twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,188円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 高田康利
価格 1,188円(税込)
タグ 邪馬台国、古代史、ヒミコの墓、卑弥呼、邪馬台三国志、畿内説、大和朝廷、天孫降臨、天照大神、高千穂宮、伊奘諾、素戔嗚、倭国大乱、高皇産霊、神武、神武東征、倭奴国、倭国、魏志倭人伝、瑞穂、高天の原、日神、邪馬台、葦原中国、オロチ退治、饒速日、瓊瓊杵、磐余彦、日本武尊、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 320ページ (Web閲覧)
321ページ (PDF)
試し読み:39ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
古代史の常識や通説を歴史的観点から検証していくと、戦前に信じて疑うことのなかった「皇統万世一系」も、戦後に教えられた「倭では、都市国家規模の百余国が分立していた」も、「記紀」や「倭人伝」にある記述の解釈も間違いだらけだったとわかります。邪馬台国の歴史がとんと解明できない原因は、ここにあります。一から、考え直す以外にありません。
「記紀」神話~応神の物語は、本来、倭奴国王朝が大乱後に、日向の高天(日高国+天之国、倭国)、畿内邪馬台国、出雲の葦原中つ国に割れて百年間も覇権を争った末、神武(磐余彦)が発向して、辛酉年三〇一年元旦に大和朝廷を開く王朝再興の歴史だった。その王系譜は、「神」のつく諡を連ねた、
伊奘諾~神武―崇神―神功・応神ですが,大和朝廷の為政者は、神武―崇神の間に大倭王八代綏靖~開化を、また崇神―神功の間に垂仁・景行・成務・仲哀の邪馬台国王を挿入して一系に変えたのです。
本書では司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、伝承・神社の縁起、地名の由来、考古学成果を織り交ぜながら、神武即位が三〇一年、日神の天照大御神がヒミコに転身、大乱勃発が伊奘諾期の一八〇年代だと多角的に立証した上で、真の王系譜と史実に迫る道のりを順序立てて綴りました。
同時に、天璽と神璽、素戔嗚の英雄伝、神功の英雄伝、日本武の出自、伊勢神宮の祭祀変遷、天璽の鏡・剣の変転等についても史実をとことん探求し、そのつど検証できるように綴りました。
次に、その結果を総集して短編の歴史物語、『邪馬台国盛衰記』としてまとめました。言うなれば、理路整然とした論考と歴史物語、量子物理学の解法・帰納法を介して、自説の立証を試みた次第です。論考と物語を読み進む中で、そのつど神武実在・日神がヒミコに転じた顛末等に納得されるはずです。

この本には試し読みが 39 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

もっとみる