目次
掲載中とか
2017年3~4月
2017/03/28
2017/03/21
2017/03/09
2017年1~2月
2017/02/17
2017/01/23
2017/01/16
2016年11月~12月
2016/12/20
2016/12/08
2016/11/21
2016/11/10
2016/11/04
2016年9~10月
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/12
2016/10/11(青森旅行記)
2016/09/28(展示とか)
2016/09/21
2016/09/12
2016/09/08
2016年7~8月
2016/08/30
2016/08/17
2016/08/08
2016/08/04
2016/08/01
2016/07/25
2016/07/14
2016/07/11
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/04
2016年5~6月
2016/06/20
2016/06/16
2016/06/08
2016/05/02(遠州掛川原付旅 前編)
2016年4月
2016/04/14
2016/04/12
2016年3月
2016/03/28
2016/03/25(「ふすまの向こうの文学☆てきすぽどーじん9号」発行しました)
2016/3/10
2016年2月
2016/02/26
2016/02/16(京騒戯画とか)
2016/02/03 (「宇治拾遺」やっと11巻)
2016/02/01
2016年1月
2016/01/26
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/06(昨年まとめ)
2016/01/04
2015年12月
2015/12/24
2015/12/18
2015/12/14
2015/12/03
2015/12/02
2015年11月
2015/11/25
2015/11/16
2015/11/09
2015/11/04
2015/11/02
2015年10月
2015/10/29
2015/10/26
2015/10/23
2015/10/20
2015/10/15
2015/10/13
2015/10/09
2015/10/02
2015年9月
2015/09/28
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/15
2015/09/14(特別審査員&瀋陽メモ)
2015/09/10
2015/09/04
2015年8月
2015/08/31
2015/08/28
2015/08/25(秋田山形記の5)
2015/08/21(秋田山形記の4)
2015/08/20(秋田山形記の3)
2015/08/20(秋田山形記の2)
2015/08/19(秋田山形記の1)
2015/08/19(ニンニンジャー&ドライブ映画)
2015/08/07(東三河交流午餐会)
2015/08/06(阿川弘之逝去)
2015/08/03
2015年7月
2015/07/31
2015/07/27(青森記)
2015/07/21
2015/07/17
2015/07/15
2015/07/13(秋田旅行計画)
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/06
2015/07/03(ビブリオバトル)
2015/07/02
2015年6月
2015/06/30
2015/06/24
2015/06/23(「小説NON」発売された)
2015/06/23(東海道原付記その2)
2015/06/22(東海道原付記1)
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/11
2015/06/08(伊勢の伊良湖見物記)
2015/06/03
2015/06/01(プロフィール書いた)
2015年5月
2015/05/29
2015/05/27(原付買ったよ)
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/18
2015/05/12
2015/05/07
2015年4月
2015/04/30(追記)
2015/04/30
2015/04/28
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/24(反省会)
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/15
2015/04/13
2015/04/10
2015/04/07
2015/04/03
2015/04/01
2015年3月
2015/03/30

閉じる


掲載中とか

あやまり堂日記「1冊目」「ペナン余録

短編集「記憶した初恋の惑溺

てきすぽどーじん 5号 4号 3号
ツイッター小説「飽きるまで」

 

ホームページ

http://minamiyama21.kinbyoubu.com/ayamarido/

何かありましたらツイッタとかメルでどぞ。

ayamarido21@gmail.com

 

小説家になろう「地味系僧侶と桜の妖精」(完結)

 


2017/03/28

コードギアス亡国のアキト

ロボットが四つ足でガチャガチャ動き回るところなど、かなり愉しい。

ただ、無愛想な主人公が無闇に愛される点、主人公の兄がとりあえず世界を滅ぼそうとするところは、

安易な印象。

せっかくのギアスも、あまり活用できなかった印象。

もったいない。

 


2017/03/21

キリシタン文化研究会に入会を認められました。

いよいよその道の人のように思われて誇らしいです。

 

何か変わる予感というのがありまして、たとえば職場で異動があるとか、

長らく苦しんだ小説に区切りを付けたとか、

(そして最も適切だと思われる方法で新たな長編の構想を開始したとか)、

博士論文の目星がついたぞとか、子供が生まれるぞとか、エウレカセブンの新作映画があるぞとか、、、

あとは、「てきすぽどーじん」を終えるとかですね。

 

ほかに「同人小説家悪魔の辞典」というやつ、

Kindle版をつくる目安にしていた300項目を超えたぞ、とかもあります。

最後の同人誌、「政治的に正しい文学:てきすぽどーじん10号」は、4/1に発行予定で、

これと、この「悪魔の辞典」で、私のうちの同人小説家が終わりにできそうな感じ。

 

気持の問題。

 

とはいえ、この「同人小説家根性」が、どうも悪いものだなあと思いまして、

それは「悪魔の辞典」にさんざん書いてますので、興味ありましたら、

いずれKDPか何かで発行するもので、ご一読ください。

 

上記は取らぬたぬきの、というよりは、もはや「ぬえ」の皮算用の如きもので、

どうなることかは分かりませんが、

「九州さが」をいただく前もこんな感覚を得たので、吉例として、書き込んでおきます。

 

ドラえもん 南極カチコチ大冒険

あの筋立てなら、「海底鬼岩城」とか「竜の騎士」をもっと勉強すべきだったはず。

中盤以降、睡魔との戦い。

 

冒頭のありふれた映画オープニングは、何らの説明にもなっていないので蛇足。

ゲストヒロインの葛藤もしょぼすぎるし、10万年のタイムカプセル設定の無理筋はともかく、

愛らしい象みたいな生き物が、ラッパラッパと子供のための踊りをしたのが一度きりなのも信じられない。

(本来蛇足だけれど、やるなら仲間との再会と、エンディングの3回は見せるべきじゃないの?)

 

あと、その象みたいなのが、のび太に無根拠の愛情を向けるのは看過できるにしても、

その擬人化に翻訳こんにゃくが対応しない点、まったく思慮が向けられてないのは情けなかった。

秘密道具類の制限設定も不十分なら、ドラえもんの真偽判断も「何となく」で済ませる怠慢さ。

そもそもあのロボットは何物で、なぜ偽ドラえもんに変身したんだ?

そしてあの悠長な処刑手段は何なんだ。。。ここが睡魔の最高潮だった。

 

……藤子F不二雄は、本当に、筋運びもうまかったのだなあと、改めて思った映画でした。

 

死者の帝国

死体を切開してゾンビをつくるグロさに強さがあるだけで、話はまったく凡庸。

登場人物名に有名人を借用するこずるさの効果は、興味深かった。

 

 


2017/03/09

残響のテロル

全話

やや消化不良に終わってしまった感あるけれど、

毎回引きの強い展開で、おもしろかった。

非現実的な設定に現実をあてはめようとして、かえって失敗の原因になっている部分も多く、

まー、難しいわね、と思う。

毎回ハラハラポイントあり、かなりおもしろかったので、脚本、筋立て、もう少し時間をかけられたらと悔やまれた。

 

物語作法の教訓としては、帰着点を明確にしないまま、大風呂敷を広げちゃいけない、ということか。

でも広げた風呂敷が大きければ大きいほど、見ている側は(少なくとも中盤までは)愉しめる。


2017/02/17

鋼鉄城のカバネリ

全話。

とにかく血みどろに死にまくる描写が強くて、緊迫感、30分があっという間。

しかし最後はうっちゃりすぎじゃないか。。

あと鉄道の保線はどうしてるんだろうとか、いろいろ不思議。

 

けものフレンズ

1話。

何か、話題になっていた気がしたので見たけれど、ダメだった。

愛らしいキャラクタたちの、ふわふわした棒読み会話がいいのだろうけど、、

「らきすた」とか「あずまんが」とか、そっちの系統は、

あたくしには無理。

構造自体も、「金の羊毛」系の、至極単純なものと見ました。

 



読者登録

あやまり堂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について