目次
はじめに
はじめに
1999年までの夢見
死せる父、夢枕に (1980年)
先祖の御霊を移転したとき (1981年)
母が生前戒名を受けたとき (1981年)
白球UFOがすいすい出てくる夢 (1976年)
英国紳士風宇宙人の訪問の夢 (1977年)
天帝様にお会いする予定の夢 (お会いすることは未遂 1979年)
幽体離脱後の夢見で自分の未来(今日)を見た (1990年)
2013年までの夢見
他人の視座に入って夢見するか (2006年12月18日)
夢で雲龍が胸に飛び込む (2007年1月14日)
夢で彼女を羽根天使と見た (2007年1月16日)
母の盛大なお見送りでの彼岸入り (2007年9月22日)
母が探しものをして、うずくまってしまった夢 (2007年10月2日)
祖母と母が共に出てきた夢 (2007年11月3日)
母がえべっさんの日に流し台いっぱいの大きい鯛を買ってきた夢 (2008年1月)
母と私でフェリーを乗り継いでどこかに旅行する夢 (2008年2月)
彼女の夢に空海が現れ弥勒誕生を告げる (2008.9.24に詣で、その夜の夢でお告げを受ける)
奥山の庵にやってきた三猫を白虎と狛犬のつがいと見た夢 (2009年11月)
白虎のフーが行方不明になる一日前の未明に見た夢 (2010年10月)
出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)
すでに亡き彼女が別のタイムラインで生きている夢 (2013年10月3日)
白猫シャンが、この世で果たせぬ夢(子供を産み育てる)を、異界で果たしている夢を見た (2013年12月)
最愛の彼女がくれた14年が満了する直前に、千の風になる体験をする (2013年12月11日)
2014年以降の夢見
2014年から第四時空の展開・・・夢に神世の詮議の次第を伺う  (2014年5月3日)
夢で国常立尊に会う  (2014年5月8日)
夢で弁天三姉妹神、出立さる  (2014年5月10日)
芦屋道満宮司に出会うか (2014年5月13日)
5月20日未明から明け方にかけての夢・・・祖母が夢に (2014年5月20日)
6月25日深夜未明の夢に、久々に母が出てきて (2014年6月25日)
いよいよキモイ夢を見てしまうようになり・・・地獄門が開く  (2014年8月10日)
○○氏が明け方の夢に出てきて共に食事する・・・夢でふたたび鶴亀すべる  (2014年9月7日)
とんでもない人物に出会い両手で固く握手し、彼が亀に変貌する夢  (2014.年12月6日)
雌雄の蜘蛛の巣の夢・・・ELIZAか  (2015年1月20日)
源流へと辿る夢  (2015年1月22日)
また別の有名人と握手する夢  (2015年1月30日)
日月の神の言い回しで、開き木と・・・(2017.4.6)
久々の明晰夢・・・亡き母が夢に出てきて、一緒に家を出ようと言った(2017.5.27)
奥付
奥付

閉じる


はじめに

はじめに

私は、夢見で啓発されることを多く体験しておりまして、けっこう特殊な能力なんだろうと思っていたのですが、ヘミシンクという方法によって非常に簡単に夢見体験ができることを知りました。その方たちは、夜の眠りの時間帯を、レム睡眠、ノンレム睡眠の一周期ごとに、明晰夢で異界体験をして、そのたびに日記をつけるごとく、夢の内容を記述していかれているそうです。いや、実にすごい時代になりました。

 

やはり、明晰夢というのは、肉体ではない別の身体での体験であるようで、現実を総合的に別世界からの視点で捉えることのたいせつさを教えてくれるように思います。

ヘミシンクは夢見世界の体験ツールとして体系づけられていますが、私は長年にわたる人生の中で、不意にやってくる夢見の機会を大事にして、しっかり記憶し、何らかの書物にしたいと思っておりました。よって、夢見は数少ないです。

しかし、とても示唆に富んでおりまして、私がこの一生を謎解きに充てたと仮定しますと、謎解きのヒントを提示してくれたのが夢見の内容だったことが多いのです。しかもそれが後で線形の繋がりを見せてくるものですから、希少な経験ではあっても、その時点で逐一、分析を自分なりにしておくことが大事になり、その謎解きをするのがまた面白いという繰り返しでやってまいったような次第です。

 

私は自ら夢のコントロールをすることはあまりできません。しかし、おそらく守護霊といいますか、何者かが、啓発すべきことの必要に応じて私を特殊な視座にいざなうもののようです。

ノーコンなれどけっこう的確な夢見。これが私の夢見のモットーになっているように思います。

 

よく夢で大災害の夢をご覧になる方がおられます。ほんとうにそれが起きてしまった場 合、つまり正夢だった場合、ご本人もそうとう苦しまれるのだろうと思います。 私の場合は、大災害の夢は、そう、一度だけ大津波がやってきて、私自身が呑み込まれてしまう夢を見たことがありますが、自分自身は何の恐怖もなく、おお、やってきたという感じでぼおっと見ていたのを憶えています。

むろん今までそれが正夢になった経験は無いのですが。 (すでに死んでますわな) しかし、選択肢の中のパラレルワールドでのタイムラインの出来事なのかもしれないことなどをつらつら思ってみたりするのは、奇人の私ぐらいかも知れませんね。

 

事が私事に関する夢では、多く正夢になった経験があります。正夢というより、同時並行的に私の知らない事象が進行していて、それを知らないはずなのに、象徴夢として見てしまうといったものがあります。中には予知夢もあります。
主だったものは憶えているので、備忘録として、なるべく時系列を期して挙げていくことにいたします。

 

 


« 前の章