twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格183円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 ライフスタイル , 写真 作者 Jules ・一連・Winfield
価格 183円(税込)
タグ 就農農園田舎暮らし作物農業
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 30ページ (Web閲覧)
172ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
震災後の 都市部での物品(特に食料品)の あっという間の
枯渇を目の当たりにして 意識が変わり
現在移住をへて 道南エリアにて 一次産業との暮らしを始めています
大型農園の就労模様(子供たちに読ませて欲しい 生産現場)
都会暮らし 肉体労働は15年振りの 中年?45歳の
写真で分かる 体験者から生産現場を・・ 一人でも多くの方に!
そんな拙い想いとともに 体験~記述の一年を・・・

21世紀 最大の資本は

「肉体と食料自給」

何故なら もし 貨幣経済がクラッシュしたとしても
健常な心身と 水を含めた食料さえあれば 
新しい 世界が幕を開けるまで じっと 待てる事が出来るので・・・

特に 食べるモノが 出来るまでは
一人でも 多くの人に知ってもらいたい・・

体験者としての 視点で 写真を多めに
書き上げていますので 是非 ご拝読&シェアを!!

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧