閉じる


試し読みできます

もくじ

たった1個のテニスボールで筋肉痛が直ぐに取れる

 

 

【もくじ】

 

 

●まえがき

 

 

●方 法


試し読みできます

まえがき

たった1個のテニスボールで筋肉痛が直ぐに取れる

 

 

【まえがき】

 

 

● 筋肉痛はスポーツや生活レベル及び心身の低下を招く

筋肉痛の経験は多かれ少なかれ、誰もが体験している思う。

スポーツに支障をきたすばかりでなく、日常生活に置いても支障をきたすので辛い日々を送ることになる。

 

早く解消してしまいたいと誰もが願う症状である。

一流アスリートを目指す人にとっては、大きな課題でもある。

 

一般的には、運動直後は冷やす(血流を促す)ほうが良く、数日後には暖める方(血流を促す)が良く、軽い運動で血流を促してやるの等の方法が良いと言われている。

 

 

私は以前から、スポーツ直後から血流を促して改善していく方法が良いと考えている。

スポーツ時は身体が暖まり、汗が出て、気分も高揚し、前向きな精神状態にもなっている。

スポーツ後は、徐々に体温が下がり、寒さを覚えるようになってくる。

疲労が加わり、筋肉が収縮し、身体も硬くなった状態になる。

 

気分的にも鬱とまではいかなくとも、多少の落ち込みを感じる場合も少なくない。

血流が悪い状態になってしまっているからだ。

心身ともに疲労を感じる状態なのである。

 

すると筋肉や関節などに痛みが生じやすくなる。

いわゆる筋肉痛、関節痛が生じてくるのである。

筋肉内に乳酸が溜まるから、筋肉が損傷を起こしているから、筋肉痛が生じるのでは?と考えられている。

 

つまり、スポーツ後、数時間(人によってスポーツの度合いによって違ってくる)で血流が悪くなり、筋肉痛など様々な症状が出てくるのである。

全身の血流が悪くなり、その中でも弱い箇所、酷使した箇所に筋肉痛が出るのである。

太ももであったり、肩であったり、背中であったり、上腕であったり、…。

人により、スポーツの種類により、出る箇所には千差万別の違いはある。

 

一般的に、筋肉痛が出れば、その箇所をマッサージして血行を促し、筋肉痛を解消しようと努力する。

だが、生半可なマッサージでは筋肉痛は取り去れない。

強くマッサージすれば返って痛めてしまう恐れがある。

誠に難しいものがある。

 

●股関節の健全度が大切

筋肉痛解消にはストレッチも良いのだが、それもなかなか難しものがあるのは皆様ご存じのとおりである。

180度開脚するからと言って、股関節が良い状態だとは限らない。軟らかくても痛めている人も多いのである。

股関節の単なる軟らかさを良しとしないで「股関節の健全度」が大切なのである。

 

●人は体調が優れないと血流が悪い。

これまで多くの股関節等を揉んできた。

体調の優れない人は股関節等周辺の筋肉が硬くなっていて、揉むと強い痛みが出る。

全身の血流が悪くなっていて、特に股関節周辺は硬くなってしまっているからである。

 

●人は疲れると血流が悪くなる。

疲れが生じた身体も血流が悪くなってしまっている。

筋肉疲労、精神疲労もそうである。

そんな血流の悪い身体の股関節周辺も老廃物が溜まり硬くなってしまっている。

揉めば飛び上るほど痛い人も珍しくない。(老廃物が溜まり過ぎると最初は痛みが出ない場合も)

 

●人は故障を生じていると全身の血流が悪い証拠

腰痛や肩首の痛みなど、身体に故障を生じている人も血流が悪いから痛みが消えないのである。

その部位の血流だけでなく、全身の血流が悪い。

弱点の箇所に痛みや不調などの症状が生じている。

そんな場合も股関節周辺の血流は悪くなっていて、揉めば強い痛みが生じる。

 

●多くの故障や症状が股関節だけで改善できる

最初は足裏健康法から入っていった私。

足裏だけでも多くの故障を良くしていた。

それから、フクラハギ等いろんな部位の素晴らしさにも気づかされた。

そして今、股関節がそんな中で最も効果の高い部位であることが判り、股関節中心の施術指導をしている。

 

股関節の血流を促せば、全身の血流が改善され、腰痛、肩首の痛み、膝の痛み、肘の痛み、足首、手首、指や目に至るまで全身の故障や症状を改善することが出来る。

 

もちろん筋肉痛も改善する。

 

時間も数分あれば出来てしまうので、勝負が早いのも助かる。

筋肉痛の部位は太ももであれ、フクラハギであれ、体幹であれ、腕であっても、股関節だけで全て勝負出来てしまうのも助かる。

全身の筋肉痛であっても一度で全てが解消していくのである。

 

●他の症状も改善してしまうのも大きな利点

筋肉痛を解消してもらうのが、この電子書籍の狙いだが、スポーツをやり過ぎて他の症状を呈する人もいるだろう。

たとえば胃腸に来て食欲不振だとか、下痢だとか便秘になるとか。

それとも腰が痛くなる、膝が痛くなる等々、そんな症状まで改善してしまうからとても助かる。

 

疲れて精神的に落ち込むのもマシにはなるが。

睡眠や休息はとても大切だから、股関節の健全度を増すと同時に良く休息を取ることも忘れてはならないのは言うまでもない。

 

全てはスポーツ後に身体か冷え、身体が硬くなり、血流が悪くなるので、それらの症状が現れてくる。

やれば血流改善して元気にもなる。

 

●いつ実践するか?

筋肉痛になったときに実践すればよいのは言うまでもない。

調子が悪いと思ったら、いつでもカンタンに取り組めるから実践すればよい。

 

スポーツ後(スポーツの種類によっても違いがある)直ぐも良いと感じる人もいるだろうが、スポーツ後直ぐは身体が暖かい、血流が良い状態なので、股関節の痛みが出ない場合が多い。

だから効果の実感を感じない場合もある。

しかし、股関節の柔軟性アップはある程度実現出来る。(柔軟アップが目的ではない)

 

私がお勧めするのは、身体の暖かさが消えて来た時、その時から血流が悪くなりだしている。

股関節を健全にして全身の血流を促し、筋肉痛防止及び疲労物質を取り去るようにするのがお勧めである。

 

 ※この方法は電子書籍「たった1個のテニスボールでパンチの威力アップを簡単直ぐに実現出来る」と同じである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について