閉じる


試し読みできます

もくじ

股関節にテニスボールを付けるだけで身体の不調は取れる

 

【もくじ】

 

●はじめに

 

 

●どのような症状に効くのか?

 

 

●方 法


試し読みできます

はじめに

股関節にテニスボールを付けるだけで身体の不調は取れる

 

【はじめに】

 

足裏健康法からのスタート

私が39歳の時、最初に出会った健康法は足裏健康法であった。

腰痛や肩こりが酷く、足裏や足横足甲などにある反射区を揉んで治すという方法だった。

当時は、それが即効であることに驚かされた。

 

だが、長年揉んでいると効果が薄くなり、フクラハギを揉むようになり、それも効果が高かった。

第二の心臓と言われるフクラハギ。軟らかなフクラハギはポンプ作用が大きく、血液を心臓に戻す働きが強くなり健康回復に大きな力になるのである。

そんなフクラハギも限界があり、いくら軟らかくしてもそれ以上の回復は望めない、なんて壁にぶつかることも経験した。

 

次に足指の大切さをも発見した。

足指だけで腰痛や膝痛を治すことも不思議ではなかったくらいに効果が高かった。

 

巻くだけの健康法も面白かった。

アルティメットチューブを巻いて、動かす、或は筋トレをすることで身体の不調を取り去ったり、より重いウエイトを挙げることも出来、筋肉増強にも大いに役立たせてもらった。

お蔭で体幹の血流を巻くだけ筋トレで促してやると、グーンと良くなり、全身にパワーが漲り、目の視界までが良くなることも何度も体感した。

 

近年になり、身体の中で最も大きい、最大の筋肉がある太ももでの健康法も効果が高いことが判った。

太ももも全身の血流を大きく促してくれる優れた部位である。

 

そして昨年末ごろから股関節を直接揉む方法が大きな効果を表してくれることにも判った。

太もも、フクラハギ、足指、体幹、足裏、頭部、腕、手指、…。それぞれ血流を促してくれる部位であり大切な部位である。

だが、そんな中で股関節はもっとも最大に血流を促してくれる部位なのである。

 

股関節をしっかり揉めば、全身が軽くなってしまうことを何度も体験した。

腰痛、肩こり、膝痛など、いろんな症状の患者さんの股関節を揉んでも、やはり殆どの場合一番効果が高い部位なのである。

治すことが難しいと言われる花粉症を治すことも難しくは無かった。

それに国の難病指定になっていて治らないとされる脊髄小脳変性症も股関節が主体の方法で改善してきている。

 

効果の高い部位である股関節、その部位に上手にテニスボールを付けて生活するだけでも血流が良くなり、暖まり多くの症状が取れていく。

怖い病である癌、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病等々多くの病も冷えであり、新陳代謝の悪さが原因している。

恐ろしい病にならないためにも血流を促し、冷えの改善、代謝の改善をはかるべきなのである。

 

この、ぐうたらな健康法で効果のほどが理解できれば、股関節を更にしっかり攻撃する方法をもマスターすれば、更なる健康アップに繋ぐことが出来ていくことを感じていただけるかと思う。

 

 

 

 


試し読みできます

どのような症状に効くのか?

股関節にテニスボールを付けるだけで身体の不調は取れる

 

【どのような症状に効くのか?】

 

 

●腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝の痛み、胃腸の不具合 等々、日常に生じやすい症状に

身体に生じる様々な不調は血流の悪さが多く原因である。

一般的な不調である腰痛、肩こりなどの痛みから胃腸の不具合等々、多くの人々が生じる不具合は血流の悪化によるものなのである。

 

逆に言えば、血流さえ良くしてあげれば多くの症状は消え去ってしまう。

その大役を大きく叶えてくれるのが股関節等なのである。

 

●スポーツ後の筋肉疲労回復

過激にスポーツをやると、その後に訪れるのが筋肉痛などの後遺症である。

そんな後遺症は身体に不愉快で、何かと不都合な状態である。

そんな後遺症を抱えたままスポーツをするなどとなると、十分な力を発揮出来ないばかりか練習にも悪影響である。

それに故障を起こしてしまう大きな原因にもなる。

 

早く後遺症を解消してしまうことが、強くなるため、勝つためには不可欠なのである。

一流のスポーツ選手を目指すなら、この方法で筋肉痛などの後遺症を早く取り去り、元気溢れる身体で練習に試合に臨むことが出来る。

 

●基礎代謝を上げる(新陳代謝を活発にする)

基礎代謝が低いと、脂肪が燃えないので太りやすい体質になる。

コレステロールが増え、血管が詰まりやすい状態になり、心筋梗塞、脳梗塞などの大きな要因になる。

糖尿病や肝臓病なども生じやすくなる。 

低体温のため、癌にもかかりやすいと言われている。

鬱など精神的な病にもかかりやすい。

 

殆どの病の原因になるのが冷えであり、代謝の悪さなのである。

下記に主な病を羅列してみた。

 

【女性特有の病】

生理痛、生理不順、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫

 

 

 

【難病】

 

シェーグレン症候群、脊髄小脳変性症

 

【内分泌系の病】

バセドウ病、橋本病、甲状腺機能低下症

 

【耳鼻咽喉系の病】

中耳炎、突発性難聴、メニエル、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎

 

【肝臓、胆嚢、すい臓の病】

肝炎、脂肪肝、肝硬変、胆石、胆嚢炎、胆管炎、急性膵炎

 

皮膚科の病】 

アトピー性皮膚炎、薬疹、インキン

 

骨・関節・筋肉の病】

変形性脊椎症、変形性関節症、椎間板ヘルニア、四十肩五十肩、骨粗しょう症、進行性筋ジストロフィー

 

肺、気管支の病】

肺炎、肺結核、肺気腫、自然気胸、胸膜炎、気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそく

 

心臓・血管の病】

心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈、突発性心筋炎、心筋炎、高血圧、低血圧、大動脈瘤、閉そく性動脈硬化症

 

血液・造血器の病】

貧血、鉄欠乏症貧血、溶血性貧血、出血傾向

 

脳、神経系の病】

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳血栓症、脳塞栓症、パーキンソン病、てんかん、認知症

 

目の病】

眼精疲労、近視、遠視、白内障、緑内障、黄斑変性症、糖尿病性網膜剥離

 

腎臓、尿路の病】

腎不全、ネフローゼ症候群、尿路感染症、尿路結石、前立腺肥大

 

胃腸、食道の病】

胃炎、胃下垂、胃潰瘍、胃ポリープ、十二指腸潰瘍、虫垂炎、腸閉塞、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ

 

がん】

大腸癌、肝臓癌、胃癌、食道癌、肺癌、すい臓癌、腎臓癌、喉頭癌、皮膚癌、急性白血病

 

【精神の病】

神経症、鬱、自律神経失調症

 

 

 

風邪、インフルエンザ、花粉症、熱射病、熱中症なども代謝の悪さが原因である。

 

怖い諸処の病に掛らないためにも代謝を上げることが大切であることを知っておいてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について