閉じる


試し読みできます

桜の飴。

『桜あめ、どうぞ。』

 

春らしい言葉に安心しきった表情を浮かべる少年。

 

少年が現実的な夢を語りだすと、

文学少女は一時の安らぎを得る。

 

『非』日常の世界を体験したら、

イマジネーションの海へダイブ。

ユートピア的な世界観を持つ、

少年はリアルに夢を見ている。

 

しかし、

多くの矛盾を感じながら、

心では自問自答を繰り返す。

 

『桜あめ、、、要らない。』

 

少年は精一杯の強がりを言ってみた。

弱い心をひた隠しにして生きているのだ。

心が震えるたびに溢れ出る涙の味ならば、

一生分味わったのだから涙も枯れ果てた。

 

文学少女は優しく問う。

 

『あめは好きじゃないのかな??』と少年に問う。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

橋本 昂祈さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について