閉じる


試し読みできます

登場人物1

   【登場人物】
●クロウ(新九郎)
京界隈に住む浮浪児。大道寺一党に拾われる。
●大道寺駒太郎
近江草津の馬借の親方、妻は以保、娘はカナ。
●タメ殿
大道寺の客分。貧乏公家で本名は東坊城為益。
●兵衛ノ尉
大道寺に従う甲賀忍者。
●又次郎
大道寺の配下のひょうきん者。坊主頭で声が大きい。
●寅三
大道寺配下。武芸が得意だがクロウには辛くあたる。
●兵五(兵庫)
大道寺配下。元キコリの巨漢。気がやさしい。
●シロウ(才四郎)
大道寺が買い取った子供、俊敏さが特長。
●キンヤの又
京の南を支配する馬借の頭領。
●一若
京で賭場をひらいているゴロツキ。双六打ち。
●チョウリのアカ
京の河原者(非人)の頭。鴨川に住む。
●足利義政
第八代将軍。妻は日野富子、子が足利義尚。
●足利義視
足利義政の弟。義政から将軍職を譲られるはずだった。
●一条兼良
関白。一天無双の才人と呼ばれる大学者
●伊勢貞親
政所執事。足利義政の親政を支える。子に貞宗。
●細川勝元
右京大夫。応仁の乱では東軍の総帥。子に政元。
●畠山政長
東軍。畠山義就との家督争いに執念を燃やす。
●成身院光宣
東軍の知恵袋。大和興福寺六方衆。
 その他の東軍、京極持清、赤松政則、斯波義敏
●山名宗全
西軍の総帥。実力でのし上がってきた男。
●朝倉孝景
西軍の猛将。越前守護である斯波義廉の被官。
●小鴨安芸守
西軍の拠点である船岡山の北を守る武将。
 その他の西軍、大内政弘、一色義直、畠山義就
●山内上杉顕定
幼くして関東管領の職を継ぐ。父は越後守護の上杉房定。
●扇谷上杉定正
相模守護。本家政真の死で扇谷家を継ぐ。
●長尾景春
山内上杉家の家宰職を叔父忠景に奪われ叛意を抱く。
●太田道灌
扇谷上杉家の家宰。諸葛孔明の再来とよばれる。
 太田道灌の家臣 太田資忠(弟)、斉藤安元、飯篠彦四郎(護衛)、次郎三郎(同)
●足利成氏
古河公方。京の将軍に逆らい享徳の乱を起こす。
●足利政知
堀越公方。古河公方に対抗して東下。義政の兄。
●北川殿
駿河守護である今川義忠の妻。龍王丸は新九郎との不義の子。
●平井修理
伊勢家の老臣。北川殿付であり駿東郡の大岡荘の預所でもある。
●伊勢盛定
政所執事伊勢貞宗の一族で駿河申次。北川殿の父。
●小鹿範満
今川家の家督を狙う今川一族の有力者。
●長谷川法栄
駿河小川湊を支配する国人。


試し読みできます

京周辺図


試し読みできます

洛中図(応仁時)


試し読みできます

関東図


試し読みできます

関東関係図



読者登録

蒔田 尚之さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について