目次
加害者にペナルティを!
インド洋津波、地震から6年
小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する。
菅内閣の不手際と消費税
民主党のマニフェストの改悪を許すな
機能するか民主党の自殺対策プロジェクトチーム(PT)
ウィキリークスの功罪
政治とカネ
農業再生への道
自民党が環太平洋経済連携協定(TPP)賛否先送り
大雪(山陰地方)鳥取、島根の両県で計約370隻
マスコミの腐敗
無駄なODAは止めるべき
教育は大事だ 歴史からの警告
菅首相は何故小沢氏を目の敵にするのか
笑いの功罪
子ども手当を遣るなら所得制限するべき
ハイチ大地震から1年
小沢氏「菅首相ひどい、もう長くは持たない」
仙谷官房長官が更迭された
政治家の約束と嘘
政治に今、必要なもの
阪神大震災から16年
小選挙区は今しばらく運用すべき
何故 同じ過ちを繰り返すのか
菅首相の内閣改造の誤算
最小不幸財政・最大不幸経済
東国原知事の功罪
「小沢グループ」外しの行方
菅首相の施政方針演説
菅首相の施政方針演説 2
菅直人首相の与謝野氏起用
菅首相の施政方針演説 3
霧島山(宮崎、鹿児島両県境)の新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)52年ぶりの爆発的噴火
菅首相の施政方針演説 4
チュニジア革命がエジプトにも波及
小沢氏を強制起訴 おそらく無罪となるだろう
菅首相の施政方針演説 5
大相撲の八百長
子ども手当の問題点
河村たかし前市長の挑戦
社会保障と税の一体改革
愛知の劇場型政治
ロバート・クビサ(ルノー) 大クラッシュ今季絶望的 
参院選制度改革 求めらる一票の格差是正
見事なまでにマニフェスト破綻
消費税アップ目前 責任者は責任を取るのだ 
エジプト革命は成功するか 今立ち上がる事 
北方領土問題は何故上手く行かないのか
子ども手当の問題点 2
かんぽの宿 なぜ巨額の赤字を見過ごしたのか
両親が市と県に3200万円の損害賠償を求めた訴訟の行方
16人の会派離脱 切り崩されるのか否か 
搾取された者の怒りが爆発 リビア死者200人以上 
ニュージーランド南島のクライストチャーチを襲ったM6・3の直下型地震 
プレート境界に立地する国の宿命 地震
党首討論 空回りの連続 
松木氏辞任、逃げる菅首相
2011年度予算案なるか衆院通過
救国内閣が必要らしいが 出来るのだろうか
何故 今、減税なのか
リビア反体制派、空爆要請へ 何故 今、革命なのか 
机の下、左手で入力を行う カンニングの是非 
前原氏献金問題 事務的ミス?
前原外相が辞任 責任の行方
孤族は救済するべき
ケビン・メア日本部長が「沖縄はゆすりの名人」
都知事選で民主党が独自候補断念
三陸沖を震源とする国内観測史上最大の東日本巨大地震 
東日本大震災
計画停電そして福島第一原発3号機の水素爆発 東日本大震災 
福島第1原発4号機まで火災 東日本大震災
福島第1原発3号機から水蒸気 東日本大震災 
福島第1原発3号機燃料プールに注水 東日本大震災
福島第1原発事故は想定された事故 東日本大震災 
福島第1原発は6基とも廃炉 東日本大震災 
リビア空爆 正義の行方 
福島第1原発が冷えない危険 東日本大震災 
福島第1原発本当の汚染レベルは? 東日本大震災
福島第1原発 終わらない被曝 次の地震は何処 東日本大震災 
福島第1原発 被曝の正体 東日本大震災
福島第1原発 バックアップの勧め 東日本大震災
福島第1原発 汚染の正体 東日本大震災
福島第1原発 止まらない事故 東日本大震災
復興財源 東日本大震災
蘇る大本営発表 東日本大震災
IAEA勧告要請を断る 過度の自粛は駄目 東日本大震災 
プルトニウム汚染の責任 東日本大震災
大連立の問題点 東日本大震災
核汚染水の放出 東日本大震災
核汚染水の放出 東日本大震災2
優先順位の勧(すす)め 東日本大震災
権力の空白 東日本大震災
スリーマイル上回るレベル6 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃2 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃3 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃4 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃5 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃6 東日本大震災
復興財源 東日本大震災
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃7 東日本大震災
何故 避難者を救えないのか 東日本大震災
真の復興とは 東日本大震災
岡田包囲網
かわいそうな被災者と言うレッテル
排除される震災弱者 東日本大震災
復興が見捨てるモノ 東日本大震災
ウサマ・ビンラーディンを殺害(アメリカ)
増大するテロの危機
浜岡原子力発電所
追加燃料費1兆円 東電社長、政府に支援要請
福島第一原発の事故 レベル7の衝撃8 東日本大震災
神奈川県南足柄市の茶葉から規制超えるセシウム、出荷自粛要請
復興財源としての増税の愚
東京電力の休業補償
菅首相の思考回路の謎
西岡参院議長が批判されるわけ
海水注入中断 福島第一原発の事故 東日本大震災
事故調査・検証委員会の設置 福島第一原発の事故 東日本大震災
首相答弁とまた矛盾 福島第一原発の事故 東日本大震災
ソニーのオンラインサービスで約1億人分の個人情報が流出
海水注入が中断されていなかった 福島第一原発の事故 東日本大震災
太陽光パネル1000万戸設置の表明の愚
内閣不信任案の行方 問われる首相の資質
唐突な首相辞任示唆
政治ごっこの行方
嘘の後に・・・ペテンが遣ってくる
この国の形・・・どうなる今後
進まぬ復興 届かぬ想い
震災から3カ月 脱原発デモが齎すこれから起きる事
国会が揉(も)めている
何故 菅首相じゃだめなのか
往生際が悪い菅首相
原発が未来に残すモノ
死に体内閣には早期退陣が必要
東京電力の罪
政治の混乱
最悪の菅首相 その心に良心はない
何故 こんな為体(ていたらく)に成ったのか
内閣改造の意味
中国版新幹線 裏切りの真相
核汚染を防げなかったのか
遂に子供の尿から放射性物質が検出された
松本復興相発言を見る限り上から目線の人だな
松本龍復興相が辞任 当然でしょう
コンピューター監視法が可決された。行きすぎた運用をされる危険性あり
何故、人は嘘を吐くのか
九州電力 やらせメールの行方
肉用牛のセシウム汚染 遂に始まる
汚染の拡大を如何にして防ぐのか
菅首相の思い付きにはうんざりである
汚染の拡大を如何にして防ぐのか2
汚染の拡大を如何にして防ぐのか3
汚染の拡大を如何にして防ぐのか4
汚染の拡大を如何にして防ぐのか5
汚染の拡大を如何にして防ぐのか6
汚染の拡大を如何にして防ぐのか7
中国の隠蔽体質の現れ
国の財政リスクが危機に直面している。
国の財政リスクが危機に直面している。2
国の財政リスクが危機に直面している。3
国の財政リスクが危機に直面している。4
混迷する日本
メディアの腐敗
マニフェスト政治の行方
何故こんなにも日本の政治は駄目なのか
戦争と災害
美談で終わらせてはいけない
ポスト菅と言う狂想曲
風評と言う現実
小沢一郎という政治家を干している日本と言う社会システム
止まらない円高、終わらない株安
リビアにみる悪政の行方と日本の政治
総額1千億ドルの融資枠創設
こういう代表選挙に成って仕舞うのか
「やるべきことはやった」本当にそうなのか
挙党体制
組閣の後に待っているモノ
台風12号の爪痕
小宮山洋子厚生労働相のたばこ増税発言
911から10年 テロとの終わりのない戦い
東日本大震災から半年
東日本大震災 活かされなかった教訓
会期4日間は無いだろう
ヒマワリは放射性セシウムの除染、効果なし
野田政権の限界
所得増税10年、野田首相が指示
3党協議は談合、焦るみんなの党
何故出来ない助け合い
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

1 / 191ページ

試し読みできます

加害者にペナルティを!

苛めが止まらない。小学生までが自殺に追い込まれている。学校の責任を
追及してはいるが加害児童にペナルティが科されたと言う話は聞かない。
苛めた側はそれほど酷い事をしたという実感が無いのではないか。

必要なのは信賞必罰である。無知から愚かな行為に走る者には相応な罰が
必要だ。そして苛められている者には緊急な保護が必要である。

身近な者の理解が何より必要だろう。さもなくば苛められた者は人を
信じられなく成る。

忘れてならないのは苛めから不登校になるケースだ。苛めの被害者なのに
不登校と言う事から不利益をこうむり社会に適応できないケースを
忘れては行けない。この場合苛めた者はのうのうと人生を歩いて
いる。苛めた事さえも覚えていないだろう。

犯罪の時効は撤廃されつつある。過去にさかのぼって精査すればかくれた
案件は少なくないだろう。

苛められている者たちへ今辛いなら戦略的撤退を進言しよう。
苛めた者に報復の為ならネットを使って情報を発信する事をすすめる。

少なくとも自殺するより余程有意義だろう、目には目を歯には歯をである。

もう一度言うが苛められた者は大きなトラウマに苛(さいな)まれる。
故に加害児童には罰が必要だ、人として愚かな振る舞いをした報いを
受けるべきだ。

社会やマスコミが当てに成らないのならネットがあるSOSを発信すれば
良いのである。非道な振る舞いをしたものには重大なペナルティが
有ってしかるべきだ。

もう一度言うネットでSOSを発信するのだ。間違っても自殺を生中継するのは
止めるべきだ現実と架空の区別のつかない者にかっこうのネタを提供する必要は
無いのである。

結局 人を助けるのは人なのだ。愚かな者には罰をそう罰を与える事が
必要だ。

教育を受ける権利はルールを守って初めて通用するルールなのだ。
犯罪者の権利は限定されてしかるべきだ。苛めはセクハラと同じなのだ。

苛められたと申告すればそれは苛めなのだ。悪者にはそれに見合った
罰が待っている。苛めて楽しんだそれに見合った罰が必要なのは
すでに述べたとうりである。

以上の事から愚か者には罰がお似合いである。犯した罪に自乗した罰が
必要だ。そして見て見ぬふりをした者も同罪である。


1
最終更新日 : 2015-03-15 20:36:52

試し読みできます

インド洋津波、地震から6年

死者・行方不明者23万人以上と大きな被害を出した地震から早くも
6年になる。一昔前なら宗教的な災厄を歌われた事だろう。
現実は自然災害を疑うよちはないだろう。

問題は風化してしまう事であり教訓を生かさなければならない。

個人で出来る事は
・住居への耐震補強。
・家具の固定。
・防災用品の備蓄。
 水や食料の確保。
・避難場所の打ち合わせ。

国家が遣るべき事は、
・住居への耐震補強費用の補助。
・社会資本への耐震補強。
・迅速な災害救助体制の確立。
・救援物資の備蓄。
・救援物資の効率的な配送処理。
・諸外国への救援要請。
・ボランティアの組織的な運用。
・社会資本の復旧。
・医療機関の早期復興。
・医療機関の迅速な給付の開始。
などが上げられるだろう。

そして地震、津波への教訓の徹底。


2
最終更新日 : 2015-03-15 20:36:52

試し読みできます

小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する。

小沢氏が政治とカネの問題に答えを出すようだ。
金の原資が何なのか説明がされるのだろう。
そうそれだけの事だ。

振り返って見れば あやしいだけで裁判にかけられる。

現行のルールは可笑しいのだ。今、行われている。
「問題無いなら出てきて説明しろ」とは崇高な命題が
有るのではなく単なる支持率回復のツールとして
騒いでいるに過ぎない。

財政が破綻寸前だと言うのにこんな事を何時まで
続けるのだろうか。日本とはつくづく可笑しな国である。

前の財政危機は戦争を選択した。即ち植民地から
搾取する事で負債の穴埋めをしようとしたが
今回は、如何するのだろう。

高齢者の預貯金を搾取するのだろうか
このままいけば確実にインフレに移行するのでは
無いだろうか。

デフレはまだいいが、緩やかなインフレにするのは
難しいだろう。故意にハイパーインフレにする事が
有るかもしれない。

散々 内需拡大の元、数百兆円も土木工事につぎ込んだ挙句
ばら撒きを止めない政府には困ったものである。

今こそ救国内閣が必要なのだがそんなものが出来る予定は
無さそうである。予算の組み換えだけが希望だったのだが
菅内閣で全て投げ出して仕舞ったのが残念でならない。


3
最終更新日 : 2015-03-15 20:36:52

試し読みできます

菅内閣の不手際と消費税

まず上げられるのが参議院選での議論もなく消費税10%に
触れるという、菅首相の暴走が上げられるだろう。
結果ぼろ負けでねじれ国会となる。

国会が動かないのもそのためだ。つまり自業自得だろう。
支持率を上げる為にありとあらゆる事をする事になる。

橋本内閣が消費税5%にした時も参院選で敗北し責任を
取って辞任している。

菅首相は責任を取っていないそれが問題だろう。
そこにいない筈の人物が総理の座に就いている。
根本的な改革を出来る筈もないだろう。

現在5%と他国に比べて税率が低いと錯覚しやすいが
ヨーロッパの国々は戦費調達の為に税率が20%前後に成っている。
上げる余地は有るが根本的な改革をした上で遣らねばなるまい。

現在、改革は頓挫し官僚に敗北した菅内閣では根本的な改革を
徹底できず、増税路線に移行してゆきそうだ。

タバコ税などを見ても取りやすい所から取っている。

こんな暴挙は許してはいけない。各個人で無理のない形で
発言して行かなければならない。twitter等で素朴な疑問を
つづるのが良いだろう。

緩やかな連結が新しい潮流へと連なるだろう。


4
最終更新日 : 2015-03-15 20:36:52

試し読みできます

民主党のマニフェストの改悪を許すな

衆院選マニフェスト(政権公約)を全面見直しするという。
衆院選での約束を反故にする事を決めたようだ。
民主党の決断は 全て約束を反故にする方向で改悪している。

支持率が落ちるのも無理はない。万事この様な判断をしている。
官僚の抵抗で予算の組み替えを諦めて仕舞ったのが敗因であろう。

予算が無いのに子供手当を条件付きで増額したりしている。
ばら撒く事を止めないその矛盾が不人気の元に成っている。

如何しても遣らなければならない政策なら増税してでも
遣るべきなのに国民を正論で論破する気概もないそれが
今の民主党の不人気に繋がっている様に思う。

国民は民主党に失望している。それに答えを出さねば
前に進めないのだろう。不評を覚悟しての決断なのか
それが問題だ。

現実は二進(にっち)も三進(さっち)も行かなく成っての
マニフェスト見直しだろう。まずは国民に謝罪してから
見直すべきなのにそれもない。

この国は何時からこんなに駄目に成って仕舞ったのだろう。
無責任な自己責任論などに見られる。
持てるモノがその義務を全うしない。
それが当たり前の国に成って仕舞った。

組織が駄目なら個人が確りするしかない。
それぞれが出来得る最善の行動を粛々と実行する他ないのだ。


5
最終更新日 : 2015-03-15 20:36:52


読者登録

hiroki-naraさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について