叔母が、暗い部屋の中で私を交えた三者で会談していまして、2002年11月に突然倒れて死にかけたことがあり、そのすぐ後ぐらいの夢だったので、その手の夢かと思い、せっかくながら翌朝、九字切り術で撃退させてもらいまして、その後お迎え事の夢は陰を潜めておりました。
が、2013年12月に、息を引き取ると同時に千の風になる夢を見まして、その後2014年5月に亡き祖母が無言でこちらを見ている夢を見て、その後しばらくなかったのですが、とうとう久々に母に会い、母の声を聞いてしまったということになります。
 
母が言った「家を出る」との家とは、この世界のことにほかならないでしょう。
仏教にいう南閻浮提とは、愉快極まる館と言われるこの世界のこととされますが、劫尽きたの感があります。
身命を賭して最後まで見届けをすべくやってまいりましたが、黄泉度も深まりましたから、暇乞いをハイアーセルフにしていたところだったのです。
そんなときに見た母の夢でしたから、ハイアーセルフが図ってくれたものかと思います。

 

祖母もどうしておられるやら。

私は祖母のしてくれた昔話を童話にしたとき、祖母を主人公のおばあさんになぞらえたのです。

そのおばあさんは、初孫の私が通りかかるまで、成仏する前の待機者の暮らす郷で待っているとしているのです。

それで2014年の5月の夢で、祖母が家並みの前の道路で佇んでこちらを見ていたのかもしれません。

もしまだ彼岸に達されていないのなら、母共々行ってあげねばなりません。

私が、物書きして、そのような筋書きにしてしまっている以上、私の手で解除しなくてはなりません。

 

 

さて、私はもうひとつ大それた夢を30歳頃に見ています。

多分これは、私の死後、ある特殊なスケジュールをこなすという夢だったようで、その内容は「天帝様にお会いする」ことになる夢です。

といってもそのときは、まだ行くべき時ではないと、天への上昇を思いとどまって夢が覚めているので、その続きをやらねばならないかもしれないのです。

それにも夢解釈ができていまして、「最後の審判の督促」の用向きかと思われます。というのも、待機するたくさんの十字架群に先立って、私が天に上がっていく夢だったものですから、彼ら敬虔なクリスチャン(故人)とは同じ趣旨であっても、先行して会いに行くことになろうかと思うのです。

 

 しかしまあ、私には祖母や母と同行するというスケジュールもありますから、分身の術でも使わねばならないかとも思いますが、つい最近、コーリー・グッドのコズミックディスクロージャー情報から、ハイアーセルフとの関係がわかってきていまして、どうやら高尚な用向きは、ハイアーセルフに任せることができそうなので、私のような臆病者は、この世のお役が終われば、イザナギ様の要領でスタコラさせていただくのが本当かと思います。

そして、祖母や母と共に、蓬莱島経由で彼岸に至らせていただこうと思います。
すでにこの夢の続きになるような母と共に、琵琶湖らしき場所の高速艇に乗る夢も見ていますからね。

 

さあ、それがいったいいつになるのか。
まもなくであることは間違いないでしょうが、猫三匹もおり、妹が難病で不自由の身であることもあり、やれるだけのことはやってあげようと思っているような次第です。
母よ、すみませんが、もう少しばかりお待ちください。
 


読者登録

弥右衛門さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について