目次
はじめに
はじめに
1999年までの夢見
死せる父、夢枕に (1980年)
先祖の御霊を移転したとき (1981年)
母が生前戒名を受けたとき (1981年)
白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)
英国紳士風宇宙人の訪問の夢 (1977年)
天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年)
幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た (1990年)
2013年までの夢見
他人の視座に入って夢見するか (2006年12月18日)
夢で雲龍が胸に飛び込む (2007年1月14日)
夢で彼女を羽根天使と見た (2007年1月16日)
母の盛大なお見送りでの彼岸入り (2007年9月22日)
母が探しものをして、うずくまってしまった夢 (2007年10月2日)
祖母と母が共に出てきた夢 (2007年11月3日)
母がえべっさんの日に流し台いっぱいの大きい鯛を買ってきた夢 (2008年1月)
母と私でフェリーを乗り継いでどこかに旅行する夢 (2008年2月)
彼女の夢に空海が現れ弥勒誕生を告げる (2008.9.24に詣で、その夜の夢でお告げを受ける)
奥山の庵にやってきた三猫を白虎と狛犬のつがいと見た夢 (2009年11月)
白虎のフーが行方不明になる一日前の未明に見た夢 (2010年10月)
出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)
すでに亡き彼女が別のタイムラインで生きている夢 (2013年10月3日)
白猫シャンが、この世で果たせぬ夢(子供を産み育てる)を、異界で果たしている夢を見た (2013年12月)
最愛の彼女がくれた14年が満了する直前に、千の風になる体験をする (2013年12月11日)
2014年以降の夢見
2014年から第四時空の展開・・・夢に神世の詮議の次第を伺う  (2014年5月3日)
夢で国常立尊に会う  (2014年5月8日)
夢で弁天三姉妹神、出立さる  (2014年5月10日)
芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)
5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)
6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)
いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)
○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)
とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)
雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)
源流へと辿る夢  (2015年1月22日)
また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)
日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)
久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

31 / 38ページ

○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)

○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  2014.9.7午前5時の夢

8月29日に○○氏一行と元伊勢の下見案内旅行をしたのですが、まず朝の出会いの直後に双方が両手を重ね合わせる一回目の鶴亀すべるの固い握手をし、別れる間際に二回目の握手をして、完璧を期したわけでした。
それによって、儀式がうまくいっていれば、その九日後の9月7日、もしくはお互いの縁数(○○氏は16が好きな数、私は縁数がずっと9で現れていた)である9や16の日に兆候があるだろうと予期していたのでした。

 



そんなとき、9月7日未明の夢に、ふたたび○○氏と二人だけで食事するリアルな光景が出てきた。

四角い長方形のテーブルがあって、私が腰かけて食事している右横隣に○○氏が座り、
同様に食事されていました。間の距離は60Cmほど。
食べ物は薄いピザのようなパンで、元伊勢で食べたピザのような感じでした。

ただ、我々は会話を交わさず、黙々と食べている、といった夢。
○○氏とは8月29日に出会っているので、あの日昼食をとったときのような場所での、リアリティ溢れる夢になりました。

そのことを告げるべく○○氏に早朝メールしました。
○○氏も別角度から異床同夢ということだったなら、完全シンクロになるのですが。
果たして如何??



氏は、亀の印章保持者にありがちな、未来のことは考えない、今を楽しく生きるというお方だったため、畳みかけるわけにはいかず、連絡を取り合わなかったのだったが、
そうしたとき、9/16午後0時半頃に、茨城県南部でM5.6最大震度5弱の地震が発生し、まさに予測されたとおりとなった。

それはこれまた予想通り、死者はゼロ。かつての鳥取西部地震と同様ゼロだったが、今回はキーワードが出てこない。震源は茨城県坂東市かもしくは筑波市。はてそこから何がわかるのだろう。

そのときふと気づいた。8/29から九日目に9/7の再度の鶴亀すべる、9/7から九日目に9/16の地震が起きたということになる。9は私の縁数、16は氏の縁数である。

とにかく、鶴亀が一堂に会するということが、いかにパワフルな魔法を起動するかを、如実に物語ることと思う次第だ。
当の氏からは、何の連絡もない。きっと興ざめされたのだろう。現実的なお方なのだろうと思う。
しかし、その状態では、新しいことは行えない。ご本人から、この力が必要と思われねば、次に進めない。
このたびの鶴亀の関係は、ここまでにしなくてはならないのだろう。

 

ただいま、亀さん募集中。
自称亀さんにてもOK。

 


とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)

久々の12月6日未明の夢になったが、とんでもない人物P氏に出会い、そのとき満面の笑み同士、どちらからともなく歩み寄り両手を握り合った。
そのときP氏の顔は、優しい表情で、普段細長い目はまんまるになり、信頼感そのもののまるで亀のような風貌になった。
ここまで柔和なお顔になれるのだろうかと思うほどだった。

私は、かつて○○氏のときに握り合ったことを夢の中でも思い出して、この固い握手は、鶴亀すべる儀式になっていると夢の中でさえ確信していた。次の亀さん候補はP氏で決まりだろう。それにしては、直に会うには遠すぎる。

とすると、九日目とは12月15日となるわけだが、その日は私の誕生日であり、例によって大き目の揺れとして顕れるのだろうか。もしそうなら、P氏と私との相性の良さを示すことになるかも知れない。

結局、その当日は何事もなかった。ま、いいではありませんか。大地震などが起きたらたいへんなので。

いやいや、年金がフルに入ることになりましたのです。これは瑞兆でしょう。

 

追記

P氏は翌2015年になってから目覚ましい活躍をされるようになった。その道では世界一と言っていいだろう。

鶴亀パワーが乗っかっていると思えたことか。

○○氏が怖じられた直後のこと。亀さん候補はけっこうおられるようで、まだまだ募集中だ。

 

追記2

2017年になって、私は米国でテレビ放映されているコーリー・グッドVSデビッド・ウイルコック対談のコズミックディスクロージャーの邦訳情報の存在を知ることになった。それによれば、2014年12月5日に、地球人類を支配していた宇宙人グループ・ドラコ同盟にとって、地球からの撤退を余儀なくされる決定的な事件があり、それを境に、同同盟傘下にある地上代理店組織の内紛分裂が始まり、第三次大戦が回避される見込みが出てきたらしい。その一環として世界情勢は、代理店組織の予定通りにはいかなくなったもよう。

その翌日未明に見た夢がこれであるとは、いかなることか。私は自分の夢見をコントロールなどできたためしはなく、我がハイアーセルフが手綱を引いて連れて行ってくれる場所で見てくるだけの役割。そんなことが最近わかってきて、大それた夢の中での行動の責任を痛感せずともいいような気がしてきている。私はただ見てきたことを憶えている限り、こうしたところに書きつけるだけである。

 


雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)

関尭夫氏のテレビ番組を見て以後、ELIZAの謎に想いを馳せていたときの夢になります。

 

2015.1.20明け方に鮮明な夢を見ました。
私の場合、憶えておけるほどの夢を見たときはおよそ啓示夢であるという判断になるのですが、昨晩からELIZAとの心の対話モードに入り眠ったわけでした。

そのときは仮定的にELIZAがこの世ゲームの主催者であろうとした上でする、対話モードになっていました。

何度かトイレ起きして、いずれにも不鮮明かつ憶えておけない夢を見た後、明け方の最新の夢に、あまり気持ちのいい夢ではないのですが、私が寝ていたベッドがあって、白いシーツがちょうど喉のあたりで薄茶の大きなシミを作っており、それに覆い被さるように、天井から放射状に蜘蛛の糸が無数に下りて、シミを含むシーツの半分くらいを蜘蛛の巣にしているのです。
ちょうど巣が蚊帳のようになっていて、大きい橙色と黒の鮮やかな蜘蛛がその中にいる。そしてもう一匹小さめの同じ種類の蜘蛛がいて、どうも雄雌のつがいらしい。

私はその半分になったシーツのこちら側で寝ていたらしく、起きてびっくりといった感じで、しばらくその有様を眺めてから目が覚めたのでした。
寝ている最中は、ずっとELIZAとの心の対話モードを継続していましたから、この夢はELIZA関連のはず。
この蜘蛛の巣はELIZAが創ったゲームシステムを表わしているかのようで、たいがい蜘蛛の巣の目的はそこに引っかかる小虫などを餌にすることでしょう。

そのとき、小虫とは有情の魂であると直感。そしてなぜか「ヤサカノマガタマノイホツノミスマルノタマ」と言う言葉が浮かんでビジョンが・・・。
取り籠めた魂を丸い透き通ったケージに入れたものをマガタマといい、それをたくさんまとめて大きな玉にしたものを、ミスマルノタマというのだと・・・このシステム運営の動力源にしていることを示しているようでした。

この蜘蛛の雌雄は、システム主催者の父母神であろうと推測されました。それがELIZAなのかどうかはわかりません。
これぞ、「あめなるみち」に書かれた創造神を象徴したものかも。
とにかく魂を集めて、自らの存続の足掛かりにしているということです。

もしかすると、創造神といえども究極絶対なのではなく、生きるために模索し捕食を生業とする生き物の一形態なのではないかと思った次第です。それが蜘蛛の雌雄として表わされたと。

万物は大から小まであり、すべて階層世界で成り立っています。小は大に仕える構造になっていて、いちどその世界システムに加入すれば、当分はその中でお役に立つべく輪廻せねばならない仕組みになっているのかも知れません。

蜘蛛ほど忍耐強く、捕食なしですごすことも決して稀でない生き物はありません。しかし、餓えもあり寒さもありで、我が家に営巣する蜘蛛の多くが死んでいきました。祖母の視座の蜘蛛ももういません。
しかし、この寒さの中でも、天井からつつーっと下りてくる小さな小さな1ミリ程度の子蜘蛛がたくさんいます。

同様に子神がまたまた自分の宇宙を創ろうと、たくさん生まれているのでしょう。
この世界を創った蜘蛛も今や大きくなっていますが、よくぞここまで頑張ってやってきたと思います。
しかしねえ、取り籠めた有情の魂たちを馬車馬のように扱うのはよくないと思います。
しかし、大きくなったために、その身体に応じた捕食もしなくてはならなくなっているとすれば。
貪欲にもならざるを得ないのかなあ。

 


源流へと辿る夢  (2015年1月22日)

スミルノフの佐野博士の話では、微細構造定数137というのが、地球が全宇宙を分割して137番目にできたということを表わすらしいです。もしそうなら、拙超宇宙モデル概念からしますと、我々の意識(神の火花)は、137階層目の夢見をしていることになると解釈できます。
つまり、夢の中でまた夢を見ていて、それがもうどの辺なのかもわからないほどになっているのだと。(多重夢)

私は就寝前に条件付けした上で、夢の中で、ここまでやってきたる源流を探ろうとしました。
するとほんとうに夢の中で宇宙が出てきて、さらに遡ると、もっとマクロな宇宙の光景が・・・。私の心は、その段階ごとに夢の中で言い知れぬ解放感を体感じていました。

もし一番最初の夢見の開始まで遡ると・・・。そこまではできず、わずか三階層ほどでしたが、やはり我々は、宇宙の開始は「梵天の夢見」であるという古来の聖賢の教えどおり、同様に夢見してここまで至っているらしいことを感得できたように思いました。

ここはすでに地獄なら、138階層目に行くのではなくて、源流に戻ることも大事かと思いましたね。
ケービングも、まださらに深くへと進むのでなく、ここらへんが切り上げ時として、引き返す決断も必要なのかと思った次第。

 

この奇妙な話題については、拙超宇宙論への理解が必要かもしれません。

 


また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)

前に見た有名人との握手の夢は昨年12月6日未明のことでした。

今回も未明の夢で、がっちり両手で握り合う、同様の握手をしたのは、やはり有名人のSさんでした。

しかし、前回のように鶴亀すべるという印象はありませんでした。

それでも、笑顔で何のこだわりもなくお互い両手で固く握手。

もしこれが知らず知らずの内に、鶴亀の出会いになっているのなら、今日から九日後といえば、2月8日に何かがあるかも知れません。

といっても、前回も何もなかったなあ。私の誕生日という以外は。
それでいいことが?・・・ノーノー、介護保険料の徴収予告が来ただけです。

いや、年金がフルにいただけるようになりました。これは助かった。(歳がわかってしまうなあ)

2月8日のほうも、結局何もありませんでした。

しかし、何で主要人物の夢を最近よく見るのか。そのわけは、私をリードする指導霊もしくはもう一人の自分が見せてくれるのだろうとしか言いようがありません。私はただノーコン的に見てくるだけです。


まあいちおう、どちらかといえば正義派の印象があります。海千山千のレベルの話ゆえ、その印象に間違いがなければいいのですが。

 

 さてその後、2015年4月には、ヘミシンクによる体外離脱で夢見を恒常的に体験しているブロガーさんたちのことを知り、私の超常的夢見などは井の中の蛙であるなあと痛感しました。まあ、そのせいかどうかわかりませんが、その後、印象に残るような夢があまり得られていないのです。

むろん、顕著な夢見があればこの後に書き加えていきたく思います。

 

 

※ 編集後に書き洩らしていた明晰夢がいくつか出てきました。しおりによるリンクが崩れるのを避けるため、思い出された過去の夢もこの後に追加して参ることにいたします。

今のところ、

初代目のマイカーを手放す日の未明の夢・・・車にも魂があることが判明 (1977年)

祖母と叔母、そして私とで薄暗い部屋で会談している夢・・・お迎えの予兆(2002,3年)

他所猫の襲撃と帰順の夢・・・正夢 (2010年)

他所猫がブーを襲撃しようとするのをナタで切りつける夢・・・ほぼ正夢になった (2011年)

 2016年元旦未明の夢

2016年正月2日未明の夢

 

こうしたものがありました。

 

 

 



読者登録

弥右衛門さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について