twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 風児 不弐王
価格 無料
タグ 近未来皮肉SF
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

24 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 16ページ (Web閲覧)
17ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
俺のオンボロアパートの天井に、いきなり縄梯子が現れた。
縄梯子が目の前にあれば登ってみたくなる。それが人情というものだ。
登った先には、いったい何が待ち受けているのだろうか。


2017.08.15 一箇所、誤字を修正しました。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる