目次
はじめに
本書について
著者紹介
タイトル一覧
駅名いろいろ
荒川二丁目、天神橋筋六丁目...丁目駅
三十八社、五十鈴川...数字が入る駅
つきのわ、ハーモニーホール...表記が「かな」「カナ」のみ
西川緑道公園、有明テニスの森...公園、テーマパーク、スポーツ施設など
湯の川温泉、和倉温泉...温泉駅
武庫川団地前、越谷レイクタウン...住宅地関係
赤土小学校前、研究学園...学校・学園など
鉄道博物館、陶磁資料館南...施設・建物関係
駅前、国際会議場前...前(まえ)で終わる駅
函館どつく前、三越前...企業名が入る駅
市役所前、県庁前...表記が同じ駅
近鉄富田、京急長沢...鉄道会社の略称で始まる駅
金上、高田の鉄橋...金属系
JR俊徳道、上野広小路...道、路で終わる駅
仙台空港、羽田空港国際線ターミナル...空港駅
大船、大湊...船と舟、港と湊
湯浅、浅海...さんずいへんの漢字2字駅
鶴崎、亀有...動物系
桜上水~芦花公園...桜や花や
笠松、梅坪...松・竹・梅
季節関係
青山、白山...色彩駅
山崎、池田...苗字駅
大宝、延徳...元号駅
西新井大師西、東北沢...方位駅
琴電琴平、世田谷代田...一つの駅名に漢字複数
伊勢中川、美濃太田...旧国名駅(1)
淡路、日向...旧国名駅(2)
福島、香川...その県にない県名駅
三宮・花時計前、元町・中華街...「・」が入る駅
やながわ希望の森公園前、千葉ニュータウン中央...長い駅名
原、津...漢字一字駅
原向、向原...入れ替え可能な漢字2字駅
ステップアップ「駅名力」
御茶ノ水~水道橋...駅名でしりとり
小中、上小田井...大中小または上中下
川島、玉戸、下館、新治、大和...2文字駅が続く区間
栗橋~古河~野木...3駅で3県
春日野道、御影...離れた場所にある同エリア・同名駅
高井田と高井田...遠く離れた同名駅
蒲郡競艇場前と三河塩津...異名隣接駅
同字異音駅
同音異字駅
難度の高い臨時駅
本宮、白井...新しい市の名称が駅名と一致
駅がなくなり、駅名漢字もなくなり...
駅名からはわからない地下駅
大手私鉄の駅名平均字数
駅数いろいろ
駅数が多い市区など
駅のよみ、1文字目で多いのは...
駅名漢字、数が多いのは...
付録
2015年春、駅や駅名の変化
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

39 / 55ページ

川島、玉戸、下館、新治、大和...2文字駅が続く区間


 路線図を見ていると、2文字の駅が続く区間が各地にあることがわかります。特にJRの路線では、北は室蘭本線の『志文』~『遠浅』、西は山陰本線の『餘部』~『湖山』がそれぞれ11駅連続など、目立つ区間がいくつかあります。12駅連続だと、播但線の『竹田』~『香呂』、山陽本線の『網干』~『上道』があり、水戸線でも『友部』~『川島』が該当します。

 路線別ではなく、列車の運転区間で考えると、この水戸線を走る普通列車が2文字連続駅の最長になることがわかりました。水戸線『小山』から常磐線直通で『高萩』に向かう早朝の列車の場合、途中の『小田林』『東結城』『偕楽園』は通過するため、実に21連続で2文字駅です。常磐線では、臨時駅の『偕楽園』を除いて数えると、『土浦』~『赤塚』(9駅連続)と『水戸』~『大甕』(5駅連続)がつながるため、実に14連続で2文字駅になり、全国トップになります。

 JR以外で目立つのは、わたらせ渓谷鐵道の『間藤』~『本宿』(11駅連続)程度です。阪急宝塚本線の『梅田』~『池田』は、2013年12月20日までは12駅連続でしたが、中間に位置する『服部』が、12月21日に『服部天神』に改称したため、分断されてしまいました。運転区間上の2文字駅の連続性を誇っていた箕面線に直通する普通列車についても、『梅田』~『箕面』の14駅連続が途絶えてしまい、今は『曽根』~『箕面』の8駅連続が阪急の列車では最長です。


栗橋~古河~野木...3駅で3県

東京近郊路線図(大宮~宇都宮)拡大


 県境などを縫うように走る路線の中には、一駅ごとに所在地の県が異なる区間があります。

 JR宇都宮線では、『栗橋』(埼玉県久喜市)、『古河』(茨城県古河市)、『野木』(栃木県野木町)が3県3駅で、その近くを走る東武日光線でも、『柳生』(埼玉県加須市)、『板倉東洋大前』(群馬県板倉町)、『藤岡』(栃木県栃木市)と同じ状況。全国的に類を見ない入り組み方になっています。『柳生』の手前は『新古河』ですが、JRの『古河』とは渡良瀬川(県境)をはさんで対岸にあるため、駅名に反して所在地は埼玉県加須市。『新古河』が文字通り古河市内にあれば、4県で1駅ずつということになります。

 高地では、JR肥薩線に3県3駅があり、日本三大車窓で名高い区間が含まれます。『吉松』(鹿児島県湧水町)、『真幸』(宮崎県えびの市)、『矢岳』(熊本県人吉市)です。地図で県境を確認しながら車窓を楽しむのもいいでしょう。

 県境を通る区間で、所在地の県を間違えそうになる例としては、

JR飯田線の『大嵐』『小和田』『中井侍』 - 静岡・静岡・長野
JR木次線の『油木』『三井野原』『出雲坂根』 - 広島・島根・島根

 が挙げられます。


春日野道、御影...離れた場所にある同エリア・同名駅

 


 同じ地域に駅が複数あれば、互いに離れていても駅名が同じになるのはむしろ当然。ただし、あまりに離れていて、乗り換えが困難という例も少なくありません。

 愛知県では、『味美』(あじよし-名鉄小牧線と東海交通事業)、『春日井』(JR中央本線と名鉄小牧線)、兵庫県では、阪急神戸本線と阪神本線にそれぞれある『春日野道』『御影』(写真はいずれも阪急)のほか、 『市場』(JR加古川線と神戸電鉄粟生線)、『住吉』(JR東海道本線と阪神本線)、『長田』(神戸市営地下鉄西神・山手線と神戸電鉄有馬線)などがあり、高知県では『朝倉』『伊野』など、とさでん交通伊野線とJR土讃線の並行区間にいくつか見られます。

 路面電車の電停では、『白島』(広島電鉄白島線と広島高速交通)、『郡元』『谷山』(鹿児島市電とJR鹿児島本線)も該当します。

 この他には、北海道の『白石』(JR函館本線と札幌市営地下鉄東西線)、青森県の『石川』(JR奥羽本線と弘南鉄道大鰐線)、大阪府の『今里』(近鉄大阪線と大阪市営地下鉄千日前線)があります。

 このように、駅名が同じでもすぐに乗り換えができない駅は、各地にあります。乗換案内サイトを使う場合なども、注意を要します。


高井田と高井田...遠く離れた同名駅


 同じ道府県内にありながら、全く別々の地に同名の駅があるというケースもあります。どちらかが社名や旧国名を付ければ混同しなくて済むところ、諸事情により両方ともそのまま。駅の数が多かった時期は他にもあったものと思われますが、現在は9例です。

 駅どうしなので、鉄道を乗り継げばアクセスできますが、いずれも距離はあります。直線距離でなく、営業距離(最短)を調べてみたところ、

  • 北海道:『平岸』(JR根室本線)~『平岸』(札幌市営地下鉄南北線)・・・108.3km
  • 秋田県:『黒沢』(JR北上線)~『黒沢』(由利高原鉄道)・・・139.5km
  • 福島県:『泉』(JR常磐線)~『』(福島交通)・・・149.1km
  • 長野県:『下島』(JR飯田線)~『下島』(アルピコ交通)・・・62.2km
  • 富山県:『小杉』(JR北陸本線)~『小杉』(富山地方鉄道不二越・上滝線)・・・19.0km
  • 岐阜県:『明智』(名鉄広見線)~『明智』(明知鉄道)・・・73.5km
  • 静岡県:『柚木』(JR身延線)~『柚木』(静岡鉄道)・・・33.9km
  • 三重県:『船津』(JR紀勢本線)~『船津』(近鉄志摩線)・・・102.7km
  • 大阪府:『高井田』(JR関西本線)~『高井田』(大阪市営地下鉄中央線)・・・15.4km

 となりました。

 大阪市営地下鉄の『高井田』は、JRおおさか東線と接続していますが、JRの方は『高井田中央』(写真参照)。JR関西本線にすでに『高井田』があったことによりますが、紛らわしい代表例と言えそうです。できた順序が逆であれば、『高井田中央』が「高井田」で、『高井田』は旧国名ルールに沿って「河内高井田」となっていたかも知れません。


蒲郡競艇場前と三河塩津...異名隣接駅


 限りなく隣接していながら、会社が異なるために駅名も別々という例が全国には少なからずあります。

 複数の会社線が並行している場所で新たな駅を同時に造るといった場合がまず該当し、『幕張本郷』(JR総武線)と『京成幕張本郷』(京成千葉線)、『千早』(JR鹿児島本線)と『西鉄千早』(西鉄貝塚線)などが挙げられます。

 近くにあって駅名が異なる例は、『有明』(ゆりかもめ)と『国際展示場』(東京臨海高速鉄道)、『豪徳寺』(小田急小田原線)と『山下』(東急世田谷線)、『住吉大社』(南海本線)と『住吉公園』(阪堺電気軌道上町線)、『明石』(JR山陽本線)と『山陽明石』(山陽電気鉄道)、『瀬野』(JR山陽本線)と『みどり口』(スカイレール)、『伊予市』(JR予讃線)と『郡中港』(伊予鉄道郡中線)など多々。JRと名鉄の並行区間はその宝庫と言えます。『岐阜』と『名鉄岐阜』は離れているのでいいとしても、『那加』と『新那加』、『各務ヶ原』と『名電各務原』、『鵜沼』と『新鵜沼』(→「駅ログ」)、『尾張一宮』と『名鉄一宮』、『名古屋』と『名鉄名古屋』、『岐阜羽島』と『新羽島』と複数あります。

 駅舎や改札が共用なのに、同じ駅名でないケースとしては、 『大鰐温泉』(JR奥羽本線)と『大鰐』(弘南鉄道)、『鷹巣』(秋田内陸縦貫鉄道)と『鷹ノ巣』(JR奥羽本線)(→「駅ログ」)、 『人吉』(JR肥薩線)と『人吉温泉』(くま川鉄道)があります。改札は別で、跨線橋がつながっている例では、 『五所川原』(JR五能線)と『津軽五所川原』(津軽鉄道)があります。似た例としては、『三河塩津』(JR東海道本線)と『蒲郡競艇場前』(名鉄蒲郡線)もあります。(改札は別、駅舎は一体→「駅ログ」参照)

 JR2社の駅が近接した場所にありながら、駅名が異なる例で出てくるのが、『津軽二股』(JR東日本の津軽線)、『津軽今別』(JR北海道の海峡線)。北海道新幹線が開業すると、この地に新たに『奥津軽いまべつ』ができます。海峡線の方は新幹線の駅名に変わることになりますが、津軽線の方は今のところ特に発表はなく、不明です。



読者登録

冨田行一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について