閉じる


<<最初から読む

9 / 21ページ

 が、そんなマネごとできるか、って話である。前の世代がやったことをなぞるなんてダサくて出来るわけがない。なぜならば、わたしは「今」生きているからだ。

 


 

なんでもできる時代だからやれることではなく、なんでもできるといわれてる時代にできないとされていることをやらなければいけない。それが、上の世代から解き放たれる唯一の方法である。

 


 

 神聖かまってちゃんのなにが話題だったかといえばネット生中継をつかったことだ。

 

だが、それは本質ではない。

 

 

 


 

 彼らが核心的だったことは警察署に突っ込んでいったことである。2010年、の子(ギター・ボーカル)はパソコンを片手に渋谷駅の交番の目の前で絶叫。マイケルジャクソンの「ビートイット」を踊った。不審者すぎるのですぐさま警官に連行された。警察とのやりとりが生中継される。これが神聖かまってちゃん史に残る「踊り子マーニャ事件」である。

 

 

 インターネットという未来現代的なものをもっていながら、↓


 

 インターネットという未来現代的なものをもっていながら、行動はおどろくほどアナログ。の子のバイオリズムの振り幅が大きくてライブはそれがよく反映されるので彼らじつはどのバンドよりも身体性「ライブ」を感じさせる。

 デジタルという印象があるが、これほどまでアナログ感のあるバンドはいまの時代なかなか珍しい。

この事件は、パソコンだけつかっててもだめだった。実際に身体をつかって行動をおこすというひじょうにアナログ的なものが必要だった。それは勇気だ。通信媒体に勇気(アナログ)をのっけることによって神聖かまってちゃんの存在がおおきくなる。

 

ビートイットを踊って警察につっこめば100パーセント話題になる。一旦やってしまえばあとからやる者は二番煎じになってサムくなってしまうため、向こう三〇年はだれも同じことはできないだろう。勝利の方程式だ。みんなわかっている。しかし、それがなかなかできない。



読者登録

スーパーどん底タイムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について