閉じる


<<最初から読む

2 / 13ページ

 

          ゆきが ふる日に

           ふわふわ まいおりてきた。

 

 


                              その日から ずっと いっしょ。

 

 

 


   

   

     ポストの うえで 

     いつも わたしのかえりを

     まっていて くれる。


 

 

ションボリーヌは はなしを 聞くのが とっても じょうず。

くびを かしげて じっと わたしを 見つめている。

 


 

 

今日ね なかまはずれに されちゃったの。  なんでなのかは わからない。

だけど わたしは へいき。  いじわるなんて なんでも ないの。

 

 



読者登録

tinygiraffeさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について