閉じる


<<最初から読む

10 / 29ページ

素数

 

・約数が、その数と1しかない数を、「素数」という。

 

    2, 3, 5, 7, 11, 13, 17 ...

 

 


最大公約数

・ある複数の整数について、共通する約数 (公約数) の中で、

 最大の数を「最大公約数」という。

 

・たとえば、12と18の最大公約数は、

  次のようにして求めることができる。

 

・まず、各数に対して、素数を最小値から順に除算していく。

 

 12÷2=6

 18÷2=9

 

 6÷3=2

 9÷3=3

 

・このように、同じ数で割り切れなくなったら、

 次に、ここまで除算してきた素数を、すべて乗算する。

 

 2×3=6

 

・すると、最大公約数の6が求まる。

 


倍数

 

・ある数aを、整数倍した数のことを、aの「倍数」という。

 

 .... -2a, -1a, 0a, 1a, 2a ....

 

・aが0ではない場合は、aの倍数は、無数に存在する。

 

・b÷aが整数である場合は、bはaの倍数である。

・またこのとき、a,bが整数であるとすると、aはbの約数である。

 


公倍数

 

・整数m,nの共通の倍数を、m,nの「公倍数」という。

 

・mnは、整数m,nの公倍数である。

 

・0の倍数は、0のみである。

 

・0でない数の倍数は無数に存在する。

 


最小公倍数

 

・整数m,nの公倍数のうち、最小の正数のことを「最小公倍数」という。

 



読者登録

hasehamさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について