閉じる


試し読みできます

登場人物2

  登場人物
●伊勢新九郎
北川殿との関係から、伊勢の一族を名乗る。
●大道寺一党
大道寺発専、多目権兵衛(多目殿)、在竹兵衛ノ尉、荒川又次郎
荒木兵庫(兵五)、山中才四郎、大道寺源六
●キンヤの又
京の南を支配する馬借の頭領。
●北川殿
駿河守護の若き未亡人。父は伊勢盛定、子は今川龍王丸。
●笠原氏重
伊勢盛定の重臣。備中伊勢家の大黒柱。
●小笠原迪子
小笠原家の姫。新九郎の正室となる。
●山内上杉顕定
関東管領。父は越後上杉房定。
●扇谷上杉定正
相模守護。扇谷家当主として関東管領を補佐する。
●長尾忠景
山内上杉家の家宰。山内、越後両上杉家の意向を優先する。
●長尾景春
山内上杉家の家宰職を叔父忠景に奪われ、叛乱を起こす。
●太田道灌
扇谷上杉家の家宰。諸葛孔明の再来とよばれる。
●豊島泰経
武蔵国豊島郷の国人。長尾景春に味方する。弟に泰明。
●足利成氏
古河公方。京の将軍に逆らい享徳の乱を起こす。
●足利政知
堀越公方。古河公方に対抗して東下。義政の兄。
●足利茶々丸
足利政知の長子。政知から忠誠を疑われる。
●上杉政憲
堀越公方の執事。外交を担当。小鹿範満は娘婿。
●遠山直景
堀越公方の奉公衆。細川政元と気脈を通じている。
●小鹿範満
今川家の家督を狙う今川一族の有力者。
●足利義尚
第九代将軍(公方)。足利義政と日野富子の子。
●足利義政
第八代将軍(東山殿)。芸術に逃避している。
●細川政元
右京大夫。細川勝元の嫡子。足利義尚と同年齢。
●細川政国
細川庶流の守護。勝元以来、本家の補佐役を務める。
●司箭院興仙
修験の術者。細川政元に仕える。
●上原元秀
細川政元の謀臣。丹波守護代に抜擢された。
●伊勢貞宗
政所執事。幕府の行政を握る。子が貞陸。
●畠山政長
応仁の乱以前から畠山義就と家督を争う。
●槙島六郎
宇治槇島城主の国人、奉公衆でもある。
●進藤昌家
南山城の稲屋妻荘を支配する公文。
●狛山城守
南山城の狛野荘を支配する下司。椿井懐専と争う。
●作左衛門
南山城の名主(地侍)のひとり。戦乱で妻の千勢を亡くした。
●斉藤彦次郎
畠山義就配下の猛将。南山城を攻略した。
●古市澄胤
畠山義就と連携している大和六方衆。播磨律師。茶の達人。
●一休
天皇のご落胤と噂の禅僧。大徳寺住持。
●蓮如
浄土真宗本願寺派の留守職(法主)。


試し読みできます

関東図


試し読みできます

伊豆、駿河東部図


試し読みできます

京周辺図


試し読みできます

関東関係図



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について