閉じる


<<最初から読む

5 / 6ページ

手前みそになりますが・・・コーリー・グッド情報から

はい、それが彼らからの「ファースト・コンタクト」のプロトコル(手法)です。
どんな場合であれ、夢を通してコンタクトを受けます。未知のソースからチャネリングやテレパシーでのコンタクトを受けることはまずありません。
潜在意識・ハイヤーセルフレベルでコンタクトや交信を受け入れると、さらなるもしくは拒絶すると、さらなるコンタクトが他のプロトコルや標準的な活動プロセスに従って確立されます。
これはいかなる場合であろうと例外はありません。
2015年8月22日

 

先述のコーリー・グッド氏は、今回の宇宙的情報開示の任務に就きながら、6次元~9次元密度の生命存在であるスフィアビーイング(球体存在)の中でもブルーエイビアンズ(青い鳥人)というグループの側のメッセンジャー&仲介者として、宇宙人会議の席などで通訳、交渉役のようなことを現在もしていて、ブルーエイビアンズの要請で全面情報開示に取り組んでいます。

 

彼の主旨を反映したスフィアビーイングアライアンス(球体存在同盟)というサイトがこのため、立ち上げられており、邦訳サイトもすでに存在しています。

 

Sphere-Being Alliance
http://ja.spherebeingalliance.com/

 

このサイトの上段に、「よくある質問」というコーナーがあり、その中に50の質問とその回答が載せられています。

その中に、先述(ここに)した初めてのUFO目撃体験に続く、夢の中での目撃体験について、その意味が載せられておりました。

 

スフィア・ビーイングとのコンタクトについて

コーリーのインタビュー記事の中にも書かれていたのですが、http://ja.spherebeingalliance.com/のページの上部の”よくある質問”の中に、アメリカの視聴者からの質問をコーリーが受ける形で解答が書かれています。
その中に、スフィア・ビーイング・アライアンス(球体存在同盟)がコンタクトしてくる方法が載っています。

Q47. スフィア・ビーイング・アライアンスは地球上の人達と夢を通じてコンタクトを始めるのですか?

はい、それが彼らからの「ファースト・コンタクト」のプロトコル〔手法〕です。
どんな場合であれ、夢を通してコンタクトを受けます。未知のソースからチャネリングやテレパシーでのコンタクトを受けることはまずありません。
潜在意識・ハイヤーセルフレベルでコンタクトや交信を受け入れると、さらなるもしくは拒絶すると、さらなるコンタクトか他のプロトコルや標準的な活動プロセスに従って確立されます。
これはいかなる場合であろうと例外はありません。

-------------------------------------------

 

27歳ごろ、あるUFO観測会で朱色のブーメラン型UFOを目の前に目撃して数日後から、数回にわたって夢の中に満天の星空が出てきて、そこに右上から複数機の白球UFO(星のようだから星の子と命名)が水澄ましのように出てきたのを見せてもらっています。(童話「星の子」)
数回、夢で見せてもらった最後に、彼らは映像なのだ、映像を脳に送っているといった種明かしの夢を見せてくれてから、出現しなくなったのでした。

ところが、33歳頃に安アパートの自室で園芸支柱でピラミッドを組み立て、その中で瞑想中に、突然、星の子は映像だから集中していた眉間から飛び込んでくると確信した途端に、本当に白球が赤熱してスピード上げて飛び込んできて、光線束のシャワーと真っ白の空間をしばし体験してしまいました。私の顕在意識はその現象に驚き、怖くなって拒否してしまい、短時間の不思議体験だったのですが、そうか、これがさらなるコンタクトもしくは他のプロトコルに相当しているみたいですね。私は拒絶してしまいましたが、ハイアーセルフが受け入れているのかも知れないですね。

シーズン7 エピソード4にもこんなことが書いてありました。
David: そういうコンタクトを一回受けてから、次のコンタクトをひたすら待っている人達がいて、でもその次はまったくやってきません。それは何かいいことがあるのでしょうか。
Corey: もうやってこないのは、彼らはすでに必要な体験をすべて受け取っているからです。多くの情報は彼らの潜在意識またはハイヤーセルフにすでにすり込まれてい て、あと必要なのは彼らがその情報を引き出せるように地道に努力することです。

あの頃から、私はわからないことがでてきて空間に問いを発すると(自問自答のようなこと)ですね、すると即座にビビビッと解答が得られるという経験を、今までずっとしてきているのです。誰かすぐ後ろにいて、教えてくれるといった感じでやってきているなあと、いまさらながら思います。たぶん、教えてくれるのはハイアーセルフなんでしょう。何でも知っているハイアーセルフ。私は彼のことをもうひとりの自分と呼ぶわけです。ずいぶんと賢くなっているハイアーセルフ?? スフィアビーイングとダイレクトにコンタクトしたからですか??

 

このハイヤーセルフのことを、天才バカボンのパパは、もうひとりの自分と言ってるようです。

私はこの言葉が好きなので、いろんなところで紹介しています。

 

自分トフタリレキリデ暮ラスノダ
自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
ソレクライナンデモナイノダ
自分ガニコニコスレパ
自分モ嬉シクナレテニコニコスルノダ
自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ
スグニ自分卜仲直りスルノダ
自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
自分ハ自分ニ優シクスルノダ
自分ノ言ウコトサエキイテイレパ
自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ

自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
ソレホド自分ハスパラシイノダ

 

Last update 2017.05.06


奥付



奥人のUFO体験


http://p.booklog.jp/book/97090


著者 : yae-mon
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/yae-mon/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/97090

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/97090



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

弥右衛門さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について