閉じる


<<最初から読む

3 / 89ページ

試し読みできます

伊豆、駿河東部図


試し読みできます

京周辺図


試し読みできます

関東関係図


試し読みできます

       【長尾景春の乱】
 太田道灌が江戸城に戻ったのは文明八年十月、駿河で新九郎と会ってから三カ月後のことだった。その間、道灌は情報の収集と地盤固めに努めている。思った以上に、長尾景春に味方する国人は多い。今更ながら、国人や地侍の不満が高まっていたことに道灌は驚いていた。
 道灌も景春の考えに反対ではない。関東公方、関東管領を中心とした統治体制に、限界がきているのは明らかだ。新しい仕組みが要る。そのためには、今の権力者を除くことも必要かもしれない。だが、この反乱に大義があるのか。それが問題だった。不平不満を理由にいくさを起こしても、長続きはしない。だから、長尾景春には味方できないのだ。
 長尾景春も、道灌への説得はあきらめていた。そこで、道灌が駿河に出陣しているスキをねらって挙兵したのだ。だが、景春にも迷いがあった。味方する国人を直ちに集め、管領方の上杉勢を打ち破る。さらに古河公方と連携して、関東制覇に乗り出せば事は成就していたかもしれない。しかし、予想以上に味方が多くなったことから、慢心が生じた。数の力で関東管領に圧力をかければ、血を流さずに目的を達せられるのではないか。もともと管領は主君なのだから、そのほうが良いと考えたのだ。「兵は拙速を貴ぶ」それを景春は忘れていた。
 長尾景春の本陣は、武蔵鉢形城(埼玉県寄居町)にあった。管領、山内上杉顕定と扇谷上杉定正は四里ほど北の五十子(埼玉県本庄市)を本陣としている。山内顕定の本拠は上野の平井城(群馬県藤岡市)だが、古河公方との対決のため長年利根川沿いの五十子を本陣としているのだ。五十子は古河公方に対しては、利根の流れを壕の代わりとしているので、守りが堅い。しかし南西からの攻撃には、これといった防塁があるわけではない。南の鉢形城の長尾勢の反乱に、上杉方の恐怖も増していた。
 道灌のもとには、両上杉や父の道真から援軍の要請が、ひっきりなしに来ている。
「道灌は、階段から落ちてケガをした。だから、援軍は少し待ってくれとでも言っておけばよい」
 道灌はそんなことを言うが、弟の資忠らは気が気でない。まさか、長尾景春に味方するつもりではないのか。そんな心配までしていた。


試し読みできます

 冬だというのに道灌は、よく海釣りにでかける。今日も、綿入れをしっかり着込み、頭巾までかぶって江戸城を出ようとした。待ちかまえていた資忠と斉藤安元が、声をかける。
「殿、改まってお話したい儀がござる」
「おお、ちょうどよい。おぬしらも一緒に釣りでもどうじゃ。そうだ、天通も呼ぼう」
 天通とは、道灌の軍学の師で、参謀のひとりである。天通を加えた三人は、しぶしぶ道灌について行った。下泊船門から、屋根をつけた大ぶりの船に乗る。操船は飯篠兄弟がするので、全部で六人だ。
「寒い!こんな日に船釣りなど、信じられぬ」
 資忠がこぼす。道灌は飯篠彦四郎に命じて、綿入れを出してやる。当時入江となっていた日比谷から前島の沖にでて、道灌は釣り糸をたれた。
「おぬしらは、やらんのか?釣りもいいものだぞ」
「勘弁してくだされ。せめて、陽が差しておればいいのに。早よう戻りましょう」
 空は、どんよりと曇っている。
「まあ待て。見ろ、あの海の青さを、美しいものではないか」
 道灌が指さす東の方角は、隅田川の河口あたりだ。
「雨期になると増水した河の水で、このあたりまで茶色に濁ってしまうそうじゃ。風流を楽しむなら、今のうちだぞ」
「風流は結構でござる。それよりも、大事なお話が」
「長尾景春のことであろう」
 釣り糸をたらし遠くをみつめたまま、道灌は飯篠彦四郎を呼んだ。
「彦四郎、調べたことをみなに話してやれ」
「はっ。鉢形城には、長尾一族の長老、長尾房清どの、上野の国人筆頭、長野為兼どのらが入城いたしました。ほかにも、元武蔵守護代の一族、大石駿河守どのや、石神井の豊島泰経どのなど、武蔵の国人は半数以上が景春方と思われます」
「大石どのまでもか!こうしてはおられぬ」
 資忠はびっくりして言う。だが、道灌は笑って答えた。
「まあ落ち着け。こたびの戦で、いちばん恐ろしいのは何じゃ?」
 資忠は首をかしげたが、天通が代わって答えた。
「長尾景春と古河公方が、手を握ることではございませんか」
「さすが天通どのじゃ。もともと関東管領は、古河公方に手を焼いておった。さらに長尾景春も、関東管領に対抗できる力を持ったのじゃ。このふたりが一緒になれば、われらには、もうどうしようもない」
「長尾景春は、できれば古河公方の下には付きたくない。古河公方の方は、景春の反乱が本物か疑っておりますからな。幸いまだ、手を組む様子はありません」
 天通がうなずきながら、つけ加えた。
「だからこそ、われらは長尾景春と戦ってはならぬ。負ければ、関東は景春のものになってしまう。勝ったとしても、手負いの景春は必ず古河公方を結ぼうとするであろう。戦わぬのが一番じゃ。というわけで、わしは釣りをすることにしたのじゃ。釣りをしておれば、道灌はやる気がないと思われよう。まして景春に味方して、反乱を起こすとは思うまい。のう資忠」
 道灌が景春に味方するのではないか、と疑っていた太田資忠は真っ赤になった。しかし、むきになって言い返す。
「では、いつまで待っているのです。和議の見込みもないのに」
「潮目が変わるまでよ」
 道灌は広い海原を見つめていた。冬にしては、穏やかな波が船を揺らしている。斎藤安元が、何かに気がついた。
「海が茶色に染まるまでということですな」
「どういうことじゃ」
 資忠がたずねるが、道灌はにこにこと笑ったままだ。斎藤安元が仕方なく答える。
「春になれば、上州の雪解けで利根川は増水してしまう。そうすれば、軍勢などとても渡れません。つまり隅田の河口が茶色に濁れば、古河公方は武蔵国に攻めて来れない、ということです」
「まず、三カ月は動けまい。その間に長尾景春をたたき潰すのじゃ。それまでは辛抱せよ。」
 みな、道灌の深謀遠慮に言葉もなかった。
「天通どのは、長尾景春と関東管領に使いしてくだされ。和議の交渉を続けて、時をかせぐのじゃ」
「斎藤安元は、古河方の小山持政のもとへ行って欲しい。多額のみやげを持って行って、適当な話をしてくるのじゃ。古河公方は、小山持政を疑っている。太田道灌からわけの分からない使者が出向いたとなれば、謀反を疑うであろう。古河公方を足どめできよう」
 さらに、太田資忠に顔をむけた。
「資忠は、川越城を押さえてもらう。川越城の者どもは五十子に援軍に行きそうな気配じゃ。和議がまとまりそうだとでも言って、おとなしくさせろ」
 そこまで言った時、飯篠次郎三郎が「あっ」と声をだした。
「殿、引いておりますぞ。竿をお上げください」
「きたか!」
 道灌はうれしそうに竿をあげ、糸をたぐりよせる。ハゼだ。
「おお、見事なハゼでござる。おめでとうございます」
「ハゼのような小魚に、見事もクソもあるか。見えすいた世辞はよせ。それより次郎三郎、はやく針を抜いてくれ。ハゼが暴れてかなわぬ」
 斎藤安元が、不思議そうに尋ねる。
「殿は、ご自身で針を抜かないのですか」
「当たり前じゃ。こんなヌルヌルしたものは気味が悪いわ」



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について