閉じる


試し読みできます

もくじ

たった1個のテニスボールで蹴りを強くするのは簡単直ぐに出来る

 

 

【もくじ】

 

 

●まえがき

 

 

●方 法


試し読みできます

まえがき

たった1個のテニスボールで蹴りを強くするのは簡単直ぐに出来る

 

 

《まえがき》

 

蹴りのパワーは多くの競技で重要視される技である。

●空手

●拳法

●キックボクシング

●サッカー

●ラグビー

●短距離走

●走り高跳

●走り幅跳び

●バレーボール

●バスケットボール

●スピードスケート

●フィギュアスケート

●テニス

●バドミントン

●野球

など等

 

格闘技である空手、拳法、キックボクシングなどでも強い蹴りを習得するために、日夜ミットへの蹴り込練習が欠かせない。

だが、いくら蹴りこんでも強くならない人も居る。

 

サッカー選手を見ていても鋭い蹴り込みをする選手もいれば、そうでない選手もいる。

何が違うのだろうか?

走り込みをし、体幹も鍛え、人一倍練習しても蹴りが強くならない選手も大勢いる。

 

頑張れば頑張るほど怪我に泣かされてしまう選手もいる。私はある高校でサッカー部員をしばらく診ていたことがある。

負けたくないから、一生懸命に練習してボール捌きをはじめ、蹴りのパワーも上げようとすめるのだが、

膝の故障、腰の痛み等々に苦しむことにもなる。

そんな選手は股関節の健全度が低い。

 

身体が硬かったりして、まずは股関節の柔軟度が低い。

つまり股関節の血流が悪くダムになり血流を止めてしまい、全身の血流が悪くなっている、だから様々な故障を引き起こすことになる。

それに血流が悪いから十分なパワーを発揮できないままである。

 

ただ練習することに没頭していて、身体のケアーをしていない。それでは一流にはなれないのである。

 

 

「たった1個のテニスボールで蹴りを強くするのは簡単直ぐに出来る」は格闘技の蹴り、ボールを蹴るキック力、そして地を蹴って走る短距離走、地を蹴って飛び上るジャンプ力にも好影響を与える。

 

2015年3月末、 19歳の桐生選手はアメリカのテキサスで行われた100メートル走で、追い風参考記録ではあるが9.87秒で優勝した。
レース前に販売された読売新聞では桐生選手は伊東浩司氏のもとで、股関節や肩関節のストレッチを学び、「うまく力を伝えられるようになり、スタートがスムーズになった」と手応えをつかんでいたという。

 

記録後のテレビ番組ではストライドが2センチ伸び、これまでは100メートルを48歩で走っていたのが47歩になったとも言っていた。

 

短距離走も地面を蹴るキック力が大切であり、着地したときに広いストライドに耐えられる股関節等の健全度、それに腰の回転スピードが要求される。

 

ストレッチも大切だが、ストレッチだけでは股関節の健全度を上げるのは知れている。

テニスボールで実践すれば、腰や股関節はとても軽くなる。それだけでも脚の軽さがまったく違う。

「足脚」に血流が勢い良く流れているからである。

「足脚」は、太ももやフクラハギだけではない、つまり足指から足首まで血流が良くなりそれらの関節も軟らかく強くなってしまう。

地を蹴るときの足首、足指までしっかりと力が入るのである。

蹴りの軸足になった場合も、しっかり立つことが出来、姿勢が安定する。

 

股関節の血流も段違いに良くなり腰を回すのがスムーズになり回転スピード、回転可動域も大きく違ってしまう。これもストレッチだけではなかなか実現できない。

 

だから、キック力が格段に強くなってしまうのは至極当然なのである。

試しにストレッチだけを十分にして、ミットを蹴りこんでも、腰は大してスムーズに回転してくれないのでパワーは大して出ない。

テニスボールで3分実践したら、腰はスムーズに素早く、そして可動域も大きくなり、爆裂キックを蹴り込むことが出来る。

 

腰を速く回すことが出来るので、走行時の腰の回転も速くなる。

指、足首をはじめとする足脚の筋肉、関節の柔軟性及び力が増しているので「前方への推進力」「上方への浮遊力」が大きくなるのでストライドも大きくなるのである。

もちろんジャンプ力アップにも力強い味方になる。

 

勝ちたい、一流になりたいなら、まずは股関節の健全度を高めて、キック力、ジャンプ力、走る力などの基本パワーを高めていただきたい。

同時に元気で故障を起こさない身体、回復力の速い身体へと変身出来るのも楽しみにしていただきたい。

 

 

 ※この方法は電子書籍「たった1個のテニスボールで筋肉痛が直ぐに取れる」

及び電子書籍「たった1個のテニスボールでパンチの威力アップを簡単直ぐに実現出来る」と同じである。

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について