目次
はじめに
はじめに
1999年までの夢見
死せる父、夢枕に (1980年)
先祖の御霊を移転したとき (1981年)
母が生前戒名を受けたとき (1981年)
白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)
英国紳士風宇宙人の訪問の夢 (1977年)
天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年)
幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た (1990年)
2013年までの夢見
他人の視座に入って夢見するか (2006年12月18日)
夢で雲龍が胸に飛び込む (2007年1月14日)
夢で彼女を羽根天使と見た (2007年1月16日)
母の盛大なお見送りでの彼岸入り (2007年9月22日)
母が探しものをして、うずくまってしまった夢 (2007年10月2日)
祖母と母が共に出てきた夢 (2007年11月3日)
母がえべっさんの日に流し台いっぱいの大きい鯛を買ってきた夢 (2008年1月)
母と私でフェリーを乗り継いでどこかに旅行する夢 (2008年2月)
彼女の夢に空海が現れ弥勒誕生を告げる (2008.9.24に詣で、その夜の夢でお告げを受ける)
奥山の庵にやってきた三猫を白虎と狛犬のつがいと見た夢 (2009年11月)
白虎のフーが行方不明になる一日前の未明に見た夢 (2010年10月)
出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)
すでに亡き彼女が別のタイムラインで生きている夢 (2013年10月3日)
白猫シャンが、この世で果たせぬ夢(子供を産み育てる)を、異界で果たしている夢を見た (2013年12月)
最愛の彼女がくれた14年が満了する直前に、千の風になる体験をする (2013年12月11日)
2014年以降の夢見
2014年から第四時空の展開・・・夢に神世の詮議の次第を伺う  (2014年5月3日)
夢で国常立尊に会う  (2014年5月8日)
夢で弁天三姉妹神、出立さる  (2014年5月10日)
芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)
5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)
6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)
いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)
○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)
とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)
雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)
源流へと辿る夢  (2015年1月22日)
また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)
日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)
久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 38ページ

芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)

夢の中で、私はどこにあるかは知らない社寺らしきところで、白装束うす黄袴の宮司らしき年配の人に出会い、さらに奥にある旧い道教寺院のような、謎掛けに満ちた造りの、横長長方形を主体にした彫刻の壁のところに連れていかれ、宮司さんが手渡す二つの木製らしき鍵を、四つか五つある鍵穴差しのようになった長方形の中に差し込むように指示されました。

この宮司さんもそれをしたかったようですが、場所によっては高いところにあって、私なら手が届いたのです。
ひとつ目は、下のほうにあって簡単に差し込めました。
二つ目を高いところにある穴に差し込もうとすると、しっかりとせず、それはダミーの穴とわかります。
それで、その左のほうにあった穴に差し込むと、しっかりとした手応えがありました。

それらの行為により、扉は開かれたように思いますが、それから先は記憶にないのです。

何の扉だったかについては推測でしかありませんが、書庫のような感がありました。

夢の宮司のことを、目が覚めてから思うに、むくれ上がった頭の様子から、どうも芦屋道満ではなかろうかと思います。
彼は私に何かを見せたかったのではないか。
しかし、それは夢の記憶の中に埋没してしまいました。

その直後、これまた奇遇にも、ネットサーフしていて、アメノホヒの下界降臨場所が六甲山であるとわかることになりました。ホヒはもしかしたら、すでに見てきたように私の本体(ハイアーセルフ)かもしれません。
磐座は六甲カントリーハウス内にあるらしいのです。(行ってみたい) 磐座も重厚で、見事な配列をしていそうです。
http://mysteryspot.main.jp/mysteryspot/rotukou2/rotukou2.htm  この中ほどに堂々鎮座。

芦屋神社の磐座にもなっているそうです。(芦屋神社は道満の神社ではないとされますが、私は道満が司祭していたと思います)

謎解きのターゲットが六甲山に収束しています。
カンナオビ(奥津嶋姫の化身)の体験夢によると、ホヒはたくさんの書類を神界から持って降りているはず。
ホヒが天降して最初に協力を取り付けたのが、先修験者の天狗さんたちだったかと推測します。

 

ところが天狗さんたちは、仏教僧侶(空海?)の呪法によって封印されてしまったようです。
私が武良さんのUFO撮影ポイントとしての六甲山に付き添うようになったのも、定められた導きだったようで、2004年中頃に六甲山で撮影した中に、天狗系UFOがたくさん撮れています
大天狗さんの神霊写真まで。

そしてみんな封印解除をして差し上げられたように思います。
2005年に、全国の道路のガードレールに、三角の金属片が刺さっている事件がありましたね。

これは、天狗さんたちが封印呪詛されたときの金型を脱ぎ捨てて、置いて行かれたのではないかと解釈しています。
謎解き=封印解除になっているという好例かと。

まとめはここに。⇒ 天狗様たちの封印解除は謎解きによる



5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)

この夢の内容は、起床してすぐに○○氏あてのメールにしたため送りました。
それを。
-------------------------------------------
○○ 様

先回のメールは、かなり傲慢な内容だったかと反省しております。申し訳ありません。
顕著な夢を見てしまうのは、いつもたいがいこの時間帯になるのですが、今朝未明に、亡き祖母の夢を見ました。
祖母が鄙びた民家の前で、家に入ろうとしている姿でこちらを眺め、にこっと笑っていたのです。

祖母は、平成六年四月に亡くなっています。ちょうど20年前になります。
祖母が夢に出てきたのは、これで二度目です。

最初のときは、母が亡くなってすぐのことで、祖母と母の二人が出てきました。平成十九年十月頃でしたか。
母の亡くなったのは九月です。(いい話でないので申し訳ないです)

そのときの祖母は、墨染めの尼僧服を着て、私に対面しながら、何か話をしてくれたのですが、声がいっこうに聞こえず、ただ私は、祖母の剃髪した顔と頭をしげしげと見つめておりました。
というのも、祖母の顔と頭には皺ひとつどころか、まるで赤子の肌のように透き通っていて、血の通いすら感じられたほどだったからです。

そのときは、夢の中ですら、驚いて見ていたようなことでした。祖母が何を話しているか、さっぱりわかりませんでしたけど。
そのあとすぐに、母が普段着姿で現れて、現場はどこか園芸店的な店の中だったのですが、母は店員さんに口に手を置くいつものしぐさで、何か尋ねていました。

なんで祖母が、寂聴さんのようないでたちだったのかと思いますに、祖母亡きすぐあとに、こんな童話を書いておりまして、この話は祖母から教わっていた話を少しアレンジしたものです。
「たつえおばあさん」

主人公は祖母をモチーフにし、出来が悪く気がかりな孫というのが私です。
その中で、おばあさんは孫が前を通るまで、霊界の入口にある里で、里暮らしをするという設定です。

しかし、おばあさんは、仏教に精通していますから、山寺で通行人を集めて講話する仕事をするのです。
夢見した当時は、講話の時の姿でやってきたのではないかと、思ったりしたものです。

今日の祖母は、いつもの皺の顔の白髪で普段着姿でしたが、背はしっかりと伸びていました。
晩年は背が丸まってたんですが。
向うの世界では、年齢など関係ないようです。というのも、母も亡きあと、何度か夢に出てきたのですが、若い姿で出てきた時には、まぶしいほどの輝きでしたから。

なお、童話「たつえおばあさん」は、富山の大学病院の末期医療現場で使ってもらっていたようです。
読者の方(お医者さん)から、そのようなお知らせをいただいています。
私も、祖母のお手伝いをさせてもらっているのかも知れません。腕白者のひとりとして。
ありがとうございます。

何で、今になって祖母が夢に・・・。待ちくたびれているようでもありました。
いつまでも里でお待たせしていてはいけません。
シンデレラタイムがリミット近くなったこともあります。
私の場合は、玉手箱を開けるときがやってきたということでしょう。

しかし、シンデレラのときも、浦嶋のときも、魔法の時間が終わった後にこそ、本当の幸せ時間がやってきたのでした。
私は少なくとも、蓬莱島に還り、鶴になって亀とともに暮らします。
御伽草子を作っていてくれて、ありがとう。

いや、まだ神界でやらなあかんことが、たくさんありますわ。新神話にスケジュール組んでますから、実現するに決まってます。幸せタイムは、しばしおあずけかも。祖母には先に行ってもらわねばならなくなるかも。

(それも問題ないようです。私には内なる自分・ハイアーセルフがいて、神霊の行動については彼がやってくれる見込みです。付き合わされる場合は従いますが、私にもお閑をいただける時がほしいですからね)

 

 


6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)

6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて、なにやら彫像を運んできた・・・髑髏ダビデ像
それも○○氏へのメール文から引用する。

○○様

いつも、あまりいい話をお持ちできないので申し訳ないのですが、
今朝の未明深夜に、まったく久々に夢を見まして、その話です。

猫がさみだれ式に餌をねだりにやってくるその合間に少しうたた寝したのですが、
2014.6.25 午前2時45分から3時20分までに見た夢に(たった30分ほど)
母が出てきて、いいものを持ってきたから見せると、
広くふすまを両側に開けたので、私が何事かと見に行くと、
玄関からはいったところの、暗い空間に、
ダビデだとの声(あるいは思い)と共に、
骸骨の頭部をして、腕も細いか、もしくは何か貧弱なものを左手に掲げ持っている
頭部も顎がはめこみ部品のように外れかけたような、
大理石でできた感じの、角ばった像(等身大ほどの)が、母の手で運ばれてきました。

そこで目が覚めました。

そのような間取りの家には私は住んだことはないのですが、よくありそうな家の造り。
その像は、ダビデ像(ミケランジェロの)をパロディ化したような骸骨像で、
胴体から下は置台のようになっていました。(足はついていないということ)

どこかにありそうな、超現実派的な置物作品でしたから、画像検索してみましたが、
出てきませんでした。

 

考察ですが・・・


イスラエルのことは最近まったく想像もしていなかったのですが、ダビデはイスラエルの二代目の王で、エルサレムに都を置いた最初の王らしいです。
最近、イスラエルの動きがまったく報じられませんが、何か同国にとって死活にかかわるようなことが起きるのかもしれないと思った次第です。

しかし、またどうして母が? 久しぶりでした。

しかし、あんな骸骨像は要りません。キモいだけですからね。
暗がりの中に白い骸骨とは、たとえダビデでも、オーノーです。

5月以来、久々に記憶するほどの夢を見ましたので、お知らせした次第です。

 

7月になって、イスラエルがパレスチナのガザを攻撃し始めた。

>何か同国にとって死活にかかわるようなことが起きるのかもしれないと思った次第

これはこの侵攻が最終戦争の引き金になることを暗示するものであったかも知れない。見届けねばならないことである。

エルサレムに第三神殿の建設がかなったことをステイタスとして、最終ハルマゲドン戦争は起こされると噂されている。ガザ侵攻は秘密裏の神殿建設をカモフ ラージュするためのものかも知れないのである。
イスラムはそのことを知っていて、必ず妨害するだろうとされているらしい。

怖い話やのう。

 


いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)

いよいよキモイ夢を見てしまうようになりました・・・地獄門が開く   2014.8.10 午前6時過ぎの夢

台風11号がちょうど来ていたわけでしたが、外はさほど吹いてもおらず、降ってもおらず、騒がしさがなかったため、この夢に影響したわけではないと思います。

気持ち悪くて嫌な夢を見ました。書かなくてはいかんので、では・・・。

ボットントイレのタンクが満杯で、ぐつぐつ泡が出ていて、その蓋が開いてるためモロ見えの気持ち悪さだったのです。
中に二匹の黒っぽい鼠とも鼬ともつかぬ生き物がいて、開いた蓋のこっちを窺っていて、油断したらこっちに入ってきそうでした。
私は、必死でこっちに来るなーと叫んだら、立ち止まって躊躇しているみたいでした。

トイレの蓋が化粧板ベニヤ板の薄さでした。それが外れて、中がほぼ横から見えているのです。
蓋をし直せばいいのですが、汚くてとても触れる気にはなれないなあという感じ。

うちは水洗ではない昔のトイレではあるのですが、実際には鉄の蓋がしてあります。

しかも横から見るすべのものでもありません。

夢解釈はこうなります。
この式のトイレは、雪隠というタイプのもの。それを古語で言うと、黄泉になります。
すなわち、黄色い汚物溜まりというわけです。

神話に言う「黄泉」とは、汚物やカルマの最終処分地となる人類文明の末期を意味します。⇒「黄泉の国」
黄泉の国という言葉で、どん詰まりの末期状態の世界を表すのです。

ちょうど、現在がそのような感じになっています。
またあるいは、腐乱死体の置き場とか、死霊悪霊の巣窟という意味もあります。

イザナミの態様はそのように形容されていました。
翻っては、地獄の意味にもなるかと。

それが元々、薄っぺらいベニヤで仕切られて、隠されていただけ。気が付かなかっただけでしょう。
ベニヤ如きでは、簡単に破れるし、はずれもします。
地獄の釜の蓋が開いた・・・とは思えないでしょうか。

この夢については、Twitterでつぶやいているので揚げておきましょう。


 

その夢を見た当日の我が家でのことです。キッチンの辺りに何か影のような ものが走るのです。やがてうちの猫のトンがやってきて、何もないはずの場所をずっと注視していました。どうやら、猫には霊体が見えるようで、「そうか、お 前、分かるんだな」と褒めてやりました。猫はそうやって、家に侵入してくる霊的なものから我が家を守ってくれているようです。

午前中に何度か影が走りましたが、午後からはいなくなったようでした。ト イレに戻ったのか、それとも巷に出て行ったのか。影のような気配がすることの意味は、こちらに書いています。 ⇒ 幽体を自分の目で見ると

 

 


2014.9.7追記  8月10日になぜこんな夢を見たかについて・・・後でわかったこと

http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2425.html

「鬼月」
台湾の民間信仰では旧暦7月は「鬼月」。旧暦7月1日は「開鬼門」
と呼ばれ、「鬼門」(あの世の門)が開く。旧暦7月30日が「関鬼門」
で門が閉まる。この間、無縁仏の霊魂は先を争うように「この世」
を徘徊、おいしいものを探す。 
・・・という。

そして今年は
「開鬼門」(今年は7月27日)
「関鬼門」(今年は8月24日)
・・・だという。

ところで、このキモい夢を見た8月10日というのは、開鬼門と関鬼門の
ちょうど中日になっていることに、本日(9/7)気が付いた次第です。

つまり、地獄の蓋が開いてまっせというシグナル夢だったことになりましょうか。
では、もう閉じられているのでしょうか。閉じといてや。

なお、関鬼門において執り行う道士の儀式は・・・
「鬼門」を閉める「関鬼門」は旧暦7月の最後の日、もしくは8月初
めに儀式が行われる。道士が「七星剣」を手に祈りの言葉を唱え
て、街をさまよう無縁仏の霊魂たちに、「あの世」に戻るよう促す。
・・・というのだが、

奇しくも8月29日に、○○氏一行とともに、元伊勢の地を訪れた際、
宮津市側に入った生野神社の境内にある北斗七星の岩の並びをタッチ
して回ったのだったが、これがもしかしたら「七星剣」の祈りになって
いないかと思ったりします。もしそうなら、
知らず知らずのうちに、ツボにはまったことをしているのが、我々かも
知れないことにならないでしょうか。

 


○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)

○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  2014.9.7午前5時の夢

8月29日に○○氏一行と元伊勢の下見案内旅行をしたのですが、まず朝の出会いの直後に双方が両手を重ね合わせる一回目の鶴亀すべるの固い握手をし、別れる間際に二回目の握手をして、完璧を期したわけでした。
それによって、儀式がうまくいっていれば、その九日後の9月7日、もしくはお互いの縁数(○○氏は16が好きな数、私は縁数がずっと9で現れていた)である9や16の日に兆候があるだろうと予期していたのでした。

 



そんなとき、9月7日未明の夢に、ふたたび○○氏と二人だけで食事するリアルな光景が出てきた。

四角い長方形のテーブルがあって、私が腰かけて食事している右横隣に○○氏が座り、
同様に食事されていました。間の距離は60Cmほど。
食べ物は薄いピザのようなパンで、元伊勢で食べたピザのような感じでした。

ただ、我々は会話を交わさず、黙々と食べている、といった夢。
○○氏とは8月29日に出会っているので、あの日昼食をとったときのような場所での、リアリティ溢れる夢になりました。

そのことを告げるべく○○氏に早朝メールしました。
○○氏も別角度から異床同夢ということだったなら、完全シンクロになるのですが。
果たして如何??



氏は、亀の印章保持者にありがちな、未来のことは考えない、今を楽しく生きるというお方だったため、畳みかけるわけにはいかず、連絡を取り合わなかったのだったが、
そうしたとき、9/16午後0時半頃に、茨城県南部でM5.6最大震度5弱の地震が発生し、まさに予測されたとおりとなった。

それはこれまた予想通り、死者はゼロ。かつての鳥取西部地震と同様ゼロだったが、今回はキーワードが出てこない。震源は茨城県坂東市かもしくは筑波市。はてそこから何がわかるのだろう。

そのときふと気づいた。8/29から九日目に9/7の再度の鶴亀すべる、9/7から九日目に9/16の地震が起きたということになる。9は私の縁数、16は氏の縁数である。

とにかく、鶴亀が一堂に会するということが、いかにパワフルな魔法を起動するかを、如実に物語ることと思う次第だ。
当の氏からは、何の連絡もない。きっと興ざめされたのだろう。現実的なお方なのだろうと思う。
しかし、その状態では、新しいことは行えない。ご本人から、この力が必要と思われねば、次に進めない。
このたびの鶴亀の関係は、ここまでにしなくてはならないのだろう。

 

ただいま、亀さん募集中。
自称亀さんにてもOK。

 



読者登録

弥右衛門さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について